「手を繋ぐ夢」の占い的意味は?異性の手を握るなど状況別に徹底調査

好きな人と手を繋ぐ夢を見たら、幸せな気持ちになる人は多いのではないでしょうか?実は手を繋ぐ夢には、繋ぐ相手や状況などによって様々な意味があるのです。この記事では、手を繋ぐ夢の夢占いでの意味を徹底解説!誰かと手を繋ぐ夢を見たという人は必見ですよ。

  • 手を繋ぐ夢の基本的な意味とは?

    夢の中で好きな人と手を繋ぐことができたら、幸せな気持ちになれるという人は多いですよね。では、実際にその夢にはどのような意味があるのでしょうか?

    この記事では、手を繋ぐ夢の夢占いでの意味を徹底解説します!手を繋ぐ相手やその時の状況などによっても意味が異なってくるので、あなたが見た夢の内容をしっかり思い出してどのような意味があるのかを確認しましょう。

    まずは、手を繋ぐ夢の夢占いでの基本的な意味をご紹介していきます。

    恋愛運UPの暗示


    手を繋ぐ夢の夢占いでの基本的な意味の1つ目は、恋愛運UPの暗示です。この夢を見たあなたは、魅力が高まっています。恋人がいる人は、二人の仲がもっと深くなるはず。恋人がいない人も素敵な異性との出会いがあるでしょう。

    欲求不満の表れ


    次に挙げられるのは、欲求不満の表れです。夢の中で手を繋ぐことは「触れたい」「温もりが欲しい」という気持ちを表しています。

    最近、恋人と触れ合えずにいるのではありませんか?性的なフラストレーションがたまっているときには、こうした夢を見ることが多いといわれています。

    フラストレーションをそのままにしておくとストレスが溜まってしまうので、対策を考えて発散するようにしましょう。

    人間関係の変化


    手を繋ぐ夢は、人間関係の変化を暗示していることもあります。この夢を見たら、あなたの周りの人間関係が変化していくでしょう。見る夢の内容によっては、今すでにいる周りの人との関係性がより深いものになる可能性もあります。

    夢がこれから起きる変化を教えてくれるので、心当たりがある場合はいい方向へと進むように行動を起こしましょう。

    大切なものを失わないよう気を付ける


    手を繋ぐ夢は、手放すことに注意しなさいという暗示を意味する場合もあります。つまり、「大切なものを失わないよう気を付けるように」と夢が教えてくれているのです。大切なものとは、仕事や財産などあなたが築いてきたものや、家族、恋人、友人などの人間関係を指しています。

    大切なものを失ってしまう要因として、コミュニケーション不足が挙げられます。この夢を見たあなたは、現在他人と手を取り合うことができていないのではないでしょうか。そのせいで、何か大切なものを失ってしまう可能性が高いのです。

    周りの人を信頼できていなかったり、自分の思っていることを伝えきれなかったりしていませんか?心当たりがある人は、大切なものを失ってしまう前にコミュニケーションを取るようにしましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)