感受性が強い人の特徴は?感受性の意味や向いてる職業を徹底解説!

世の中には鈍感な人も多いですが、感受性が強すぎて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。この記事では、感受性が強い人の特徴や、向いている職業について紹介します。感受性の強さを活かしたい方は、ぜひ読んでみてください。

  • そもそも「感受性が強い」とは?

    あなたは映画を観て感動したり、他人に感情移入しすぎて泣いてしまったり、機嫌が悪い人といると気分が悪くなったりすることはありませんか?

    上記のような反応は、感受性が強い人によく見られる特徴なのだそう。感受性が強いと、他の人が気づかないようなことにも気付ける反面、繊細すぎてストレスを溜めやすい傾向があります。

    今回の記事では、「感受性が強い人」をクローズアップして、その特徴や原因をご紹介していきます。

    まずは、そもそも「感受性が強い」とはどういうことなのかを説明していきましょう。感受性が強いとはどういうことなのか知りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

    「感受性」の意味


    感受性とは、「環境内で起こる刺激を感じ取ることができる性質」を意味します。これ自体は、誰もが大なり小なり備えているものでしょう。

    「感受性が強い」と言った場合は、刺激に対して興奮しやすい性質のことを指します。「感受性が豊か」という言い方もできます。

    例えば、寝るときに外の音が気になって眠れなくなる、近くにいる人の香水の匂いが気になる、悲しい映画を見て号泣する、機嫌の悪い人がいると自分のせいだと感じる、という人は「感受性が強い」と言えるでしょう。

    たいていの人は気にならないことでも、感受性の強い人にとっては大きな刺激となってしまうのです。

    「感受性」の類語


    似たような意味の言葉に、物事を深く感じ取る働きという意味の「感性」があります。「感受性」と「感性」は、どちらも意味はほとんど一緒ですが、自ら感じ取ることを「感性」、受動的に感じ取ってしまうことを「感受性」と言うことが多いようです。

    また、感性という言葉は、主に音楽や絵画などの芸術的な創作に関して言うときに用いられることが多いでしょう。

    ちなみに、感受性は、英語では「sensibility(センシビリティ)」と言います。最近よく耳にする「HSP(Hyper Sensitive Person)」の「Sensitive(センシティブ)」は、sensibilityの形容詞で「感受性が豊かな」という意味です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)