パーソナルスペースが広いってどういう意味?心理や特徴を理解しよう

パーソナルスペースとは自分だけのテリトリーのことです。このテリトリーに人が侵入してくると、不快感を感じます。パーソナルスペースが広いか狭いかは人によって異なりますが、パーソナルスペースが広い人というのはどのような心理や特徴があるのでしょうか。

  • パーソナルスペースが広い人ってどんな人?

    パーソナルスペースとは、自分だけのテリトリーのことです。このテリトリーの広さは人によって違います。ここでは、パーソナルスペースが広い人の特徴や性格などについてお伝えしていきます。

    そもそも「パーソナルスペース」って?


    パーソナルスペースとは、自分だけの領域、つまりテリトリーのことをさします。法的に所有している空間ということではなく、他人に侵入されると不快と感じる空間や距離感のことです。

    パーソナルスペースは相手との関係性によっても変わりますし、自分の性格によっても変わります。相手が親しい間柄であれば、パーソナルスペースは狭くなり、そうでないときはスペースが広くなるのです。

    また同じように親しい人が相手でも、広いパーソナルスペースが必要なこともあれば、狭いパーソナルスペースで大丈夫ということも。人や状況によって変化するのがパーソナルスペースの特徴のひとつです。

    パーソナルスペースの広さは男女で違う?


    パーソナルスペースの広さに関しては、個人差も大きいですが男女差もあると言われています。男性の方のパーソナルスペースは円形をしているものの前後に広く、女性の方は円形のパーソナルスペースが広がっているようです。

    男性の場合、前後に長いので前や後ろから近づかれると、横から来られるよりも不快感を感じることが多いでしょう。一方女性は前後左右で、パーソナルスペースにそれほど差はありません。

    ここで注意したいのは、女性の方がパーソナルスペースが狭く見えることです。女性の方が前後のパーソナルスペースが狭いからといって、誰でも近いづいてOKということではありませんので気を付けてください。

    出典:weblio辞書『パーソナルスペースの意味・解説 』
    https://www.weblio.jp/content/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)