飲み会が嫌いな人必見!参加するメリットやデメリットや断り方も伝授

あなたは飲み会が好きですか?嫌いですか?飲み会が嫌いな人には、それなりの理由があるのです。この記事では、飲み会のメリット・デメリットをおさらいしながら、飲み会嫌いを克服する方法や上手な断り方などを探っていきます。飲み会が大嫌い、でも参加しないわけにはいかないと悩む人は必見です!

  • 飲み会が嫌いな人が増えているって本当?

    友人や同僚などと交流を深める場として、よく開かれるのが飲み会ですよね。食事を取りながらリラックスして、プライベートのことや自分のことを話し、コミュニケーションを深めるのです。

    どの会社に勤めても、通常は飲み会が定期的にあるのが当たり前のことだと言えるでしょう。

    しかし、飲み会は好きな人と嫌いな人がハッキリ分かれるものです。いくら嫌いでも社会生活をする上で避け続けることはできません。

    今一度、参加するメリットやデメリットをおさらいし、飲み会嫌いを克服する方法や上手な断り方を探っていきましょう。

    どうしても飲み会が嫌い、でも行かないわけにはいかないと悩んでいる人は、ぜひチェックしておいてください。
  • 飲み会は嫌い?好き?皆の意見

    あなたは飲み会が好きですか?嫌いですか?感じ方は人それぞれですが、世間はどう考えているのか、一緒に見ていきましょう。

    友達の飲み会は好きだけど職場のは…


    「飲み会は飲み会でも、気ごころ知れた友人との飲み会は週3でも行きたい。職場は嫌いな人もいるから正直行きたくないな…」(26歳/女性/公務員)

    「飲み会は好き?嫌い?」と聞かれたら「相手による!」と答える人はとても多いです。気ごころ知れた、立場の同じ人同士でゆっくり話すのは、さぞかしリラックスできることでしょう。

    しかし、会社の同僚や上司との飲み会はどうでしょうか。行けば楽しいこともあるのかもしれませんが、やはり落ち着かないですよね。

    さらに、嫌いな人や苦手な人が一人いると、気が滅入ってしまうこともあり得ます。

    飲み会に行くなら、人を選びたい!というのが本音なのでしょうね。

    気を使って飲むのが疲れる!


    「職場で飲み会があると、自分が一番下だから気を使うことになってしまう。仕事で疲れているのに、なんでまたさらに疲れに行かなくてはならないのか…」(29歳/男性/営業職)

    飲み会では、同じ立場の人同士だとあまり気を使わないで済むのですが、上の立場の人が圧倒的に多い場合、とても気を使うことになるのは言うまでもありません。

    美味しい食事であろうが堪能する余裕があるはずもなく、ただただ周囲の目を気にして動き回らなければならないのです。会話が苦手でも、上手く相槌を打ったり、楽しく話さなければならないため、帰宅するころにはぐったりになっていることでしょう。

    逆に飲み会がないとやってられない!


    「私は人としゃべることが好き!上司でも部下でも関係なく話せる自信があるので、逆に飲み会がないとストレスが溜まってしまいそう」(36歳/女性/経理部)

    お酒が好き、会話が好き、人が好き、食事が好き…。そんな人にとっては、飲み会は楽しみの一つです。コミュニケーションに自信があれば、相手が上司であろうが同僚であろうが、楽しく時間を過ごせることでしょう。

    いつも話せないようなプライベートの話などをしながら、交流を深め、仕事でも有利になることは珍しくありません。

    飲み会が嫌いな人にとっては、うらやましい限りだと言えるでしょう。

    好き嫌いはないが交流の場としてあり


    「飲み会が好きというわけではないが、普段仕事中に話せない人と、プライベートの話をしたり、コミュニケーションを取る場としては重要ではないかと思う」(25歳/男性/自動車メーカー)

    そもそも、飲み会を好き嫌いで考えていない人もたくさんいます。誘われれば行くけど、特に行きたいわけでもない…。周囲に合わせるスタンスですから、ある意味ストレスが溜まりにくいタイプだとも言えるでしょう。

    仕事中は仕事の話しかできないわけですから、プライベートの話ができるチャンスだと割り切り、最低限の付き合いをすれば楽なのかもしれませんね。