干渉されたくない人の心理は?上手に付き合うコツと対処法も解説!

自分の事はあまり話したくない、いわゆる他人に干渉されたくないという人はたくさんいます。しかし、自分の事を教えてくれないと、こちらもどのように付き合っていけばよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、そんな干渉されたくない人の心理について迫っていきます。

  • そもそも「干渉」の意味は?

    誰かと関わるのが苦手、あまり多くを話したがらないなど、自分に干渉されたくないと考える人は珍しくありません。しかし、そもそも「干渉」とはどのような意味なのでしょうか?言葉の意味を正確に理解すると、干渉されたくない人の心理に近づける可能性があります。

    では、「干渉」という言葉の意味について詳しく見ていきましょう。

    干渉の意味


    干渉とは、他人に立ち入って自分に従わせようとする事です。自分の意志に従わせようとすると聞くと、とても嫌な響きですよね。ただし、もう少し広い意味で使われる事が多く、単純に他人に関わる事を干渉という場合もあります。

    よって、干渉するという事がすべてがネガティブな意味という訳ではありません。しかし、基本的にはネガティブな意味合いで使われる事が多いです。

    干渉の類語


    干渉するの類語としては、「口出しをする」「おせっかい」などが挙げられます。どの言葉もこちらが望んでいないのに関わってくるという意味になりますので、あまり良い意味で使われる事はありません。

    また、「食いつく」「介入する」も干渉するの類語になります。こちらは、口出しをするなどに比べるとネガティブな意味合いが薄いです。よって、その時の状況に合わせてこれらの言葉を使い分けるのが適していると言えるでしょう。

    出典:weblio類語辞書『干渉の類語・言い換え一覧』
    https://thesaurus.weblio.jp/content/%E5%B9%B2%E6%B8%89
  • 干渉されたくない人の心理

    遊ぶにしても食事をするにしても、誰かと一緒の方が楽しいと感じる人は多いです。仕事においても1人でこなすより、他の人と力を合わせた方がスムーズに事が運ぶでしょう。しかし、世の中にはどのような場面においても干渉されたくない人というのがいるのです。

    では、干渉されたくない人は、一体どのような心理状態なのでしょうか?ここからは、干渉されたくない人の心理について詳しく見ていきます。

    詮索されたくない


    干渉されたくない人の心理として最も大きいのは、自分の事を詮索されたくないというものです。確かに、自分の事をあれこれ詮索されるのは気分の良いものではありませんよね。

    特にやましい事を隠している訳でもないのにあれこれ詮索してくるのは、迷惑だとも感じるでしょう。例え好意を寄せていて相手の事をもっと知りたいと思っていても、詮索されていると感じられたら壁を作られてしまいますので、過度に干渉しないように心がけるのが大切です。

    劣等感がある


    自分に劣等感があるので、他人に干渉されたくないと思っている人もいます。自分の本当の姿を知られると、相手に幻滅されてしまうと感じているのです。他人と比べてしまいがちな性格だったり、過去にトラウマを抱えていたりするケースが考えられます。

    他人と比べてしまいがちな人は、どうしても自分の欠点ばかり見てしまうのです。よほどの自信家でない限り、何事も自分が一番優れているとは思えないですよね。ですので、自分は自分、他人は他人という考え方にならない限り人に干渉されるのは避けようとするでしょう。

    口出しされるのが嫌い


    劣等感を抱えている人が干渉されたくないと考えがちなのは先述の通りですが、それとは逆に自分に自信があるからこそ、他人に干渉されたくないという人もいます。自分の考えが絶対に正しいと確信しているので、他人から口を出されるのを嫌うのです。

    確かに、絶対に正しいという確信があれば、他人からあれこれ言われるとあまり良い気分にはなりませんよね。しかし、万が一間違っていた場合は後に遺恨を残す可能性が出てきてしまいます。

    他人を信用していない


    自分に対する自信の有無は関係なく、そもそも他人を信用していないという人も、干渉されるのを嫌う傾向にあります。他人を信用しない理由は様々ですが、多くはひどい裏切りを経験したなどの過去の出来事が原因です。

    過去のひどい事が原因なので、このタイプの人と深い仲になるのは困難になりがち。しかし、こちらから信頼していくなど、相手の警戒心やトラウマを払拭する努力を見せると、相手も心を開いてくれる可能性がありますよ。