【9月8日生まれ】性格や恋愛傾向を徹底解剖!星座や誕生花もご紹介

  • 9月8日生まれは乙女座!相性が良い星座は?

    9月8日生まれの星座は乙女座です。乙女座の人は、細かい事にこだわりを持っている傾向があります。基本的にきちんとした環境を好むので、部屋や書類などの整理整頓が比較的得意です。良い面もありますが、すべてを完璧にこなさないと気が済まないという完璧主義な面も。

    また、自分にも他人にも厳しいため、小さなことでイライラしてしまったり悩んでしまったりするという特徴もあります。

    そんな、誕生日が9月8日の人と相性の良い組み合わせなのはどの星座なのでしょうか?ここでは、乙女座と相性が良い星座を4つをご紹介します!

    蟹座とはベストな組み合わせ


    蟹座の愛情深さは乙女座を安心させ、心を満たしてくれます。蟹座は乙女座はのきっちりとした性格に安心感を感じるので、特に恋愛面では互いに良い関係を築きやすいでしょう。

    ですが、恋人や家族であっても「自分は自分と」考えがちな乙女座に対して、蟹座は小さなことでもパートナーとも共有したいと感じます。そのことについて蟹座が感情的になったり遠まわしに伝えてきたりすると、冷静で明確なやり取りを好むおとめ座はイライラしてしまうこともあります。

    それでも、どちらの星座も相手の感じ方や考え方を理解しようとするので、ケンカになることはほとんどないようです。

    牡牛座は結婚面で相性◎


    安定して以上をはぐくんでいける関係です。牡牛座の温かい人柄は、神経質なおとめ座の心をほぐします。一方で、牡牛座は乙女座のの知性に刺激を受け、知識を増やしたり異なる考えに触れることができます。

    乙女座と牡牛座はどちらも計画的で、安心を求め、質の良し悪しを見極める審美眼を備えいます。また、めったに衝動買いはしないなどお金の管理に長けています。居心地の良い理想的な家庭を作りやすい組み合わせですね。

    恋愛面では恋に慎重な星座同士ですが、一度恋に落ちると展開は早く、結婚までは秒読みというパターンも珍しくないのだとか。結婚後も、牡牛座のおおらかさが完璧主義者の乙女座を支えて、円満な夫婦でいられるでしょう。

    牡羊座と相性が良い


    計画的で冷静な乙女座と勢いや衝動で動くことの多い牡羊座。一見正反対のように見える両者ですが、お互いに無いものを持っているので、苦手な部分を補い合うことができます。

    乙女座は牡羊座の情熱的な性格から、時には衝動のままに行動してみることも大切であることなどを学びます。反対に牡羊座は、物事を冷静に見つめることの重要性を学ぶのです。

    ただし、両者ともその性質が極端になり過ぎないように注意が必要!牡羊座があまりにもルールを破って我が道を進もうとすると乙女座は座ストレスを感じますし、乙女座が慎重になり過ぎるあまり批判的な面が強く出ると牡羊座はうんざりしてしまうからです。

    山羊座とも好相性


    どちらもまじめで慎重、かつ堅実な乙女座と山羊座はとても相性の良い星座の組み合わせ。一緒にいると居心地が良いと感じるでしょう。友人や仕事仲間としても上手くいきやすい関係です。

    どちらも恋愛に関しては奥手なため、恋人に発展するまでには時間がかかる傾向があります。ですが、一度付き合うと深い付き合いになりやすく、結婚後も支え合える関係を築きやすいほど好相性です。

    ≪番外編≫乙女座同士の相性は良い?


    お互いに個人主義でシャイですが洗練されている乙女座。神経質な面がある、知的なパートナーを求めるなど、基本的な性質が似ているので、お互いに干渉しすぎなければ良い理解者となれます。

    ただし、両者とも安定した生活を好むため、ライフスタイルが型にはまりやすくマンネリになりがちに。たまには行ったことの無い場所に行ってみたり、一緒にアウトドアを楽しんだりと、日常に変化をつけてみてください!
  • 9月8日生まれの誕生花・誕生石は?

    誕生花・誕生石は誕生日にちなんだ花・宝石のことで、それぞれに花言葉や石言葉というメッセージを持ちます。

    9月8日生まれの誕生花と誕生石にはどんな意味があるのかを見ていきましょう。

    【誕生花】アブチロン


    アブチロンは、アオイ科アブチロン(イチビ)属の熱帯や亜熱帯に数多く分布する低木植物で、観葉植物や花木として有名です。ハイビスカスやムクゲなどの花に似ており、花の色は種類によって異なります。

    アブチロンの花言葉は、尊敬・憶測・よい便りなど。中でも、花が咲いている時期が長いので「尊敬」と名付けられたという特徴的なエピソードもあります。

    まじめで努力家であるところやカリスマ性によって尊敬を集めやすい、誕生日が9月8日の人に似合う誕生花ですね。

    【誕生花】ホウセンカ


    9月8日の誕生花であるホウセンカは「鳳仙花」という中国名を音読みしたもので、花の形が中国の伝説の生き物である鳳凰(ほうおう)が羽ばたく姿に似ているために名付けられたと言われています。花の色は赤・ピンク・白・紫など。その昔、花汁で爪を赤く染めたことから、別名「爪紅(ツマクレナイ、ツマベニ)」とも呼ばれます。

    熟した実に触れただけではじけてタネをまき散らすことに由来し、「私に触れないで」「短気」という花言葉があります。

    【誕生石】サファイヤ


    9月8日生まれのひとつめの誕生石は、9月生まれの誕生石である鮮やかな青色が印象的なサファイヤです。紀元前のエジプトや中世ヨーロッパの王に好んで使われ、現在でもメジャーな宝石としてジュエリーなどに使用されています。

    そんなサファイヤには、自分らしくあることを手助けてしくれるといわれています。インスピレーションや集中力、勝負運を高める効果もあるようなので、チャレンジャーである9月8日生まれにピッタリの誕生石ですね。

    【誕生石】ペリドット


    ふたつめの誕生石であるペリドットは、別名「太陽の石」と呼ばれるパワーストーン。その名の通り、持ち主に太陽のような明るさと高い社交性を引き出すといわれています。ストレスを和らげて心身の不調を予防するという効果もあるのだとか。

    また、身身近な人間関係の改善、特に夫婦円満に力を発揮してくれるようです。

    誕生日が9月8日の人と恋人同士になったら、誕生石のペリドットをあしらったおそろいのブレスレッドなどを身に付けてみるのもいいかもしれませんね。