男兄弟のみの男性に共通する性格とは?恋愛傾向や攻略方法も徹底解説!

  • 男兄弟のみの男性と付き合うメリット・デメリット

    何事にもメリットとデメリットがありますよね。いいところしか見ていないと、悪いところが出てきた時のショックが大きいものです。

    それは、男兄弟のみの男性と付き合う時にも言えること。事前に男兄弟のみの男性と付き合うメリット、デメリットを知っておくことが大切です。特に、デメリットをしっかり理解することが恋愛を成功させる秘訣と言えますよ。

    メリット:女性に優しい


    男兄弟のみの男性は、女性との関わりが少ないがゆえ、恋愛下手な人も多いのが特徴です。このことは一見マイナスに思われがちですが、付き合う上で大きなメリットになります。

    男兄弟に囲まれて育った男性にとって女性は未知の存在である上に、たいていは見るからに女性のほうが体が小さく腕力も弱いため、本能的に「この人に優しくしよう」と思うのかもしれません。その結果、女心が分からないながらも、優しく接してくれるでしょう。

    メリット:自分好みに育てやすい


    女性経験が少ない男兄弟のみの男性と付き合えば、自分好みに育てやすいのもメリットの1つです。姉や妹がいないと、いい意味で女性の基準がありません。

    なので、女性側からしてほしいことを言えば、素直に応えてもらえるでしょう。付き合い始めは女心が分からな過ぎてイライラしてしまう可能性もありますが、根気よく育てればあなた好みのイイ男になるはずです。

    メリット:男兄弟のみだと小姑がいない


    結婚をすると気になるのが小姑の存在です。小姑とは、配偶者の姉妹のこと。夫の母親との関係に悩む女性もいますが、同じくらい問題になっているのが小姑とのトラブル。

    しかし、男兄弟しかいない男性には姉も妹もいないので、もちろん小姑にあたる人はいません。そのため、男性の母親から小姑と比べられる心配もなくなります。女性は同性に対して厳しい場合もあるので、姉や妹はいない方が楽かもしれませんよね。

    デメリット:女性に幻想を抱いている


    女性に幻想を抱いているのも、男兄弟のみの男性あるあるです。姉や妹がいる男性は、年の近い女性の実態を知っています。そのため「女性はこういう感じだから…」といい意味で現実が見えているんです。

    しかし、男兄弟のみの男性はそうではありません。身近に同年代の女性がいないので、理想が高くなるばかりです。なので、女性と付き合って勝手に幻滅するケースも少なくありません。

    デメリット:母親に気に入られないとキツイ


    母親に逆らえない男兄弟のみの男性は多いです。母親の発言が男性の考えに影響を与える可能性は大いにあり得ます。例えば、初めて彼女を実家に連れていった後「あの子のどこがいいの?」なんて母親から言われたら、男性の気持ちが揺らぐこともありえるでしょう。

    しかし、母親のことを大切にしている気持ちが強いからこそ、母親の発言を無視できないのも事実です。逆に考えると、男兄弟のみの男性と付き合う時、彼氏の母親に気に入られれば、安泰と言ってもいいでしょう。

    デメリット:他の女性に目移りしやすい


    男兄弟しかいない男性は、女性と接する機会が少ない分、男友達のみでつるんでいることも多いです。そのため、女性から少しでもアピールされると「この女性、いいかも!」と思ってしまう傾向があります。

    女性からほんの少しボディタッチされただけでもその気になってしまうほど、女性に免疫がないんです。そのため、もし彼女がいても、フラッと心変わりしてしまう可能性も少なくありません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)