傷つきたくないのはどうして?傷つきたくない人の心理や特徴を解説

「傷つきたくない」という気持ちは、多くの人が持つ自然な気持ちといえます。しかし傷つきたくない気持ちが強すぎると、生きづらさにつながってしまうこともあるのです。今回の記事では、傷つきたくない人の心理や特徴、傷つきやすさの克服方法などについてお伝えしていきます。

  • 「傷つきたくない」と思うのは当然のこと!

    ショックなことがあると、人は多かれ少なかれ「傷ついた」と感じるものです。何かつらいことがあったときに、「傷ついた」と感じることは大切ですし、「傷ついてなんかいない」と無理をしてしまうと気持ちがつらくなってしまうことも。

    心が傷つくと、色々なことが楽しいと感じられなくなるし、仕事の効率も落ちてしまいます。マイナスなことが多いので、「傷つきたくない」と思うのは当然のことでしょう。

    しかし、傷つきたくないと思う程度は、人によってバラバラ。中には傷つくことを極端に恐れて避ける人もいます。このような人はなぜ傷つくことをより避けようとするのでしょうか。

    以下の章では、人よりも傷つきたくないと思う人の心理や、その特徴、また傷ついたときの克服方法などについてお伝えしていきます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)