エロい女に共通する特徴を徹底調査!男性はエロい女が好きって本当?

  • エロい女と下品な女の違い

    エロい女は、大人の色気を持っていることがわかりました。しかし、エロい女になろうとすると、下品さが出てしまう場合があります。これは、エロい女=露骨な性的アピールをする女、と履き違えている可能性があるでしょう。

    どのような女性が「下品な女」と思われてしまうのかわかれば、気をつけることができますよね。下品な女にならないためにも、次のような違いを知っておきましょう。

    下品な女は無駄な露出が多い


    エロい女の外見的特徴の中に「露出をしていなくても色気がある」というものがありました。いっぽう、下品と思われてしまう女性は、露骨に露出をしてしまうのです。

    たとえば、きわどいミニスカートを履いていたり、胸元がぱっくり空いた服で谷間をアピールしていたり、色気ではなく「性的」な要素を見せていることがあげられます。

    あまりに露骨な露出は、男性にとって「軽い女」という印象を与えるでしょう。軽い女と思われると、性的に迎合していると思われることにつながります。言い換えれば、セックスアピールなのです。

    セックスアピールと聞くと、露出のしすぎが下品な女と思われることに納得できるのではないでしょうか。

    下品な女性は恥じらいが無い


    たとえば、トラブルで男性と身体が触れてしまったときや、服の裾がめくれ上がったとき。エロい女は恥じらいを見せ、唐突な接触に謝ることすらあります。

    しかし、下品な女性は恥じらいを持たずに、ボディタッチやセクシーハプニングも笑い飛ばします。それどころか、自分からボディタッチをするでしょう。

    これも、性的に迎合しているアピールになってしまうので、貞操がゆるくて下品な女と判断されてしまうのです。

    男性が求める女性らしさとは、男女間の一線を大事にし、決して自分を安売りしないことではないでしょうか。

    下ネタがエグいのは下品な女


    性的に迎合している下品な女は、下ネタが大好きです。エロい女とは、エロい話を受け入れるものだと思っているのかもしれません。

    しかし、女性がはっきりと男性器の名称を述べたり、セックスの経験や感想を述べたりするのは、下品以外の何物でもありませんよね。そういった話を求めている男性ももちろんいるでしょうが、応えないのがベターです。

    下ネタをおおっぴろげに話す女性は、貞操のゆるさを実感させます。「エロいね」と言われたとしても、それは褒め言葉ではなく、卑下されていると思った方がいいでしょう。

    下品な女は持ち物が汚い


    下品の対語は上品ですよね。上品な女性は、身だしなみが整えられています。つまり、下品な女性は、容姿に抜けているところがあると言えます。

    よく言われるのは、貞操のゆるい女はカバンの中が汚い、という特徴です。人間関係の精査が上手くなく、自分に不必要なものを切り捨てられない性格は、カバンの中を整理できないクセにつながる、と言われています。

    同じように、人には見えないだろうと思い、靴の先が汚かったり、ボロボロのスマホケースを使っていたりします。いくら言動がおしとやかでも、外見にこうした難点があると、エロい女ではなく下品な女になってしまう可能性があるでしょう。

    エロい女とは、上品であることが第一条件なのですね。