夢占いで「桜」は何を意味している?満開や葉桜などパターン別に診断

春になると薄紅色の花をつけて豪華絢爛な姿を見せてくれる桜。一方ですぐ風に流されて散ってしまうという寂しさも感じさせる花ですね。この桜が夢に現れた時、一体どんな意味があるのでしょうか。この記事では状況別、天気別など細かく分類して桜の夢占いをご紹介していきます!

  • 夢占いでは「桜」はなにを意味している?

    この世には様々な花がありますが、日本人が特に愛している花といえば桜ではないでしょうか。薄紅色の花が風に舞い上がって散っていく様が華やかながらも儚げで、古くから自然を大切にしてきた日本人はそこに美を見出したといいます。

    ではそんな桜が夢の中に出てきたとしたら、一体どんな意味があるのでしょう?この記事では夢占いにおいて桜が暗示しているものはなんなのかを解き明かしていきます。

    桜の花の状態、天気と桜の状態、誰と桜を見ているかなど、細かく分類して説明していきますので、ぜひご覧ください!
  • 夢占いでの桜の夢の意味《花の状態別》

    まず前提として、夢占いの診断は桜の状態や、あなたが桜に対してどんな行動を取っているのか等、シチュエーションによって意味が異なってきます。そのためできるだけ夢の状況を思い出しましょう。そのほうが夢占いの精度は上がりますよ。

    そして意外にも夢占いにおいて桜は「別れ、情緒、心変わり、人生の節目」などを象徴していると言われ、桜の夢は危険を知らせる警告夢と解釈されるのです。

    しかし、先にも述べたようにシチュエーションによっては吉夢となる場合もあります。よって桜の夢を見たからといってがっかりすることばかりではないことを覚えておいてくださいね!

    それでは早速、まずは花の状態別に桜の夢を紐解いていきましょう。

    満開に咲く桜の夢


    満開の桜はうっとりするほど見ごたえがありますよね。そんな満開の桜を夢の中でも見られたらいいなと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。もしそれが実現するとしたら、夢占いはどのように診断するのでしょう。

    夢占いによると、満開に咲く桜の夢は、あなたが抱えている悩みが解決し、精神的に楽になることを暗示しています。

    あなたは今人間関係の悩みや仕事のストレスを抱えていませんか?そのような時に満開に咲く桜の夢を見ることができたなら、まもなくその問題に別れを告げることができるでしょう。

    ただし六分咲きなど満開までに時間がかかるようであれば、現実の問題が解決するのももうしばらく先と夢占いは教えてくれています。

    桜が散る夢


    花びらがひらひらと散っていく光景は、儚さと美しさを味わえる、まさに桜の醍醐味と言ってもいいですよね。ところがこれが夢になると、喜んで鑑賞している場合ではなくなってしまうんです。

    それというのも、夢占いによれば桜が散る夢は散財、浪費など金運低下を暗示しているからです。散っていく花びらがお金を意味しているんですね。夢占いは花びらが大量に散っていれば散っているほど、何らかの原因で多くのお金を失ってしまうと占っています。

    もしもこの夢を見たときにはいつも以上に財布のヒモを固くして、無駄遣いや浪費をしないよう気を付けてくださいね!

    桜吹雪の夢


    桜吹雪もまた美しい光景です。年に一度、春の季節にしか味わえないこの美しい景色は、見ている人の心を洗い、みずみずしい気持ちにさせてくれますよね。幸せな気持ちを味わう方もいるのではないでしょうか。

    実は夢の中でも桜吹雪の夢は幸せを暗示しています。夢占いではのちのち大きな幸福を手に入れると解釈されるのです。

    先ほど桜の散る夢は金運低下のサインとお伝えしましたよね。ではどうして桜吹雪だと幸福の暗示になるのでしょうか。それは夢占いにおいて桜が散る景色は「寂しく虚しいもの」と捉え、桜吹雪は「華やかで艶やかなもの」と捉えるから。この違いが占いの結果に表れているのです。

    葉桜の夢


    淡いピンク色の花が終わり、その後に芽吹く若葉。このみずみずしい黄緑色をまとった葉桜の夢は、夢占いではどのように解釈されるのでしょうか。

    夢占いにおいて葉桜の夢は再生や新しい芽吹きの象徴とされ、幸運を手に入れる暗示とされています。もしもあなたが葉桜の夢を見たなら、まもなく幸運を掴むことができると夢占いは教えてくれているのです。

    葉桜の夢を見た時はいつ幸運がやって来てもいいように五感を研ぎ澄ませて、確実にキャッチできるようにしておきたいですね!