一重は美人が多い?一重ならではの魅力やメイク方法など徹底解説!

  • 一重美人の特徴・メリットとは≪後編≫

    一重美人の特徴やメリットを4つご紹介してきましたが、まだまだたくさんあります。一重美人は、一重であることを不利に思ったり思い悩んだりしてはいません。一重である特徴を上手に生かして美しさを演出しています。

    なによりも、一重まぶたは二重まぶたに引けを取らない魅力がつまっています。せっかく持って生まれた大切な個性ですから、どうか大切にしてくださいね。

    ここからさらに5つの特徴やメリットをご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

    自分だけの個性を発見できる


    メイク本やメイク動画などは、どれも二重まぶたの人向けに作られていることが多いのでなかなか参考になり辛いですよね。

    しかし、その分自分に似合うメイクを研究したり、一重まぶたの人に似合うものを探しもとめることで、個性を発見できる機会が多くなるのも一重美人のメリットです。

    ありふれたメイクや髪型、衣服に捉われず、さまざまなものを試していく過程そのものも、一重美人ならではの楽しみではないでしょうか。そうして見つけた自分らしさや個性は、他の人には表現できない唯一のものになります。

    知的に見える


    一重美人は知的に見えることもメリットの1つ。メガネがよく似合うので、黒縁や赤縁などのメガネをかけて髪を束ねたりすると、とっても知的な印象を与えることができます。

    ビジネスシーンでは「相手に与える第一印象が大切」と言われていますが、そういうときに一重美人の知的な印象がとっても役に立つでしょう。知的=プラスのイメージですから、周囲にそういった印象を与えられるのは嬉しいですよね。

    和服が似合う


    和服と言えば一重美人と言ってもいいほど、一重美人には和服が似合います。和服は日本で昔から在来している衣服の文化です。

    日本では、二重まぶたに比べて一重まぶたの人のほうが比較的多いとよく言われていますよね。そんな日本で生まれたこの和服は、一重美人にぴったり似合う衣服なんです。日本画にも和服を着た一重美人の作品が多く残されています。

    また、女優の木村多江さんを見ると一重美人で和服がよく似合っていますよね。日本人かつ一重美人ならではの素朴さと気品が溢れていて、とっても素敵です。和服が似合うことは、一重美人にしかない最大のメリットだと言えます。

    美人で若く見える


    一重美人は個性を最大限に生かしたメイクや、凛とした印象から「この人、美人だなぁ」と思われ、すっきりとした目元から若く見られることも多いです。

    二重まぶたよりも一重まぶたのほうが脂肪が多いので目元がたるみにくく、年齢を重ねていっても若く見えるようですよ!

    スキンケア用品の中にアイケア専用のものがあることからわかるように、目元の若々しさは女性にとって大事なこと。少しでも若く見えるほうが嬉しいですから、一重まぶたであることによって若く見えるのなら良いメリットですよね。

    一重だとシワができにくい


    一重まぶたの場合はシワができにくい傾向にあるようです。そもそも、二重まぶた自体が皮膚が折り込まれてできたものですから、そこからシワの線が伸びていきやすいんです。

    シワ自体はお肌の乾燥からできるもの。そのため、二重まぶたの折り込まれたところまできちんとアイケアをしないと、シワができやすくなってしまいます。

    対して一重まぶたは元々脂肪が多いため、まぶた自体が二重まぶたよりふっくらしていますし、アイケアもしやすくシワになりにくいです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)