一重は美人が多い?一重ならではの魅力やメイク方法など徹底解説!

  • 一重美人になれるメイク方法を紹介

    「チャイボーグ」「中国メイク」などの言葉が流行り、一重まぶたを生かしたメイクがあるのをご存じですか?

    一重まぶたでも二重まぶたのように大きくてかわいい目元を演出することができますし、パリコレモデルのようなクールな目元もメイクによって生み出すことができるんです。

    一重だからこそできる、一重美人になるためのメイク方法をいくつかご紹介しますので試してみてください。一重まぶたは、カメレオンのように変幻自在に雰囲気を変えることのできるチャームポイントです。楽しんでメイクをしましょうね!

    アイシャドウで陰影をつけて立体的な目に


    一重まぶたはアイシャドウで陰影をつけると、非常に立体的に見せることができます。

    アイシャドウの塗り方もさまざまで、「縦割りに三色重ね塗り」「横割りに三色重ね塗り」「眉下まで幅広くアイシャドウを塗る」「下まぶたや涙袋あたりにアイシャドウを塗る」「目尻からさらに横へ幅広くアイシャドウを塗る」などのテクニックがあるのです。

    これらのテクニックと、使うアイシャドウの色を変えながら陰影をつけていくことで目元が立体的に見えて、目自体が大きく見えます。二重まぶたの人に劣らない、インパクトのある目元になって、一重美人の出来上がりですよ。

    アイラインは隙間を埋める程度に


    一重まぶたの人は、アイラインを引くときにまつげの隙間を埋める程度にすると、自然な仕上がりになります。

    二重まぶたの人と同様に目頭から目尻までを全て塗りつぶしてしまっても、線が埋もれてしまったり、皮脂などで変に滲んででパンダ目になってしまいやすいんです。

    「上まぶたはまつげの隙間」「下まぶたは黒目の下あたり」もしくは「目尻のみ」などの部分的にアイラインを引くと、濃すぎずバランスがいいですよ。

    また、上まぶたの目尻だけアイラインを引くのも自然ですし、時短になるのでおすすめです。自分の目の形に合わせて、色々試してみてくださいね。

    ちなみにアイラインは黒だと「キリっと凛々しい」印象、茶色だと「柔らかく優しい」印象になります。

    リップメイクをしっかりする


    一重美人さんにぜひおすすめしたいのが、リップメイクをしっかりめにすること。目元のメイクは最小限で、アイシャドウやラインは薄めに、マスカラも上まつげのみなどにします。

    そして、リップをしっかりペンシルや筆で縁取りしてから色をのせて、グロスなどを重ねると良いですよ。

    目元が涼し気な分、口元に視線を集めることでメリハリのついたメイクになります。リップの色は綺麗な赤でもいいですし、優しいベージュピンクなどでもいいでしょう。

    目元を試行錯誤するのもいいですが、たまにはそれ以外のパーツをうまく際立たせることで全体的なバランスを整えてみてはいかがでしょうか?

    赤色をうまく使う


    一重まぶたの人が特に似合う色は「赤色」です。比較的ぱっちりとした大き目の一重まぶたでも、切れ長な一重まぶたでも、赤色を使えば上手にカラーメイクをすることが可能と言えます。

    おすすめの方法は、「目尻からアイホールの中心に向けて幅を狭めつつ赤色を塗る」方法と、「下まぶたのキワに赤色を塗る」方法です。

    特に、下まぶたへ赤色を塗ることで、目の粘膜の部分が少し広がって見えるので、目を全体的に大きく見せることができます。

    ほんの少し目元に赤色をプラスするだけでも、程よい血色感が加わって顔色が良く見えるので、是非試してみてくださいね。

    ラメを使ってキラキラした目元にする


    一重まぶたのメイクをするときに、マットな質感のアイシャドウのみを使用すると、全体的に重たく暗い印象になりがちです。

    そのため、ラメの入ったアイシャドウを使用することをおすすめします。目元がキラキラ輝いて明るく見えるので、重たく暗い印象にはなりません。

    アイホールの中心部分にラメを塗って、立体感を出したりするのも良いですし、涙袋のあたりに塗って潤いがあるような目元を演出するのも良いでしょう。

    ラメがあるのと無いのでは、目元の印象が結構違いますよ。手っ取り早く変化を付けられるのでやってみてくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)