気持ちいいオナニーのやり方とは?皆のエッチな体験談もご紹介!

  • オナニーでもっと気持ちよくなるには?

    指でのオナニーがマンネリ化してしまったり、イマイチ気持ちいいオナニーができていないと感じたら、さまざまな道具を使ってオナニーをしてみましょう。

    オナニー向けのグッズもたくさん販売されているので、もっと気持ちいい一人エッチが楽しめるはずですよ!

    ローションを使う


    セックスの挿入時、痛い時があるという人は多くいますが、オナニーをしていても膣に指やおもちゃを入れると痛いというのはよくある悩みになります。そんな時に活用したいのが、ローションです。

    ローションを下半身に塗って滑りを良くすると、痛みが少なくスルッと挿入することができます。挿入後は、気持ちいいと感じるまでゆっくりと動かしましょう。

    ローションにもさまざまな種類があり、香り付きのものや味付き、粘度の高いもの、精子にそっくりな見た目のものなどもあります。好みのものをチョイスしましょう。

    大人のおもちゃを使う


    自分の指でのオナニーに飽きてしまったり、うまくできないと感じたら、大人のおもちゃを使うのがおすすめです。

    今はアダルトグッズもネットで手軽に買えて、中身がわからない状態で届く場合がほとんどですので、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

    手軽に気持ちいい外イキを経験したいのならローター、膣を開発するならバイブがおすすめです。大人のおもちゃにも膨大な種類があるので、用途や好みによって自分に合ったものを探してみましょう。

    シチュエーションにこだわる


    オナニーをする時に、妄想を膨らませるためにシチュエーションにこだわってみるのも良いでしょう。気分を盛り上げるためにコスプレをしたり、部屋を暗くしてムーディーな雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。

    例えば、高校生の時に憧れていた先輩を思い浮かべるなら、学校の制服を着てみたり、ユニフォームのある仕事先の人に責められている気分になりたいなら、ユニフォームを着てみたり…。

    服装や状況が変わると気分も変わり、いつも以上に気持ちいい刺激が味わえることでしょう。

    男性の声を聞く


    女性には「声フェチ」の人が多い傾向がありますが、オナニーの時にも男性の声を聞きながらすると興奮度が増すと言われています。

    彼氏の優しい声をスマホで録音しておいたり、好きなアイドルのキュンキュンするような萌えボイスを探してみるのも良いのではないでしょうか。

    また、乙女ゲームや女性向けのオナニー動画などでもドキドキするような男性の声が聞けるので、気分が盛り上がることでしょう。
  • オナニーする時に気を付けること

    気持ちいいオナニーをすることは、心と体の健康を保つためにも良いことになりますが、気を付けておきたいこともいくつかあります。

    次は、オナニーをする際に注意したい点をご紹介しましょう。

    終わったら必ずシャワーを浴びる


    一人エッチが終わったら、気持ちいい気分のまま寝てしまうという人も多いのではないでしょうか。しかし、そのまま寝てしまうとにおいのもととなってしまったり、雑菌が増える原因に。オナニーをした後は、シャワーを浴びて性器や体を清潔にしておきましょう。

    疲れてしまってなかなかシャワーを浴びる気になれないという場合は、ウエットティッシュでふき取り、翌日シャワーを浴びてください。

    道具を使う場合は消毒を


    オナニーの際、バイブやローターなどの道具を使った場合は、必ずメンテナンスをしておきましょう。デリケートな部分に触れたり挿入するものなので、清潔にしておきたいですよね。

    ローターなどのアダルトグッズは水洗いができないものも多いので、専用のクリーナーで消毒をして、汚れをきれいに拭き取りましょう。

    きれいになったグッズは、ホコリが付かないよう、グッズが入っていた箱や密閉できる袋に入れて保管しておくのがおすすめです。

    周囲に気を付ける


    一人エッチをする時には、外から室内を覗かれたり、周囲に音や声が聞こえたりしないように充分注意しましょう。カーテンを閉めていても、うっかり窓が開いていたなんてこともあるので、事前にしっかりとチェックしておいた方が安心です。

    カーテンの隙間などから室内が見える状態だと、一時的に恥ずかしい思いをするだけではなく、盗撮の危険もあるので気を付けましょう。

    また、集合住宅の場合は特に深夜の騒音にも注意が必要です。バイブの音がうるさすぎたり、夢中になるあまり大声を上げてしまうとトラブルにも繋がるので、できるだけボリュームは控えめを心掛けましょう。

    生理中は要注意


    生理中は、オナニーをしてはいけないということはありませんが、免疫力が低下していて感染症のリスクが高まっているので、要注意です。

    膣内に指を入れることはなるべく避け、ナプキンの上からクリトリスを刺激する程度に留めておくのが良いでしょう。

    また、何回もイクのを繰り返すような激しいオナニーは、経血が子宮内に逆流することがあり、子宮内膜症などの病気を引き起こす可能性もあると言われているので、避けた方が良いです。