「妹みたい」という男性の心理は?妹キャラから脱却する方法を紹介!

  • 妹みたいな彼女が好きな男性の心理

    「妹みたい」な女性を恋愛対象として見られない男性は少なくありません。しかし、逆に妹みたいな彼女が好きだという男性もいます。「妹みたい」な女性が好きな男性の心理について、少し覗いてみましょう!

    守ってあげたくなる


    女性を守りたいという気持ちが強い人は、自分を頼りにしてくれる妹みたいな姿にきゅんときてしまうようです。「あなたが守ってくれないとだめなの」と女性に必要とされることで、悪い気になる人はあまりいません。自分を必要としてくれて、守ってあげたくなる妹系女子を、彼女にしたいと思う人は多いようです。

    「妹みたい」と言われがちな人は、守ってあげたくなるようなか弱いところをアピールしてみましょう。

    気軽に話せる


    「妹みたい」と言われるということは、かなりの親近感を覚えられているということです。一緒にいて肩の力を抜くことができる、そんな存在だと思われているのです。

    そんな関係であれば、彼女として一緒にいても、疲れることがないでしょう。そういったところを魅力に感じ、恋愛対象として見ている男性は多くいます。

    色気が出たときのギャップがいい


    妹みたいな女子は、愛らしくて甘えんぼ、とても可愛らしい存在です。ですが、そんな妹系女子も、恋人の前では色気のある姿を見せることがあります。

    普段は可愛らしくて妹みたいなのに、急に女性としての色気を見せられ、そのギャップがたまらないと感じる男性も少なくないようです。ただ可愛いだけではない、一度で二度おいしいのが妹系女子の魅力でしょう。

    素直で駆け引きがないのがいい


    妹系女子は、甘えるのがとても上手です。それは、自分がしてほしいことを素直に言ったり、自分の弱みを見せることにためらいがないからでしょう。

    恋愛の駆け引きが苦手な男性や、駆け引きに疲れてしまっている男性にとって、素直に甘えてくれる事はとても嬉しいものです。弱みを見せてくれることで、自分も弱い所を見せていいのだと思える安心感もあるでしょう。

    余計な駆け引きやすれ違いを避けたくて、妹系女子を恋愛的対象として選ぶ男性もいるようです。

    年上の女性が妹みたいだとギャップがある


    年上であっても妹のように甘え上手な女性は少なくありません。普段は年上で大人っぽい女性が、たまに見せる妹のような可愛らしい姿に、ギャップを感じてきゅんとしてしまうようです。

    このケースの場合、いつでも妹みたいというわけではありません。普段は仕事がしっかりできたり、きちんと自立している女性であることが多いようです。本当は甘えんぼの妹キャラというギャップがときめきを感じさせるのでしょう。
  • 妹みたいなキャラから脱却する方法

    それでは最後に、妹みたいなキャラから脱却する方法をご紹介します!

    大人っぽい髪型に変える


    人は外見ですべてが決まるものではありませんが、それでも外見の印象というものはとても大切です。外見が子供っぽいと、それだけで「妹みたい」と思われてしまう可能性があるでしょう。

    見た目で「妹みたい」と思われてしまう人は、まず髪型を大人っぽいものに変えてみてください。どんなものがいいかわからない人は、ファッション雑誌をチェックして、流行りの髪型を勉強してみましょう。彼に「髪型変えた?」と気づかれたなら、作戦は成功です。

    落ち着いた行動を心がける


    あまりにも子供っぽく、幼稚な行動ばかりしていては、いつまでも「妹系キャラ」を抜け出すことができません。妹系キャラを抜け出すためには、落ち着いた行動を心がけ、いつも冷静でいるようにしましょう。

    特に、趣味がアウトドアという人は注意が必要です。あまりにアクティブに動き回ったり、元気な姿ばかりを見せていると、子供っぽいと思われてしまうことがあるでしょう。

    時には落ち着いて行動をするように心がけてみてくださいね。

    気配り上手になる


    妹系キャラを抜け出すためには、気配り上手になることが大切です。例えば、飲み会で周りのお酒の量を気にしてあげたり、おつまみをよそってあげたりしてみてください。

    こういった気遣いや気配りを繰り返していくうちに、周りはあなたのことを妹系キャラではなく、「気配りのできる頼りになる女性」と思ってくれるでしょう。そうすれば、一人の女性として見てくれる人も現れるはずです。

    男性の影があることをちらつかせる


    妹系キャラを脱却したいのであれば、少し男性の影があることもちらつかせてみましょう。「この前男性に誘われた」「この前声をかけられた」などといったように、他の男性から恋愛対象として見られていることを伝えると、「この子も妹じゃなくて一人の女性なんだ」と気づいてもらえることがあります。

    一人の女性だと意識してもらえれば、妹系キャラからは抜け出すことができるでしょう。周りがあなたのことを一人の女性として見始めると、いつの間にか妹という意識はなくなってしまうはずです!

    お酒を飲んだ時に本音を告げる


    人はお酒を飲むと、開放的な気持ちになるもの。こうした機会に、気になる相手に「あなたに一人の女性として見てほしいの」と酔ったふりをして本音を告げてみましょう。妹だと思っていた子からアプローチを受ければ、一人の女性として見てくれるはずです。

    次の日はお酒を飲んでいたからと覚えていないふりをしてみるのもいいでしょう。相手は覚えているのにあなたは覚えていないという事実にもどかしさを感じたり、「覚えてないならあれはお酒が引き出した本音だったのかもしれない」と思ってくれるはずです。彼があなたのことを気になりだす、一つのきっかけになるでしょう。