【ほくろ占い】足にあるほくろの意味とは?場所別に徹底解説します!

ほくろ占いで足にあるほくろはどのような意味を持つのでしょうか?そもそもほくろ占いとは何なのかも、気になるところですよね。ほくろ占いは、ほくろの場所によって大きく意味が変わるので、その意味について徹底解説します。ぜひ参考にしてみてください!

  • そもそも「ほくろ占い」とは?

    ほくろ占いとは、ほくろがどの位置にあるかによって、意味や運勢、性格などがわかる占いのことを指します。ほくろ占いでは、顔や腕、体全体のほくろから占うことができるのが特徴。では、ほくろ占いで具体的にどのようなことがわかるのか?詳しく紹介していきます。

    人相学における「ほくろ」の意味


    人相学では、ほくろが現れる位置によって、健康に関することや運命の性質を観ることができるとされています。また、位置だけでなくほくろの大きさや色によっても意味が変わるので、そちらについても知っておくことが、ほくろ占いでは重要になるのです。

    ほくろの大きさ・色からわかること


    ほくろ占いでは、ほくろの種類を2種類に分けることができます。1つ目は「生きぼくろ」と言い、幸せを表すもので良い運気を持っているほくろです。もう1つは「死にぼくろ」と言い、これが現れるとあまり良くない要素になります。

    ただし、死にぼくろがあるからといって悲観することはありません。死にぼくろは注意すべきことや弱点について教えてくれるほくろでもあるので、ほくろ占いではその意味を理解することが重要です。

    【ほくろ占い】生きぼくろの特徴


    生きぼくろの特徴は、「ツヤがある」「黒い」「左右対称で丸い」「盛り上がっている」などです。生きぼくろは良い相だと言われていますが、現れる位置によっても意味が変わります。

    例えば目頭だと良縁に恵まれるという意味があり、鼻の横だと異性からモテるとされているのです。ほくろ占いにおいて、基本的に良い解釈になるのが生きぼくろの特徴と言えるでしょう。

    【ほくろ占い】死にぼくろの特徴


    死にぼくろの特徴は、「ツヤがない」「茶色」「形がいびつ」「平べったい」などです。もともとほくろは、人相学ではあまり良い意味合いを持っていませんでした。死にぼくろはその意味合いを継承しているほくろと言えます。

    生きぼくろとは反対で、ほくろ占いでは基本的に悪い解釈になるのが死にぼくろの特徴です。良い場所に現れてもパワーが発揮できないですし、悪い場所に現れれば、より悪い要素になってしまいます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)