エロい女に共通する特徴を徹底調査!男性はエロい女が好きって本当?

  • エロい女になる方法をご紹介

    エロい女になりたいと思っている人は、どのようなことを心がければいいのでしょうか。喋り方や動作の速さが急に変わったら「ぶりっこ」と思われてしまうこともあるので、それを懸念するとなかなか行動が起こしづらいですよね。

    大切なのは自分ができそうなことを見つけ、そのポイントを磨くことです。自分に合った方法で、エロい女に、そしてモテる女になりましょう!

    丁寧な言葉や動作を心がける


    まず、おっとりした女性はエロい女だと説明しましたが、これは速さだけの問題ではないことを覚えておいてください。おっとりさは、動作のスピードではなく、丁寧さに帰属します。

    すべての動作からガサツ感をなくし、丁寧に物事を行うようにしましょう。具体的には、カバンを開けたまま歩かない、靴を歩きながら履かない、などがあげられます。食事の場では、食器の物音を立てないように丁寧に置く、なども上品な行動です。

    また、言葉遣いにも注目しましょう。スラングのような汚い言葉や、江戸っ子口調がクセになっている女性は、今すぐに見直してください。

    綺麗な日本語を話すことで、人物像が上品になり、醸し出される雰囲気に色気を出すことができますよ。エロい女になるためには、高貴なイメージを持ちましょう。

    さりげないボディタッチをする


    女性からのボディタッチは、下品な女になってしまうリスクもあります。しかし、馴れ馴れしいものでなければ、いい意味でアピールができるでしょう。

    セックスアピールのような擦り寄るタイプのボディタッチではなく、隣に座っている際にさりげなく肩を叩く、話しかける際に腕をタッチする、などです。

    あくまでも、触れても不自然ではない距離に居るときだけに行いましょう。近寄る必要がないのにパーソナルスペースを破り、あからさまにボディタッチをしたのでは、下品な女になってしまいます。

    ただ、このボーダーラインが難しいと感じるようなら、ボディタッチ自体をしない方が良いでしょう。どちらに転んでも、ボディタッチは男性に「思わせぶり」な態度となりますから、モテるためであっても無理に行動を起こさない方が身のためです。

    露出のラインを決める


    下品な女にならないように、服装には十分に気をつけましょう。エロい女としてモテたいのなら、上品なファッションを心がけることが大切です。谷間が見えるような服は絶対にNGですが、それ以外でもマイルールを決めると良いでしょう。

    たとえば、自分の身体の中で自信がある部分が足だったとします。それなら、膝下は露出OKとすると良いですね。また、鎖骨に自信があるなら、谷間が見えるV字のネックではなく、横に広がってデコルテを見せるデザインにするなど、工夫して露出をしましょう。

    そして、自分にとって露出OKな部分以外はなるべく服で覆い、メリハリをつけたファッションにするのがおすすめです。

    自信がある部分を積極的に見せるのは大事ですので、上手に露出していきましょう。

    エロい女になるには性的な経験を積む


    性的な経験がない女性は、エロい女になるのは難しいでしょう。色気が出せるのは、性的なイメージが持てる女性です。

    これは、適当な男性とセックスしろということではありません。あなたの脳内でもいいのです。男性との絡みをイメージすれば、どんな女性がセクシーなのかもわかってくるでしょう。

    男性も、エロい女には性的妄想を抱きます。それと同じで、女性側も多少は性的な目線を持つと、自然と男性の欲求がわかるようになり、結果的に駆け引きが上手になるでしょう。

    上品なエロい女とは、男性の欲求がわかった上で「おあずけ」ができる人ではないでしょうか。男性の興味を最大限に引っ張れるよう、あなたの魅力を見せて隠しての駆け引きが必要です!

    男にすがらない


    大人な魅力があることは、エロい女の条件です。多少の積極性は必要ですが、男性にすがるような性格では、子供っぽいと思われてしまい、エロい女にはなれません。

    恋人関係になってからは甘え方も変わってくるでしょうが、出会ったばかりの男性にすがりつくような弱さを見せると、引かれてしまうこともあります。

    恋愛脳になりがちな人は、男性に依存しているような部分をあまり見せないようにしましょう。