遠距離恋愛で別れるのはどんなカップル?特徴や理由など徹底調査!

  • 遠距離恋愛中に別れを考える瞬間って?

    遠距離恋愛だと、なかなか相手と会えません。その結果、いくつもの問題が生じてしまうようです。では、遠距離恋愛中に別れを考える瞬間とはどんな時なのでしょうか。

    まずは、別れを考える瞬間を把握しながら、遠距離恋愛における課題を見つけていきましょう。

    街中で仲の良いカップルを見た時


    遠距離恋愛は普通のカップルとは異なり、会いたいと思った時に思い通りに会えません。そのため、お互いに寂しく感じることがあるでしょう。

    そんな中、街中で仲の良いカップルを見たらどう思うでしょうか。「好きな人がすぐ会える距離にいていいな」「寂しさを感じなくて羨ましい」と思ってしまうはずです。

    遠距離恋愛の場合は、「会いたい」と口にすることで相手がプレッシャーや負担に感じる場合があります。そのため、会いたいと相手に言うこと自体を我慢している人もいるのです。

    そして我慢の限界を感じている時に仲の良いカップルを見れば、相当なダメージを受けるでしょう。「近くにいてくれる人と恋愛したい」「会いたい時に会える人がいい」と、別れを考えてしまうようです。

    将来が不安になった時


    将来が不安になった時も、遠距離恋愛中に別れを考える瞬間でしょう。

    例えば、結婚願望のある人が5年もの間遠距離恋愛をしているとします。そうした人はきっと「いつになったら結婚できるんだろう」「このままダラダラと付き合うだけなのかな」といった不安を持つはずです。

    数年間遠距離恋愛をしているとしたら、どこかのタイミングで一緒になることもできたはず。しかし、どのタイミングでも一緒になることが叶わず時間だけが過ぎているとしたら、「もう潮時かな…」と諦めて別れたくなるのも頷けますね。

    友達が結婚した時


    仲のいい友達が結婚した時も、別れを考えてしまう瞬間でしょう。

    特に、自分たちよりも遅くに付き合ったカップルが一気に距離を縮めて結婚した場合、焦りに似た気持ちを持つはずです。「自分たちはなかなか会えないから距離が縮められない」「距離が近いとすぐに仲を深められるんだ」と思った時、距離がどれだけ大きな障壁になっているかを改めて実感するでしょう。

    また、友達の結婚式などを見ると、「自分も結婚したい」と憧れる人は少なくありません。しかし距離が邪魔して結婚も考えられないとなると、別れを考えてしまうのでしょう。

    会えるはずだったのに会えなくなった時


    遠距離恋愛中は、恋人になかなか会うことができません。距離があればあるほど移動に時間がかかる上、費用もかさばるもの。近距離のカップルのように「今から会おう」「いいよ」と気軽に約束するわけにはいかないでしょう。

    また、会うにしても前もって予定を立てておく必要があります。そしてその会う日を目標にし、寂しさやつらさに耐えて過ごしているはずです。

    そんな中、会えるはずの日に会えなくなったら絶望感を抱くもの。「会えると思ってたのに」「この日のために頑張ってきたのに」と大きなショックを受けてしまうでしょう。その時に心が折れて、別れを考える人もいます。

    遠距離恋愛の二人にとっては、次に会う日は楽しみであり、日々の活力になるもの。それが断たれてしまった時のショックは、別れを考えてしまうほど凄まじく大きいはずです。

    相手を信用できなくなった時


    遠距離恋愛は、特に相手との信頼関係が大事です。頻繁に会えるわけでもなく、また相手の言っていることを目で見て確認することもできないわけですから、心の繋がりが最も大事になります。

    ですから、相手を信用できなくなった時に別れを考える人は多いです。例えば、嘘をつかれたり浮気まがいなことをされた時は、相手のことを信用できなくなります。そうした出来事があった時、別れを考えてしまうでしょう。

    どのカップルにも信頼関係は大切ですが、遠距離恋愛の場合はなかなか会うことができないため寂しさを感じやすいです。その上相手を信じることができなければ、不安や心配も相まってつらい恋愛となってしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)