彼女と彼氏の質問まとめ|カップルが仲を深めるために聞くべきこと

  • 彼女と彼氏がするべき質問≪基本編≫

    彼女や彼氏に質問するといっても、実際に何を聞いたら良いか迷うという人もいるでしょう。

    そんな人のために、彼女と彼氏がするべき基本の質問を紹介します。次のようなことを聞けば、彼女や彼氏のことをもっと理解することができるでしょう。

    家族構成は?


    彼女や彼氏のことをもっと知るなら、まずは家族構成について質問してみましょう。基本的な情報を入手しておけば、何かあった時に役立てることができます。また、家族付き合いが増えた時に家族についての情報を持っているだけで、緊張も解けていくでしょう。

    ただし、人によっては家族について根掘り葉掘り聞かれることを嫌います。そのため、家族についてはいきなりグイグイと質問するのは危険です。まずはさりげなく、「兄弟はいるの?」と彼女や彼氏に質問してみましょう。

    そこで家族について話してくれるなら、親子関係など踏み込んだ質問をしていきます。しかし、触れられたくない話には踏み込まないよう気をつけましょう。

    生年月日や星座は?


    彼女や彼氏について知るには、生年月日や星座についても質問します。こうした基本情報は、知っていないとカップルのイベントを行う上で困ることも増えるからです。誕生日を祝いたいと思うなら、誕生日については最初に聞いておきましょう。

    ただし、誕生日は聞いて答えてもらったらそこで会話が終わりやすいです。次に繋げる質問を用意していないと気まずい空気が流れてしまうので、聞く場合には他の質問と合わせて訊ねることをおすすめします。

    好きなスポーツや趣味は?


    互いについてもっと理解を深めたいなら、好きなスポーツや趣味についても聞いてみましょう。彼女や彼氏の趣味を知っておくだけでも、相手に対する理解は深まります。共に楽しめる趣味であれば、さらに仲が深まっていくでしょう。

    ただし、人によっては理解できないと感じる趣味を持っていることもあります。そうした場合でも、面と向かってバカにするような態度は出さないようにしましょう。どんな趣味であっても、理解を示すことが大切です。

    これから彼女と彼氏として付き合っていくには、相手をバカにする態度はトラブルの種になります。だからこそ、どんな答え返ってきても良い反応を返してあげましょう。

    出身地は?


    恋人についての理解が足りないなら、出身地などについても質問してみましょう。特に、二人が会社などで出会っている場合には近くに住んでいるとは限りませんよね。互いの出身地について知ることで、共通点も見つけやすくなるでしょう。

    ただし、人によっては触れられたくない過去もあります。彼女や彼氏が濁すのであれば、深く聞かないようにしましょう。また、自分も言いたくない場合には出身地について質問しない方が良い場合も。自分がした質問は相手からも同じようにされる可能性があるからです。

    そのため、答えたくない質問がある場合には、それについてはこちらからも彼女や彼氏に質問しないようにしましょう。
  • 彼女と彼氏がするべき質問≪思い出編≫

    次に彼女と彼氏がするべき質問は、思い出についてです。

    ここでは2人の思い出ではなく、個人の過去についての質問を紹介します。過去について質問することで、相手がどんな人なのかよくイメージすることができるでしょう。

    子どもの頃のあだ名は?


    多くの人は、子どもの頃にあだ名で呼ばれていた経験を持っているものです。そうしたあだ名を質問することで、どんな子ども時代を送っていたか想像することもできるでしょう。また、本人が嫌がらないならあだ名で呼んであげるのもおすすめです。

    しかし、中には子どもの頃のあだ名をコンプレックスとして抱えている人もいます。そのため、本人が嫌がる場合には無理に聞き出そうとしないようにしましょう。何度もしつこく聞いてしまうと彼氏(彼女)を怒らせかねないので、気をつけてくださいね。

    どんな子どもだった?


    彼女や彼氏の過去については、少しでも知りたいという欲を持つ人は多いでしょう。そうした気持ちを持っているなら、彼氏や彼女に「どんな子どもだったのか」「子どもの頃の性格はどうだったのか」を聞いてみると良いですよ。

    今の相手と比べることで意外な発見もありますし、相手を理解することに繋がります。自分の過去と共通点があるとあれば、話も弾んでいくでしょう。互いに子どもの頃について語り合うことで、距離が一気に縮まるカップルも多いです。

    ただし、人によっては触れられたくない過去というものもあるでしょう。そのため、彼女や彼氏が嫌がる場合には無理に話しを引き出そうとしないよう気をつけてくださいね。

    得意な教科は何だった?


    子どもの頃について快く回答してくれるなら、得意な教科についても質問してみましょう。何が得意だったのか、またどんなことで成績を伸ばしていたのか質問することで、相手の得意分野が分かります。

    また、同時に苦手なものについても質問してみましょう。苦手な教科についても質問することで、相手に頼んではいけないことも分かります。人間誰しも、苦手なものはあまり頼まれたくないですからね。

    他にも、得意・不得意な教科から話しを広げられるよう工夫しましょう。聞いて終わりでは気まずいムードになってしまうので、そこから新しい話題を見つけるよう意識することが大切です。

    子どもの頃の夢は?


    さらに理解を深めたいという人は、彼女や彼氏に「子どもの頃の夢」について質問してみましょう。どんな夢を持っていたのか、そしてそれを叶えることができたのか聞くだけでも、話は弾むものです。

    また、今もその夢に向かって頑張っていという人もいるでしょう。相手がそうした人である場合には、応援してあげることで距離を縮められます。

    より2人の距離を縮めるためにも、夢については語り合うだけでなく応援するべきです。ただし、相手が諦めている場合にはあまり深く聞かない方が良いでしょう。