セフレが欲しい男女必見!作り方やセフレとの付き合い方のコツも解説

  • セフレが欲しいと思う瞬間とは?

    では、世の中の男女が「セフレが欲しい!」と思うのはどんな時なのでしょう。そういう相手はあまり欲しくないと思う人も、ふとしたときに「いたらいいな」と思ったことがあるのではないでしょうか?こちらでは、どんなときに欲しくなるのか、よくある瞬間をまとめ紹介しています。

    人肌恋しい時


    「誰かのそばにいたい」「触れ合いたい」と思ったことは一度や二度、あるのではないでしょうか。人肌恋しいときにもしセックスフレンドがいれば、寂しさを埋め合わせることができます。

    寂しさを埋めるなら恋人の方がいいのでは?と考える方も多いですが、セフレが欲しい人は恋愛がめんどくさいと思う傾向が強いです。恋人は欲しくないが、人肌恋しい時があるので都合の良いセフレが欲しいと思うのでしょう。

    お酒を飲んだ時


    個人差はありますが、お酒を飲むと開放的な気分になります。開放的な気分になると「セックスしたい」と感じるため、お酒を飲んだ時にセックスフレンドが欲しいと思う場合があるのです。

    お酒を飲むと気分が悪くなってしまう人はそうは思わないかもしれませんが、お酒を飲むと陽気になるタイプの人は、お酒を飲んだ時に「セフレ作ってみたいな」と思う可能性が高いでしょう。

    イライラした時


    ストレスが溜まりイライラしているとき、人それぞれ発散方法があるでしょう。散歩をして頭を冷やす・寝て忘れる・食べてストレス発散など、色々な方法がありますよね。

    実は、セックスはイライラやストレスを発散する効果があると言われているんです。ですから、イライラした時は「セックスがしたい!セフレが欲しいな」と思う瞬間のひとつなんですよ。

    ムラムラした時


    ムラムラして欲情している時、恋人などパートナーがいない人の多くは自慰をして済ませています。しかし、ひとりでは満足することができなかったり、異性とのセックスに飢えている人はムラムラしたとき、セフレが欲しいと思うのです。