飲み会が嫌いな人必見!参加するメリットやデメリットや断り方も伝授

  • 飲み会が嫌いな人が克服する方法

    飲み会が嫌いでも、やはり飲み会に参加しなくてはならない時もありますし、いつまでも不参加状態でいるわけにもいきません。飲み会嫌いを克服する方法で、飲み会に対する苦手意識を改善していきましょう。

    早めに行って好きな席に座る


    飲み会に参加したことがある人なら分かると思いますが、集合時間のギリギリに行っても、あまった席に座らされることになり、そこが上司ばかりの席だと飲み会の最後まで楽しめないということもあります。

    早めに行って好きな席に座り、後から来たメンバーを見て、居心地が良さそうなテーブルに移動するのがおすすめだと言えるでしょう。

    対等に会話ができるメンバーと同じテーブルであれば、どんなに飲み会嫌いでもやり過ごすことは可能です。

    飲み会に参加することになったら、まず早めに行って好きな席に座れるようにしてくださいね。

    聞き役に徹する


    コミュニケーションが苦手、人見知りが激しいのが原因で飲み会が嫌いなら、いっそのこと聞き役に徹するようにしてください。

    飲み会だからといって、ハイテンションになる必要もなければ、饒舌にしゃべり続けないといけないわけでもないのです。

    会話が苦手なら、相槌を打ちながら上手に話を聞くようにしましょう。しゃべりたい人は、話を聞いてほしいはずですから、聞き役に回ってくれる人が一人いると助かるのです。

    自分の性格を分析して、より苦痛のないようにしておいてください。

    無理に何かしようとしない


    飲み会だからといって「しゃべらなければならない」「笑顔でい続けないといけない」「上司のご機嫌を取らなけらばならない」などと思っていては、楽しめないでしょう。

    何かしなくてはという考え方では、飲み会が嫌いになるのは無理もありません。飲み会でのルールはあってないようなものだと割り切り、自分が居心地が良いと思えるスタイルを築いてください。

    「聞き役になる」「聞き役だけでなく時々質問してみる」など、自分にできる範囲で飲み会を楽しめるようにすれば、ストレスも感じなくなるはずです。

    時間を決める


    飲み会が嫌いなのに、二次会、三次会などと続いてしまうと苦痛になってくるのは当然です。その場のノリで飲み会の終わりが延びたりするのもよくある話ですので、自分の中で時間を区切っておくようにしてください。

    「22時には絶対帰る」「3時間まではいるが、それ以上はいない」など、時間をしっかりと区切れば、それまでは頑張れるはずです。

    また、自分が我慢できるかなと思う時間の少し短めの設定をしてください。例えば、22時までに帰りたいのであれば、21時に飲み会を切り上げるというやり方です。

    「もう少しいれば良かったな」と思うくらいにしておけば、次回飲み会に誘われても苦痛には感じなくなって、飲み会嫌いは克服されていくでしょう。
  • 飲み会が嫌いな人必見!上手な断り方

    飲み会が嫌いなのに頻繁に誘われてしまうと、断るのも心苦しいですよね。飲み会が嫌いだと、つい強く拒否してしまいがちですが、やはり周囲との関係を壊したくないのなら、上手に角が立たない方法で断りたいはず。

    飲み会が嫌いな人は、まず、上手な断り方を身につけていきましょう。

    「体調が優れなくて…」


    ただ行きたくないというと、角が立ってしまいかねません。そんな時は、体調不良を理由にしてしまいましょう。

    「最近、食欲がなくて…」「少し風邪気味かなと感じるので、大事を取って欠席します」などと言うのです。

    この時、ただ断るのではなく「せっかくのお誘いですが…」「ぜひ次回は参加させてください!」というような言葉をつけて、誘ってくれたことはとても嬉しいということを伝えるようにしてください。

    体調が理由だと、たいていの人は無理に連れていこうとはしません。立て続けに使える断り方ではないものの、角が立たないのでおすすめです。

    「ペットに餌をあげないと…」


    一人暮らしでペットを飼っている場合、世話をするのが自分しかいない、早めに帰ってあげたいという断り方をすることができます。

    ただ、この断り方だと、行きたいと思える飲み会でも参加しにくくなるため、飲み会そのものが嫌い、できればあまり参加したくないと考える人だけにおすすめです。

    実家暮らしなら「今日だけ家族が不在だから、今回のみ不参加にします」と言うこともできますので、その場に応じて臨機応変に対応してください。

    一人暮らしなら「家族が来ていて…」


    「今日は実家から家族が来ています」「友人が何時に駅に到着するので迎えに行く」という断り方だと、相手は止めようがありません。

    家族や友人と先約があるのに、無理やり飲み会に連れていこうとすることはないので、かなり効果が期待できる断り方です。

    しかも「あいにく予定がある」という理由なので「行きたくない」という気持ちを悟られることもなく、相手を傷つけることもありません。

    双方が嫌な気持ちにならないのですから、断る罪悪感も少ないと言えるでしょう。

    「彼氏(彼女)と会うんです」


    「彼氏と約束がある」という人に「何で?放っといて飲み会に来て」などという人はいないでしょう。

    彼氏や彼女がいる人であれば、約束していない日でも使えますし、さらに何度でも毎日でも使える断り方なので、とてもおすすめです。

    数回に一回「今回は彼氏の許可が下りたのでたまたま来れました」というアピールをしながら参加すれば、周囲も「あまり参加できない人」ということで認識してくれるでしょう。