彼氏に対する不満の伝え方|喧嘩や別れに発展しない伝え方のコツとは

  • 彼氏への上手な不満の伝え方《後編》

    不満の伝え方を少し工夫するだけで、彼氏の受け取り方が変わってきます。もちろん伝え方が悪ければ、喧嘩や別れに繋がることもあるでしょう。

    他にはどんなことに気をつけるのが上手な伝え方なのでしょうか。引き続き、伝え方のポイントを見ていきます。

    不満の伝え方⑤お願いするように伝える


    彼氏に不満があると、どうしても「○○なところが嫌」と伝えてしまいがちです。ただ、この伝え方は彼氏を否定する言い方ですから、彼氏が機嫌を悪くしたり感情的になる可能性があるでしょう。

    また、不満なところを改善してもらうためには、彼氏に前向きな思いを持ってもらう必要があります。そのため、否定的に不満を言うのではなく、お願いするように言うのがコツです。

    例えば、遅刻が常習的になっている彼氏に対し「私よりも早くついているところを見てみたいな」とか、「待っていてくれるとテンションが上がる!」といった伝え方をします。すると、否定されているわけではないため嫌な気持ちにはならないはずです。

    また、「こうすると彼女が喜ぶ」と明確に分かるわけですから、前向きに「直そう」と思ってもらえるでしょう。

    不満の伝え方⑥一度にいくつも伝えない


    上手な不満の伝え方は、一つずつ彼氏に伝えるという方法です。いっぺんにいくつも不満をぶつけるのではなく、「これだけは直してもらいたい」というものに絞って、一つずつ伝えていくのが良いでしょう。

    例えば、遅刻が多いという不満と束縛が激しいという不満があるとします。そんな時は、まずあなたが彼氏に優先的に改善してもらいたいと思うのがどちらかを考えましょう。その上で、直してもらいたい不満点を一つ彼氏に伝えます。

    すると的が一つに絞られるため、彼氏も改善しやすくなるはずです。

    不満の伝え方⑦言葉選びは慎重に


    不満の伝え方によっては、彼氏を怒らせてしまう可能性もあります。特に、彼氏を侮辱するような言葉やプライドを傷つけるような言葉を用いてしまうと、喧嘩や別れに繋がりやすいです。

    そのため、言葉選びは慎重にすべきでしょう。例えば、「○○やりなよ」といった伝え方ではなく「○○してほしいな」の方が、とげがなく伝えることができます。また、「束縛がきつくてしんどい」という伝え方よりも、「束縛じゃなくて言葉で愛情表現してほしいな」といった伝え方の方が彼氏も受け入れやすいでしょう。

    このように、言葉一つでも受け取る側の印象や気持ちは変わるものです。喧嘩の時に衝動的に伝えるのではなく、しっかりと伝え方を吟味した上で言うこともコツの一つですよ。

    不満の伝え方⑧甘えながら不満を伝える


    不満を伝えることで彼氏の機嫌を損ねそうなら、甘えながら言う伝え方を活用してみてはいかがでしょうか。

    仮に男らしさを感じない彼氏に不満なのであれば、デート中イチャイチャしながら「リードしてよ~」といった伝え方をしてみると、彼氏も悪い気はしないでしょう。

    真面目な顔つきで不満を伝えるよりも、甘えながらさりげなく不満を伝えた方が重く感じられにくいです。彼氏の機嫌が気になって言えないでいる人は、一度試してみる価値はあるでしょう。
  • 彼氏に対してNGな不満の伝え方

    逆に彼氏に対してNGな不満の伝え方も見ておきましょう。

    あなたが「今だ!」と思ったタイミングが、彼氏にとっては最悪なタイミングな場合もあります。このような伝え方は避け、新たな問題が勃発するのを防ぎましょう。

    友人の彼氏と比較する


    「○○ちゃんの彼氏はこうなのに…」といったように、友人の彼氏と比較して不満を言う伝え方はNGです。この伝え方では、彼氏の嫉妬心を煽るだけでなく、彼氏のプライドを傷つけてしまう恐れがあります。

    もちろん元カレと比較するのもNG。誰かと比較して彼氏に不満を言う伝え方は、彼氏の怒りを買ってしまうことになります。

    また、比較して彼氏を否定することは、逆を言えば他の男性を褒めているのと同じです。それでは「あなたは他の人よりも劣っている」という伝え方になってしまいます。

    第三者がいる前で不満を言う


    彼氏とあなた以外に、第三者がいる前で不満を言う伝え方も良くありません。これもまた、彼氏のプライドを傷つけることになり、彼氏の顔に泥を塗るようなものです。友人や家族、あるいは同僚がいる中で、彼氏に不満をぶつけないよう注意しましょう。

    ただし、彼氏がすぐに感情的になるタイプの男性で、不満を伝える時に怖いという場合は別です。この場合は、第三者の前で不満を言うのではなく、第三者から「もっと○○したら?」と言ってもらう形にするとあなたに感情的になることはなくなるでしょう。

    ですから、彼氏が心を許している第三者と繋がりがあるのであれば、あらかじめ相談しておくと良いです。「○○なところを直してほしいんだよね」と伝え、その人の口から伝えてもらう方法で対処すると良いでしょう。

    回りくどい伝え方をする


    彼氏の嫌なところを端的且つ簡潔に伝えるのではなく、回りくどい伝え方をしてしまうと、彼氏は理解しづらくなってしまいます。

    例えば、遅刻を直してほしい彼氏に「待ち合わせの時間に合わせて早起きした私がバカみたい」と言ってしまうのはNGです。これでは、嫌味っぽく聞こえるだけでなく、「直して」と言われているとは気付きにくいでしょう。

    この場合であれば、ストレートに「遅刻しないで来てほしい」と伝えた方が良いです。回りくどい言い方でやんわりと伝えているつもりでも、ただただ空気を悪くしてしまうだけになります。

    同じようにすると伝える


    「あなたが記念日を大事にしないなら、私も同じように記念日は別の予定を入れるようにする」といったように、彼氏と同じことをするという脅しに近いような伝え方はやめましょう。彼氏にプレッシャーを与えるだけでなく、彼氏を必要以上に追い詰めてしまいます。

    また、このような伝え方をした場合「それでいいよ」と、彼氏が受け入れてしまうことも考えられるでしょう。「それでいい」と言われたあなたは、果たして満足できるでしょうか。

    きっと「そうしたいわけじゃない!」と更なる不満が溜まるはずです。ですから、このような強がった伝え方は避けるべき。してほしいことをしっかりと伝え、改善してもらいましょう。

    自分の価値観を押し付けない


    彼氏に不満がある場合、二人の間に価値観の違いが見られることがあります。

    例えば、「束縛をするのは愛情表現」と思っている彼氏に対し、あなたは「束縛は相手を信用していない人がするもの」と思っているとしましょう。この状態で彼氏に不満をぶつけてしまえば、彼氏は愛情表現を否定されたと感じるはずです。

    他にも「普通ならこうするはずだよ」とか「世間一般的にこれが当たり前」といった伝え方も避けるべき。あなたにとって普通であっても、彼氏からしてみたら違うパターンもあります。

    つまり彼氏に不満を伝える時は、「自分がすべて正しい」と思い込まないことが大切です。そう思い込んでしまえば、彼氏を否定してしまうようになります。

    「私はこう思うけどどう?」といったように、お互いに理解を深めながら不満を伝えることも大切です。自分の価値観を押し付けないよう、相手の考えや思いにもしっかりと耳を傾けましょう。