義理堅い人ってどんな人?特徴・あるある・付き合い方など徹底解説!

周りに「義理堅い人」はいますか?義理堅い人はとても良い人です。できれば末長く付き合いを続けていきたいですよね。義理堅い人を理解して良いお付き合いができるように、義理堅い人の特徴や付き合い方を詳しくまとめてみました。ぜひ参考にして、良い関係を続けてくださいね。

  • そもそも「義理堅い」ってどんな意味?

    「あの人って義理堅いよね」「義理堅い人って信用できるよね」といった発言を耳にしたことはありますか?頻繁に聞く言葉ではありませんが、「義理堅い」という言葉を聞いたときに、なんとなく良い人そうなイメージが浮かぶことでしょう。

    しかし、実際のところ「義理堅い」とは結局どんな意味なのか、よくわからない方が多いのではないでしょうか。

    そこでまずは、この「義理堅い」という言葉について詳しく解説していきましょう!

    「義理堅い」の意味


    「義理堅い」の意味は、「人から受けた義理をおろそかにせずに大切にすること」を意味しています。

    簡単に言うと、他人に助けてもらったあと、そのことを忘れずに覚えておくこと、さらに、受けた恩をどこかで必ずお返しすることを「義理堅い」と表現するようです。

    「人から何かしてもらったらお返しをするのは当然」と考える方もいるでしょうが、実際にはなかなかすぐにお返しすることが難しかったり、時間が経つと「まぁいっか」とお礼をするタイミングを見失うこともありますよね。

    そういう状況に陥りそうでも、してもらった恩を忘れずに必ずお返しをすることを「義理堅い」といいます。

    「義理堅い」の類語


    「義理堅い」の意味がいまいちピンとこない人もいるかもしれないので、類語を紹介ししょう。

    「義理堅い」の類語として、「律儀」「責任感がある」「使命感がある」といったものがあります。「責任感がある」だとイメージがしやすくありませんか?

    任されたことをきちんとこなす様子だったり、途中で投げ出さずに最後まで物事をやり遂げるイメージがわくはずです。

    少なくとも悪いイメージを持つ言葉ではありませんよね。

    「義理堅い」の対義語


    では、「義理堅い」の対義語にはどのような言葉があるのでしょうか。

    義理堅いの対義語には、「不義理」「狡猾」などが挙げられるでしょう。「不義理」は文字通り、義理を重んじないさまを指します。「狡猾」は悪賢いといった意味を表す言葉です。

    どちらも、自分の利益優先で思いやりに欠けるようなイメージが湧きますよね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)