感受性が強い人の特徴は?感受性の意味や向いてる職業を徹底解説!

  • 感受性が強い人に向いてる職業

    感受性が強い人は、たくさんの人の感情を敏感に受け取ってしまうので、すぐに疲れてしまいます。仕事に行くのが億劫になる人もいるのではないでしょうか。ですが、感受性が強いことはなにも悪いことばかりではありません。

    そこで次に、感受性が強い人に向いている職業をご紹介します。今の仕事がつらいという人、これからどんな仕事に就こうか迷っている人は、参考にしてみてくださいね。

    感受性が強い人に向いてる職業(1)芸術家


    芸術家は、その高い感性を活かすのにとてもいい仕事ではないでしょうか。他の人には感じられないことを感じることができるので、独創的な作品作りをすることができます。

    自分の感じたことを創作活動に活かすことで、自分の中に溜まっていく大きな感情をアウトプットすることができます。歌、小説、絵、なんでも構いません。

    芸術家として食べていくのは相当に難しいことですが、今はSNSの普及で誰でも自分の作品を発表できる時代なので、まずは副業として気軽にはじめてみてはいかがですか?

    感受性が強い人に向いてる職業(2)研究者


    感受性が強い人は、1人で黙々と作業することが得意なので、研究者に向いているでしょう。また、ミスも少なく、発想力も豊かなため、地道な努力で大きな研究結果を出すことができます。

    感受性が強い人は、環境の変化に弱い傾向があるので、1つのことに打ちこめる研究職はストレスが少なく働けるのです。人とあまり関わらないのもポイントですね。

    感受性が強い人に向いてる職業(3)動植物を扱う仕事


    お花屋さんや、動物の飼育員なども向いています。感受性が強い人は人間だけでなく、植物や動物に対しても感情移入できるので、それらをとても大切に扱えるでしょう。

    また、動植物は人間とは違い言語を持たないので、接していても疲れにくく、むしろ癒されていくという利点もあります。

    感受性が強い人に向いてる職業(4)心理カウンセラー


    他人の気持ちを汲み取ることができるので、感受性が強い人は心理カウンセラーに向いています。相談者がなかなか上手にしゃべれない場合でも、相手に寄り添い、上手に話を引き出すことができるのです。相手は詳しく話してないのに、相手の話したいことを理解できることもあります。

    そして、感受性が強い人はそれが原因で傷ついてきた経験も多くあります。なので、悩んでいる人の気持ちもよくわかるでしょう。

    しかし、感受性が強い分、相談者に必要以上に感情移入してしまう可能性も。そうなってしまっては仕事になりませんので、感情をコントロールする術もしっかり身につけておきましょう。

    感受性が強い人に向いてる職業(5)マッサージ師


    共感能力が高く、人と向き合い寄り添うことができるので、他者の体や心を癒すことが得意です。また、元気のない人や弱っている人を見ると元気にしたい、喜ばせたいと思うので、人を癒す仕事にとてもやりがいを感じるでしょう。

    なので、人の体を研究して一対一で向き合い、癒すことができるマッサージ師は、感受性が強い人に向いている職業と言えます。

    感受性が強い人に向いてる職業(6)WEBライター


    周りの環境に影響されやすく、その結果疲れやすい傾向があるので、自分のペースでできる仕事が向いています。近年は在宅ワークやSNSの普及で、WEBライターや動画クリエイターの求人や需要が増加しています。

    1人でこつこつと自分が決めたペースで働けるので、ストレスが少なくて済みます。また、感受性が強い人は洞察力に優れ、それをさらに深める作業も得意なので、ライターになれば内容の濃い記事が書けるでしょう。

    そして、他者のことをよく考えられるので、読者に共感してもらえれる記事にもなるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)