重い女は嫌われる?重い女の特徴やデメリット&改善方法を徹底解説!

重い女という言葉を聞いたことがありますか?今回はこの重い女の特徴から、重い女にならないための対策までを詳しく解説いたします。彼を束縛したり、執拗に結婚の話をしてしまう…という女性は「重い女」である可能性が高いかもしれませんので、ぜひご一読ください。

  • そもそも「重い女」とは?

    「軽い女」と聞くと、次々に恋人を作るような奔放な女性をイメージすることができそうですが、逆に「重い女」とは、どのような特徴をもつ女性を指すのでしょうか。

    今回はこの「重い女」について徹底的に解剖していこうと思います。

    重い女とはどんな女性なのか、どのような特徴を持っているのか、基本的な情報から重い女にならないための秘訣までを徹底解説!

    まずは、重い女とはどのような意味なのか、基本的な知識から確認していきましょう。

    重い女の意味


    最近よく耳にするようになった「重い女」というワード。

    「重い女と思われたくない」「重い女にはなりたくない」といった会話から、あまりいいイメージはありませんが、具体的にはどのような女性を指すのでしょうか。

    簡単に言うと、彼氏への愛情が「重い」故に、度を越えた束縛や執着を見せてしまう女性のことを指しています。最悪の場合ストーカーになってしまうこともあるんだとか…。

    「重い女」と「一途な女」の違い


    彼氏への愛情が深すぎるという点だけ見ると、一途で彼氏のことだけを想う素敵な女性を想像しがちですが、「重い女」と「一途な女」には決定的な違いがありました。

    それは、重い女が自分本位で相手に欲求を押し付ける自己中であるという点です。

    一途な女性は彼氏が忙しいと知ると、労いの言葉をかけたり、相手の都合に合わせて行動しますが、重い女は常に自分優先。会えないとわかると執拗にLINEや電話をして、「どうして会えないの?」「寂しい!」などと自分の気持ちばかりを訴えます。

    彼だけを純粋に思い続ける一途な女性とは違い、自分を一途に想ってほしいという願望が強いのが重い女の特徴です。

    「重い女」の行く先は「ヤンデレ」?


    彼氏への愛情が重いあまり、頻繁に連絡を取ったり、彼の女性関係に口出しをしてしまう重い女。同じような意味の言葉に「ヤンデレ」というものもありますが、こちらとの違いはなんなのでしょうか。

    ヤンデレは元々「病んでる」と「デレデレする」という語を掛け合わせた言葉で、重い女と同じように好きな男性を病的に愛し、束縛や執着を見せる人のことを指します。

    重い女と比べると行動が過激で、彼の行動を把握するためにストーカーしたり、女性の影が少しでも見えるとわめき散らしたり、まさに病的といえる様子です。

    重い女の行動がエスカレートしていくと、次第にヤンデレ化してしまうのかもしれませんね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)