飲み会が嫌いな人必見!参加するメリットやデメリットや断り方も伝授

  • 飲み会が嫌いな理由とは?《前編》

    飲み会が嫌いというからには、それなりの理由があるはずです。飲み会が嫌いな人は、どのような理由で嫌いだと思っているのでしょうか。考えられる理由をピックアップしていますので、一つずつ紹介していきましょう。

    飲み会の会費が高い


    この不景気の中、満足のいく給与をもらっている人は多くはないでしょう。独身ならまだしも、家庭を持っていて、限られたおこづかいでやり繰りしている人も珍しくありません。

    ほんのたまに飲み会に誘われる分には良いのですが、お誘いが続くとなかなかつらいのです。これが原因で夫婦げんかもあるくらい、お金の悩みは深刻なものだと言えるでしょう。

    会社の経費から負担する、上司がおごってくれるというのなら、問題なく参加できるのですが、自分の立場より下の人が多いものなら、自分が多めに支払わなくてはならない場合も出てきますね。

    出費が嵩み「飲み会は嫌い」「誘われたくない」と思ってしまうのは不思議なことではないのです。

    出てくる料理が美味しくない


    「辛いものが大嫌いなのに、飲み会の場所が韓国料理店」「肉が嫌いなのに焼き肉屋」「和食しか食べられないのに多国籍料理店」…。これでは、飲み会で楽しめないことは目に見えています。

    また、安さ重視にして美味しくない店を予約されても「それなら家に帰って自分で作りたい…」と思ってしまうことでしょう。

    予約した店の料理が苦手、あるいは嫌いであると、最初から行きたくなくなりますね。

    最初からやんわりと「○○は苦手なんです。参加しても大丈夫ですか?」「あそこにできた新しい店、美味しいらしいですよ。参考にしてください」などと、話題を振り、料理で嫌な思いをするのを避けるようにした方が得策かもしれません。

    つまらない話を聞かされる


    飲み会に参加すると、話したい人、聞き手に回りたい人に自然と分かれます。

    自分が興味のある話であれば、会話も続きますし、楽しい時間を過ごせる可能性もありますが、つまらない話を延々と聞かされるのはある意味地獄です。さらに、それが上司であるなら、最後まで耐えながら聞かなくてはなりません。

    つまらない話を聞かされる飲み会が何度か続くと「また飲み会か…。そのメンバーだと、またつまらない話ばかり聞かされるんだろうな」などと、飲み会そのものが大嫌いになってしまうでしょう。

    最初から楽しめないと予想できる飲み会なら、行きたくないのは当然のことなのです。

    飲み会は時間の無駄


    人生は時間が限られています。いつ、誰と、どんな過ごし方をするかは、実は非常に大事なことでもあるのです。

    どうせ同じ時間を過ごすなら、自分が快適だと思う過ごし方をするべきだし、自分が一緒にいてリラックスできる相手といるべきでしょう。

    飲み会のメンバーに苦手、もしくは嫌いな人がいた場合、行きたくないのは当然のことです。また、酒も会話も好きでもないのに、無理をしてまで行く必要があるのかしっかりと見極めないといけません。

    飲み会の時間を有意義に過ごせそうか、無駄に過ごしてしまいそうか、あなた自身で考えてみてください。
  • 飲み会が嫌いな理由とは?《後編》

    飲み会が嫌いな理由で共感できるものはありましたか?飲み会が嫌いな理由はまだまだありますので、より自分が共感できそうなものを探してみてください。

    そもそもお酒が飲めない・苦手


    そもそも飲み会とは、お酒を飲むのが基本です。お酒を飲まない人も参加できますが、お酒を楽しめる人とそうでない人とでは、飲み会の楽しさに明らかなる差があるでしょう。

    お酒を飲み、リラックスしてきた状態で、自分をさらけ出せる人もいますし、純粋に家ではあまり飲まない種類のお酒を飲んで楽しんでいる人もいます。

    飲み会は、お酒好きの人にはとても楽しめる交流の機会ではありますが、お酒を飲まない人には、さほど特別なメリットは感じにくいのかもしれません。

    お酒を飲まない人同士の席で飲むか、飲み会メンバーを見てみんなお酒をたくさん飲みそうだと思ったら参加しないでおくか、工夫が必要だと言えるでしょう。

    カラオケなど苦手なことを強要される


    職場や学生サークルの飲み会で多いのは、立場が上の人が下の人に無茶ぶりをしたり、一発芸を強要したり、歌が苦手なのに無理やり流行りの歌を歌わせたりする行為です。

    場の盛り上がりを考えているのかもしれませんが、無茶ぶりされた本人は、たまったものではありません。

    苦手なことを強要される可能性がある飲み会なら、楽しめないのは当然ですし、楽しめないどころか疲れて嫌になってしまうでしょう。

    飲み会の席で我慢していたら、周囲はどんどんエスカレートしかねません。ハッキリとNOを言えるようにしておかないといけませんね。

    人見知りで苦痛


    そもそも、初対面の人が苦手、人見知りが激しくて人と打ち解けるのにかなりの時間がかかるという人であれば、飲み会は苦痛で疲れる場所以外の何物でもありません。

    飲み会といえば、普段交流できない人の交流の場でもあります。これが、人によっては「良い機会」にもなりますが、また別の人にとっては「苦手で疲れる場」でもあるのです。

    人見知りの度合いにもよりますが、数回に一回の参加にする、思い切って人見知りを公言し、すべての飲み会を不参加にするなど、状況に応じて対応しなくてはなりません。

    後に紹介する上手い断り方を参考にして、やんわり断るか、断れない飲み会の場合は後に紹介する克服法を実践するなど努力が必要だと言えるでしょう。

    新人のうちは疲れるだけで楽しめない


    新人のうちは、なかなか飲み会を断ることはできないでしょう。どんなに嫌いな飲み会でも、参加するようにして、お酌して回ったり、上司のご機嫌を取ったりしなくてはなりません。

    飲み会の場での振る舞いも、仕事のうちであり、それが仕事での評価にもつながっていくのですから、どれだけ飲み会が嫌いでも「修行」だと思って耐えるべきなのでしょう。

    しかし、やはり上の立場の人ばかりの中にいるのは、居づらく疲れるのは間違いありません。

    自分が新人のうちは、飲み会を楽しもうと思わず、そもそも飲み会は仕事のうちだと思うなど、気持ちの持ち方を変える必要があるのです。