感受性が強い人の特徴は?感受性の意味や向いてる職業を徹底解説!

  • 感受性をコントロールする方法って?

    感受性が強い人は、外から受ける刺激が勝手に入ってきてしまいます。ときには受け取った刺激が大きく、自分の感情の渦に飲み込まれてしまうこともあります。

    感情に飲み込まれるあまり、場合によっては周囲の人と衝突してしまうなんてことも。それでは感受性が強いことの良さが活かされません。

    そこで次に、感受性が強い人に向けた感情をコントロールする方法をご紹介します。感情の起伏が激しくて自分をコントロールするのが難しいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    無駄に感情移入しない


    会う人会う人全員の感情をいちいち感じてしまうと、とても疲れてしまいます。勝手に外からの刺激が入ってきてしまうので、意識的に他者と境界を引くことが大切です。

    機嫌の悪い人はあなたのせいで機嫌が悪いわけではありません。他者の感情に飲まれないように気を付けましょう。また、悩み相談や世間話を聞いたときも、必要以上に感情移入しないよう意識した方がいいでしょう。

    ストレスを溜めない


    ストレスが溜まっている状態だと、より敏感にいろんなものを感じ取ってしまいます。感受性が強い人は、意識が自分より他者や外の環境に向きがちなので、自分にストレスが溜まっているのかわからない傾向があります。なので、ストレスはこまめに発散するようにしましょう。

    常に神経が過敏になっていると、なかなか休むことができません。適度な運動、入浴、読書、アロマテラピーなど、自分がリラックスできるものを見つけておきましょうね。

    「なんとかなる」という精神を持つ


    感受性が強い人は、物事を深く考え込む傾向があります。周りの人から考えすぎだと思われるほど、悩んだり心配したりします。

    不安や悲しい気持ちから抜け出せないときは、「なんとかなる」と思ってみましょう。もともと考えすぎてしまうので、「なんとかなる」と思うくらいで丁度いいのです。

    物事を深く考えられることは長所ですが、あまりに長い期間負の感情を持たないように気を付けましょうね。

    1人の時間を作る


    感受性の強い人は、人の感情を汲み取り続けた結果、その感情を自分のものだと勘違いしてしまうことがあります。周囲の情報でいっぱいになって、自分のことがわからなくなってしまうのです。

    なので、自分自身がなにを感じて、なにを考えているのかを確認する時間を意識的に取りましょう。他人のことではなく、自分がどうしたいか、どうありたいかの方が大切です。

    テレビやスマートフォンを開くとたくさんの情報が一気に入ってきてしまうので、デジタルデトックスをするのも効果的ですよ。

    関わる人を見極める


    感受性が強い人は、関わる人からの影響にもとても大きく左右されてしまいます。

    ネガティブな人といればネガティブに、ポジティブな人といればポジティブになっていくのです。人の悪口や陰口、批判をよくする人と一緒にいると、自分に悪口を言われているような気分になって体調が悪くなってしまうことも。

    もしそんな人が身近にいる場合は、適度な距離感を持って接するように心がけましょう。

    感受性が強いことを自覚する


    自分のことをコントロールするには、自分がどんな人間なのかを自覚することがすべての始まりでしょう。

    自分はいったいどんなときに悲しくなるのか、どんなことをされると怒るのか、どんなものが好きなのか。これを理解していきましょう。

    自分の感情が揺れ動く傾向とパターンをしっかり理解していると、そのときが来たときに冷静になりやすいのです。また、感情を爆発させてしまってひどく自己嫌悪したときにも、自分は感受性が強いから仕方がないと思うことで、少し楽になりますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)