一重は美人が多い?一重ならではの魅力やメイク方法など徹底解説!

  • 一重美人にありがちな悩みとは?

    一重まぶたで美人と言われていても、やっぱり悩みはありますよね。ここからは二重まぶたの持ち主にはなかなかわからない、一重まぶた特有の悩みを5つご紹介していきます。

    これらの悩みは、整形で二重まぶたにする人が後を絶たない理由の1つです。もし身近に一重まぶたの友達がいるなら、1人で思い悩んでいるかもしれません。もし悩みを打ち明けられたときは、優しく寄り添ってあげると喜んでもらえますよ。

    では1つずつ見ていきましょう。

    クールな性格だと思われがち


    一重美人は、その涼しげな目元の印象から「クールな性格」だと思われがちです。ただ黙っているだけでも「怒ってる?」「あまり感情を表に出さなそう」と言われることもしばしばあります。

    本人にそんなのつもりはないのに、マイナスなイメージを持たれてしまうと悲しいですよね。一重美人ゆえの宿命といってもいいほど、この悩みを持つ女の子は多いです。

    顔の造形で性格を判断するのではなく、きちんと中身を知って性格を判断しましょう。

    目つきが悪く見えてしまう


    一重美人の中には細い切れ目の女性もいらっしゃいますが、そのほとんどの人が口をそろえて言うのが「目つきが悪く見えてしまい、誤解を生みやすい」ということ。

    遠くから見ると、睨んでいるような印象を与えてしまって大変なようです。勘違いされて、相手が不快な思いをすることもあるのでしょう。

    これは、一重美人特有の悩みと言えます。普通に目をあけているだけなのに、目つきが悪く見えてしまうのは少し悲しいですよね。

    他人に勘違いされないように、人と話すときはなるべく何度も微笑むようにしている人もいるようですよ。

    一重メイクが難しい


    一重美人をパッと見たとき、純粋に「美人だなぁ」と思いますよね。しかし、そこにたどり着くまでメイクの研究を何度も重ねているのを知っていますか?

    一重まぶたの場合アイラインを引いてもほとんど見えないし、アイシャドウをどこまで塗っていいかも最初の頃はわかりません。自分で研究を重ねてメイクに慣れないと、極端に濃いメイクになりがちなんです。

    一重でも美人な芸能人はいますが、自分の目や顔のパーツとかけ離れていることも多々ありますから、あまり参考にならないことも。とにかく、慣れるまで何度も練習や試行錯誤を重ねる必要があります。

    二重まぶたと比べてしまい落ち込みやすい


    一重美人であっても、人と比べて落ち込んでしまうことがあります。特に女優さんなどは二重まぶたの方が多いので、どこかで「二重の美人ばっかり」「羨ましい」と思ってしまうのです。

    また、一重美人がメイクレッスンを見たりするとき、「アイシャドウを二重幅に塗る」というワードが出ると、「自分には二重幅が無いからな」と落ち込んでしまいます。

    あらゆる発信が「二重まぶたの人へ向けてのみ」されているかのように感じ、「二重じゃない自分には真似できない」とブルーな気持ちへ一直線。一重美人なら誰もは一度はこんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか?

    一重美人でも写真が盛れない


    インスタ映えという言葉が流行ってから、近年は写真を撮る機会が格段に増えましたよね。友人や恋人などあらゆる人と写真を一緒に撮るとき、一重美人は写真が思ったように盛れないことに悩みます。

    一重美人は、もともと二重まぶたの人よりも目自体の幅が狭いので、加工アプリを使っても二重まぶたの人に比べたら盛れないと感じがち。隣に一緒に写る人が二重まぶただと余計に気になってしまいます。

    他人から見れば十分に盛れている写真だとしても、一重美人本人が納得いかず悶々とすることはよくあるようです。

    アイプチがうまくできない


    同じ一重まぶたでも、まぶたにある脂肪の多さはひとそれぞれ違います。そのため、アイプチがうまくできないという悩みを持つ人も多いんだとか。

    アイプチ、アイテープなど二重まぶたを作るためのアイテムは沢山ありますが、市販品だと全く歯が立たずに整形したという人もいます。せっかくメイクで印象を変えようとしても、なかなかうまくいかないと歯がゆいですよね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)