セカンドバージンの意味とは?定義や対処法も分かりやすく教えます!

「セカンドバージン」という言葉が浸透し、悩む女性が増えています。この記事では、「セカンドバージン」の意味や定義、なりやすい女性の特徴、そして卒業するために行うべきことを紹介しています。「自分がそうかも...」と悩んでいる女性は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • セカンドバージンの意味って?処女とは違うの?

    あなたは「セカンドバージン」という言葉を聞いたことがありますか? 自分はそうかもしれない...と感じる方もいるでしょう。どこからセカンドバージンと呼ぶのか、どんな人がなりやすいのかなど、その実態について今回は考えていきます。

    「セカンドバージン」の意味


    そもそも「セカンドバージン」とはどういう状態を指すのかご存知でしょうか。「セカンドバージン」とは、セックス経験自体はあるものの、しばらくセックスから遠ざかり、最後のセックスから長く期間が空いている状態のことを言います。「セカンド処女」と言われる場合もあります。

    セカンドバージンであること自体に問題があるわけではありませんが、しばらくセックスをしていないことで女性としての自信がなくなったりと、不安状態に陥ってしまうことがあるため、多くの女性が抱える悩みとして注目を集めています。

    ちなみに、長い期間セックスをしていない状態の男性のことを指す「セカンド童貞」という言葉もあります。男性も似たように悩んでいる場合があるんですね。

    「セカンドバージン」と「処女」の違い


    「バージン」という言葉は「処女」という意味なので、セックス未経験者も「セカンドバージン」に含まれるの?と考える方もいるかもしれませんが、「セカンドバージン」の場合、最低1回はセックスを経験している人を指すため、「処女」とは違います。

    しかし、一度 処女を卒業しているからこそ、男性と性的な関係にならない期間が長くなるに伴って「自分は大丈夫なのかな」と不安が大きくなる傾向にあるようです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)