感受性が強い人の特徴は?感受性の意味や向いてる職業を徹底解説!

  • 感受性を高める方法は?

    ここまでを読んで、「感受性が強い人の特徴に全然当てはまらないけど、自分も感受性を強くしたい!」と思った人もいるかもしれません。もともと育ってきた環境からの影響が大きいとはいえ、人の気持ちを察したり、さまざまな物事に感動できることは素晴らしいことですよね。

    そこでここでは、感受性を高める方法をご紹介したいと思います。感受性を高めたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    相手の立場になって考える


    感受性の弱い人は、自分本位になりがちです。なので、意識的に相手の立場になって考える習慣を持ってみましょう。

    相手が自分に対して何を求めているのかは、簡単にわかるものではありません。なので、まずは相手の話をよく聞くことから始めてみてはいかがでしょうか。

    相手の立場になって考え、行動をすることで、人との信頼関係も築きやすくなります。

    新しい価値観に触れる


    固定観念にとらわれず、さまざまな価値観に触れることも大切です。自分の価値観だけではなく、他の人はどんな考えを持っているのかを知ることで、視野が広くなっていくでしょう。

    自分の知らない感情や感性に触れて、参考にしてみるのです。そうやって新しい価値観に触れていくことで、感情の幅が広がります。自分の価値観にこだわり過ぎるのは禁物です。自分とは違う価値観を受け入れていくことが、感受性を強める最初の一歩ですよ。

    芸術作品に触れる


    美術や音楽などの芸術作品に触れるのが苦手な人や、興味のない人もいるでしょう。しかし、多様な感性に触れることで、感受性を高めることができます。見てもなにもわからないという人でも、何度も見ているうちに新しい発見があるかもしれませんよ。

    また、作品の背景や、作者の人物像などを知った上で作品を見ると、感じ方が変わる可能性もあります。映画でも本でも構いませんので、自分が好きだと思える芸術作品を見つけてみましょう。

    自分のことを理解する


    感受性の弱い人は意識が自分に向きがちです。ですが、本当に自分のことを理解していますか?何に心が動き、どんなものに心惹かれていますか?

    自分の心を今一度しっかり感じてみましょう。些細なことでも、「これが好き」を思った瞬間を日常で取り逃さないようにするのがポイント。

    季節の移ろいを感じたときや、おいしいものを食べたときなど、どんな些細なことでも大丈夫です。最初は小さくてもいいので感動体験を繰り返していくと、感受性が高まっていきますよ。

    たくさん本を読む


    読書は、1番手軽に他者の感性や感情を感じることのできるコンテンツではないでしょうか。さまざまなジャンルの本を読むことで、自分が好きだと思うものが見つかるかもしれません。反対に、まったく興味のないものも見つかるでしょう。

    そうしていくうちに、読書をすることでいろんな感情を疑似体験することができるのです。また、読書は基本的に自分と本との対峙です。1人で行うことなので、自分自身の感情と向き合うことができます。

    自分の感情と向き合う時間を増やしていけば、感受性が弱い人や、どちらかというと鈍感だという人でも、自分の感情に気付けるのではないでしょうか。

    人間観察をしてみる


    飲食店、電車の中、どこでもいいのですが、そこにいる人たちを観察してみましょう。電車のなかで眉間にシワを寄せながら寝ている人は、仕事続きで疲れているのかなとか、カフェで隣に座っているカップルは、まだ初々しいから付き合い始めたばかりなのかな、といった具合です。

    当たってる当たっていないは関係ないので、少しの情報からいろんな想像をしてみましょう。そうすることで新しい発見をしたり、自分に向きがちな意識を外に向けることができます。

    ただ、あまりにじろじろ見るのはマナー違反ですので、お気を付けくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)