飲み会が嫌いな人必見!参加するメリットやデメリットや断り方も伝授

  • 飲み会は嫌いだけど…参加するメリットは?

    飲み会が嫌いな人は、飲み会のデメリットばかり気になってしまうものです。飲み会は本当にメリットはないのでしょうか。飲み会のメリットを知り、飲み会が嫌いだという考え方は正しいのかどうかを考えていきましょう。

    言いたいことを言うチャンス


    普段、会社の不満があったり、上司との仕事で変えてほしいことがあっても、上下関係が邪魔をして言いづらいものです。しかし、お酒の場であれば、普段言えないことも言えたりするので、ある意味自分の意見を主張するチャンスでもあると考えることができるでしょう。

    不平不満をそのままぶつけてしまったら、後々気まずくなってしまいますが「正直、あの仕事はこうしたほうが良いのではないかと思うんですよ~」などと、会話の流れで言うようにすると、相手も落ち着いて聞いてくれる可能性があります。

    険悪にならないように「部長だから言うんです」「先輩は相談しやすいと思っています」と相手を立てながら言うようにしてくださいね。

    先輩や上司と親睦を深められる


    まったく交流のない部署であったり、世代が違ったり、立場が全然違ったりすると、仕事中は交流を深めることはできません。

    しかし、飲み会はどの世代も参加できる場合が多く、自分が心を開く気持ちがありさえすれば、普段交流のない人とも交流することは十分可能です。

    先輩や上司の意外な一面を知れたり、仕事以外にもプライベートの話で盛り上がることもできるでしょう。

    職場の人間関係を良好に保つためにも、飲み会にはできるだけ参加するようにした方がいいのかもしれませんね。

    情報が入ってくる


    普段知りたいことがあっても、仕事中私語は禁止ですから、あまり聞くことができませんよね。

    一方飲み会では「あの部署の○○さん、仕事が丁寧だから、あの仕事はあの人に頼んだ方が良い」「このような時は、○○課の○○さんに言うと、相談に乗ってくれるよ」という、仕事上での有益な情報が得られたりすることもあるのです。

    また、仕事上での情報でなくても、地域の情報をゲットすることもできます。「あそこにできたケーキ屋さんが美味しいらしい」「内科なら、あの病院が評判が良い」など、自分一人でいたら得られない情報も得られるのです。

    情報を得たいなら、やはり飲み会へ参加するようにした方が良いと言えるでしょう。

    いつもとは違う食事を楽しめる


    実家暮らしだと、夕食は一般的な家庭料理が多いでしょう。また、一人暮らしだと簡単に作れるものを食べている人も多いですよね。

    しかし、飲み会は「韓国料理」「メキシコ料理」「和風創作料理」など、普段の夕食では味わえないような料理を楽しめることが多いです。

    毎日とる夕食に飽きてきたころ、飲み会のお誘いがあると、嬉しく感じることもあるでしょう。

    さらに、上司のおごりだと、美味しい上に金銭的にも助かるため、ラッキーでもあるのです。

    自分が好きな料理が出るかどうかは、かなり重要な問題でもありますから、どのお店になるのかを聞いてから行くかどうかを決定しても良いのかもしれません。
  • 飲み会が嫌い!参加するデメリット

    飲み会が嫌いになってしまう理由は、やはり飲み会にデメリットがあるからだと言えるでしょう。飲み会が嫌いになってしまうようなデメリットとは、いったいどんなものなのかチェックしていきましょう。

    参加費がかかる


    家計をやり繰りしている人にとって、10円100円は貴重と言えます。10円100円の世界で節約をし、工夫しながら生活しているのです。

    また、独身でも一人暮らしの場合、必要最低限の生活費は残しておかなくてはなりません。

    それなのに、飲み会の参加費が1回で5,000円程度かかるようでは、こちらもつらくなってしまいます。「もう飲み会には行きたくない」「飲み会なんて大嫌い。そんなお金があるなら欲しいものを買いたい」などと、思うようになるのは仕方のないことなのでしょう。

    周囲に正直に「やり繰り上、月1回しか参加できない」「今月は給料日まで自由になるお金がない」などと、打ち明けてみるのも一つの手なのかもしれません。

    気遣いに疲れる


    飲み会最大のデメリットと言えるのが「気遣いで疲れる」ということです。気を使ってばかりで楽しめない飲み会が続くと、だんだんと「飲み会は疲れる…」「飲み会は苦手」「飲み会なんて大嫌い!」と落ち込んでいくでしょう。

    気ごころ知れたメンバーが多い飲み会で、対等に会話ができるのなら問題はないのですが、上司が多かったり、知らない人が多かったりするとつらいですよね。

    上手く立ち回れない、人見知りでコミュニケーションが苦手という人にとって、飲み会は苦痛以外の何物でもなく、飲み会が嫌いだという気持ちは深まる一方なのです。

    時間を拘束されてしまう


    時間を自分のために有意義に使いたいと考える人も多くいます。好きな趣味に没頭したい、資格取得の勉強をしたい、ダイエットのために運動をしたい…。そんな人にとって飲み会は「好きな時間、大切な時間を無駄に過ごしてしまう場所」という認識でしかありません。

    家で食事する場合は、必要最低限の時間で済むのに、飲み会となると最低でも3時間ほどは拘束され、その間自分の好きなことはできませんし、ひたすら周囲に合わせて会話を続けないといけませんね。

    もっと他にしたいことがある、飲み会なんて時間の無駄、そんな考え方の人は飲み会にメリットを感じにくいと言えるでしょう。

    孤立してしまうこともあり得る


    飲み会に参加したからと言って、みんなが楽しめるとは限りません。せっかく参加したのに、孤立して全然面白くなかったなどということは、珍しい話ではないのです。

    仲の良い人たちだけで、仲の良い人たちにしか分からない会話をされ、孤立してしまったら「もう飲み会には参加しない」「飲み会なんて大嫌い」と感じてしまうのは無理もありません。

    コミュニケーションが苦手、人見知りが激しい人は、この理由で飲み会が大嫌いになることが多いようです。

    自分から話を振ってみる、話しかけてみるなど、工夫をすることが大切と言えます。