セフレが欲しい男女必見!作り方やセフレとの付き合い方のコツも解説

  • セフレが欲しい男性向けの作り方とは?

    では、実際にセックスフレンドが欲しいと思ったとき、どんなふうにして作ればいいのでしょうか?セフレが欲しいと思っているだけではできません。実際に行動を起こし、相性のいいセックスフレンドと出会いましょう!そのための方法をこちらでご紹介します。

    ナンパする


    「良いな」と思った相手にしぼって声をかけられるので、ナンパは好みのセフレをゲットできるおすすめの方法です。インターネットでセックスフレンドを作ろうとすると、相手の顔が見えなかったり、別人の顔写真を使われている可能性も。ナンパなら実際に自分が見て吟味して声掛けできるのがメリットです。

    ただ、場所を選ばないとナンパの成功率に関わります。成功率が高いのは、イベント会場の周辺や繁華街、海水浴場など開放的な場所でのナンパです。特に夕方~夜など、「大人の時間」に近づくにつれ成功率がアップするでしょう。

    クラブなどで出会う


    お酒を飲み開放的になった男女が踊りまくるクラブには、ワンナイトラブ、セックスフレンドが欲しい男女がたくさんいます。気に入った相手と踊り、体を求めたいなら抱き寄せるなどしてアピールしてみましょう。仲良くなることができれば、そのままホテルに行きセックスフレンドになることができるかも。もしセフレになれなくても、ワンナイトラブを楽しむことも可能です。

    ただ、クラブは必ずしも男女の出会いを求める人ばかりではありません、執拗に言い寄ると警備員を呼ばれる可能性もありますから、ほどほどに。明らかにこちらに興味がありそうな場合は、積極的に行くようにすると良いですよ。

    マッチングアプリを使う


    マッチングアプリを使えば、いつでもどこでもセフレが欲しい女性を探すことができます。直接女性に声をかけてナンパする勇気はないという人や、楽にセックスフレンドを探したい人にぴったりのアプリと言えますね。マッチングアプリならまずはメッセージのやり取りをして、仲を深めてから実際に会うことができます。

    初対面の人とはうまく話せない人も、メッセージで親睦を深めてからなら初めての対面時にうまく喋れるのではないでしょうか。また、メッセージ内でセックスの好みや相性も知ることができますから、そこで「会う・会わない」を決められるのも、マッチングアプリのメリットです。

    合コンに参加する


    合コンに参加する女性は男性との出会いを求めて積極的に参加している人が多いです。肉体的な関係を望む肉食女子も多く、セフレを探しやすい最高の飲み会といえるでしょう。もし合コンで女性と意気投合しホテルに行くことができれば、思い切って目的を聞いてみましょう。ワンナイトラブが目的なのか、恋愛目的、セフレが欲しいのか…などなど。

    そこで「セフレが欲しい」と言われれば、ほぼ確実にセックスフレンドになれますよね。合コンではまずお持ち帰りすることが成功の鍵となりますので、積極的にアピールしてお持ち帰りを目標にしましょう!

    相席屋に行く


    相席屋は男性と女性が相席して食事ができるシステムで、意気投合すればお持ち帰りできる可能性もある、男女の出会いにぴったりの飲食店。気軽に出会えるので気に入った相手なら口説き、ホテルにお持ち帰りしてセックスフレンドになれることもあります。

    ただ、相席屋は気軽な出会いを提供する場なので、食事中の会話のみの関係で終わることも多いです。相手を選ぶこともできませんが、運良く好みの相手とマッチングし、お互いに意気投合すれば、セフレになれる可能性はありますよ。お持ち帰りできたらいいなくらいの感覚で食事しにいくと良いでしょう。

    風俗店に通う


    男性ならではのセフレ探しには、風俗店に通うという方法もあります。お気に入りの風俗嬢と仲良くなり、プライベートでセックスフレンドになるという方法です。仲良くなるまで何度も通う必要があるので、大金がかかる可能性がありますし、金銭が発生しない関係に持ち込む必要があるので、難易度は高いといえます。

    プライベートで関係を結ぶのは絶対にNGな風俗嬢もいますが、そうではない風俗嬢なら、仲良くなればセックスフレンドになれる可能性はあるでしょう。セフレになるには難易度が高い方法ですが、もしセックスフレンドになることができれば、相手はプロですから最高のセックスを楽しめるようになるでしょうね。