人の顔色をうかがう人の特徴と心理|疲れたときの対処法も紹介します!

「何かにつけて、つい人の顔色をうかがってしまう」という人は多いのではないでしょうか。人によって理由は異なりますが、人の顔色ばかりうかがっていると疲れますよね。そこで今回は、人の顔色をうかがう人の特徴や心理を徹底分析!「人の顔色ばかりうかがって、もう疲れた…」という時の対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • そもそも「顔色をうかがう」ってどういうこと?

    「人の顔色をうかがう」という言い方は、日常生活でよく耳にしますよね。また、実際に人の顔色をうかがったことがある人も、かなりの数に上るのではないでしょうか。

    とはいえ、そもそも「顔色をうかがう」とは厳密にどういうことなのか、気になる人もいるでしょう。そのため、まず「顔色をうかがう」という言葉について説明します。

    「顔色をうかがう」の意味


    「顔色をうかがう」は、「相手の表情から、相手の考えや機嫌を知ろうとすること」を意味します。漢字では「顔色を窺う」と書きます。「窺う」と「伺う」の違いは、このあとで説明しますね。

    「顔色をうかがう」は、相手にバレないようにそっと様子を探って、問題を避けたり気に入られようとする行為なので、そこから派生して「媚を売る」「機嫌を取る」といったニュアンスが含まれることもあります。

    「窺う」と「伺う」の違い


    先述したように、「人の顔色をうかがう」には「窺う」という漢字が用いられます。「窺う」と「伺う」はどちらも「うかがう」と読みますが、意味が似ているようで異なるため、使い分けが難しい漢字です。

    「伺う」は、「聞く」「尋ねる」「訪問する」の謙譲語です。例えば、「お宅に伺う」などはよく使うでしょう。これは「家を訪問する」のへりくだった表現です。同じように、「お噂はうかがっています」「ご意見を伺う」は、それぞれ「噂は聞いています」「意見を尋ねる」という意味です。

    一方の「窺う」は、そっと様子を見たり、好機の訪れを待つといった意味合いになります。したがって、つい人の顔色を見てしまう時は、「窺う」を用いるのが適切です。しかし「窺う」は常用漢字ではないため、新聞などでは「うかがう」とひらがなで表記するのが一般的です。

    「顔色をうかがう」の類語


    「顔色をうかがう」の類語には、「機嫌をうかがう」や「様子を気にする」といった言い方があります。

    また「意向を気にする」や「顔色を見る」などといった言い方も類語です。どの類語も、「相手の動向を気にする様子」を表す言葉であることがわかります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)