好きになれない彼氏とは別れるべき?付き合うメリット・デメリットも

  • 好きになれない彼氏との別れ方

    色々考えてみた結果、彼氏と別れる決意を固めたという人は、次に別れ方について考えていきましょう。いくら好きになれなかった相手とはいえ、自分と付き合ってくれた人なのですから、最後までちゃんと向き合う気持ちが大切です。

    もともと、自分は彼氏を好きになれないのにお付き合いが成立しているというのは、彼氏側に強い愛情や恋愛感情があるからだと考えられます。そのため、ちゃんと別れ方を考えないと彼氏をひどく傷つけてしまったり暴走させてしまったりする可能性もあるのです。

    素直に気持ちを伝える


    真剣に向き合ってきてくれた彼氏には、素直な気持ちで最後まで向き合うことが大切。ショックを与えてしまうことは避けられませんが、はっきりと素直に自分の気持ちを伝える別れ方がやはりおすすめです。

    余計なことまでベラベラと話したり不必要なダメ出しをしたりするのはNGですが、「気持ちがない」「恋愛感情を持てない」ということははっきり伝えましょう。変に期待させるよりも彼氏も諦めがつきやすくなり、早く次の恋愛に切り替えられるはずです。

    別の理由を作る


    「好きになれない」というのはあまりにストレートすぎてさすがに言いづらい…という場合は、別の理由を作ってもいいでしょう。その際は、「他に好きな人ができた」「恋愛をする余裕がない」など、自分の心の問題を理由にするのがポイントです。

    うまく伝えないと、別れなくてもいいのでは?と思わせてしまうため注意が必要です。特に「余裕がない」と伝えると、会う頻度を減らして付き合おうなどと食い下がってくる可能性があります。「完全に一人になりたい」ということを強調するといいでしょう。

    自然消滅の別れ方はNG


    別れを切り出すのは気まずいですし、相手の悲しむ顔を見るのも辛いですよね。でも、そこから逃げてしまうのはNGです。別れの話し合いが面倒だからと自然消滅を狙おうとする人がいますが、相手側の気持ちが強い場合はいつまでも引きずらせてしまうことになります。

    自分だけでなく、彼氏にも前に進んでもらえるような別れ方が理想的です。「別れよう」とはっきり言わず、音信不通にしたり嫌われるように仕向け続けたりするのは自分勝手なやり方。気まずくても辛くても、ちゃんと自分の口から別れを告げるのが最後にできる思いやりです。

    好きになれなかった人でも誠実な態度で


    好きになれない彼氏に対して、あれこれ考えて悩んで別れをどう切り出すかとモヤモヤするのは、とてもしんどいことですよね。どうして好きでもない人のためにこんなに悩まなきゃいけないの?と思うかもしれません。

    とはいえ、これだけ女性がいる中で自分を選んでくれて好きでいてくれる人は、そうそういないものです。これまで想ってくれたことに感謝して、最後まで誠実な態度で接するようにしたいですね。

    別れの言葉や理由ははっきりと自分の口から伝え、「今までありがとう」という気持ちできちんとお別れしましょう。
  • 彼氏を好きになれないならお互いのために別れよう!

    もしかしたらこの先好きになれるかもしれない、まだ失いたくないという気持ちがあるうちは、好きになれない彼氏と今すぐ別れる必要はありません。でも、気持ちがないままズルズルと付き合い続けるのは、自分にとっても相手にとっても良いこととはいえないですよね。

    恋愛は本来楽しいものですし、明るい未来につながるもののはず。心から好きと思える相手と出会えるチャンスを逃さないためにも、好きになれない彼氏とは区切りをつけて新しい人生のスタートを切りましょう。

Photo:All images by iStock