セフレが欲しい男女必見!作り方やセフレとの付き合い方のコツも解説

  • セフレと長く付き合うコツを覚えておこう

    セックスフレンドが欲しい人がやっとセフレをゲットできても、うまく付き合うコツを心得ていなければ、せっかくゲットした相手と別れることになってしまうかもしれません。

    簡単にできる関係ではないので、楽しみながらも慎重に付き合っていきたいですよね。では、どんな風に付き合えば関係を長く続けられるのか、そのコツについて紹介します。

    お互い恋愛感情を持たない


    お互いどちらとも「恋人になりたい」と思うことができれば問題ないのですが、どちらか一方が「セフレ以上にはなれない」と考えているのなら、恋愛感情を持ってしまうと関係が崩れる可能性が高いです。

    「セフレ止まりが良いのに恋愛感情を持たれて面倒くさい」「さっぱりとした付き合いができなくなる」となれば、セックスフレンドの関係が成り立たなくなってしまいます。

    恋愛感情を持っている側は好きな人とセックスできて嬉しいかもしれません。しかし、その気持ちを告白した時、相手が離れていってしまう可能性が高いので、幸せになれるとは言えないでしょう。

    このようなことから、恋愛感情を持つとうまくいかなくなる可能性があるため、気をつけましょう。

    私生活に踏み込みすぎない


    セックスフレンドにも色々な関係があり、私生活に踏み込んでも大丈夫という人もいれば、踏み込まれたくないという人もいます。完全にセックスだけの関係でいたい人の場合、私生活に踏み込まれると別れたくなってしまう可能性が高いです。

    ですから、どこまで踏み込んでいいのか把握していない場合は、私生活には踏み込まないように線引きをしっかりしておきましょう。また、自分も踏み込まれたくない部分があるのなら、事前に言っておくと良いですよ。そうしてお互いにいい距離で付き合えれば、心地よく関係を続けていくことができるでしょう。

    お互いに興味があるプレイに挑戦する


    どうしてもできない行為は初めに「これだけはできません」と断っておき、それ以外のプレイは色々と挑戦していきましょう。せっかくのセックスフレンドなのに、マンネリしてセックスがつまらなくなったらセフレの意味がありませんよね。

    セックスを楽しむための関係なのですから、お互いに興味があるプレイはどんどんやっていきましょう。恋人とはなかなかできないこともセフレとはしやすいですし、テクニックや知識の向上に役立ちますよ。

    友達にセフレがいることを言わない


    ずっと欲しいと思っていたセックスフレンドができると、嬉しくて友達に話してしまいたくなるかもしれません。しかし、セフレができた報告や、セフレとの行為が最高だった!などの感想は、友達に話すのは避けておいたほうが無難です。まわりに話を拡散しないとこちらが信じていても、相手はどうか分かりません。

    あなたの話を物珍しがって他人に話し、どんどんセフレがいるあなたのことが広まってしまう可能性があります。それがもし学校、職場で広まったのだとしたら、その場にいるのがつらくなる時が来るかもしれません。

    大げさかもしれませんが、他人に話すことは自分の居場所がなくなるリスクがあると考え、友達にセックスフレンドがいることや、どんなことをしたか話すのはやめておきましょう。

    パートナーがいる、W不倫、W浮気は細心の注意を


    お互いのどちらかに恋人、パートナーがいたり、ダブル不倫やダブル浮気をしながらのセフレ関係は、細心の注意を払って付き合いましょう。会う場所は知り合いがいない場所まで行くことや、なるべく一緒に歩かないこと。

    そして、日頃の連絡は極力必要な時以外はとらないようにしましょう。頻繁に連絡を取り合っていると、相手のパートナーに怪しまれてしまう可能性があります。連絡を取り合うなら、通知はオフにしておくと良いです。

    パートナーがいる場合のセフレ関係はかなりリスクが大きいものですが、気をつけるべきことを気をつけるのなら、長く付き合うことも可能ですよ。

    セフレと会うときにかかる費用は割り勘で


    セックスフレンドはセックスをするだけの割り切った関係ですから、それにかかる費用は割り勘で、後腐れないようにするのがおすすめです。お互いに「セックスがしたい」という目的で繋がっているのですから、お互いがホテル代を負担するべきといっても過言ではありません。

    また、セックスフレンドの関係はもろく、ちょっとしたきっかけで関係が終わることが多いもの。もろい関係だからこそ、相手に頼り切るのではなく、平等に負担し合うことが上手く付き合っていくコツですよ。