好きになった人がタイプという人の理由を解説!言われた時の対処法も

  • 好きになった人がタイプと言う人の心理は

    好きになった人がタイプだと言う人は、自分はどういうタイプが好きかを人に明言しない理由があります。本当に自分の好みのタイプが決まっていない人から、訳あって自分の好みを人に伏せている人まで、その理由もさまざまです。

    ここでは、好きになった人がタイプだと言う人の心理を分析してまとめてみました。

    好きなタイプを知られたくない


    本当は好きなタイプがあるけれど、人には自分の好きなタイプを知られたくない場合。この場合、タイプを聞いてきた相手に知られたくないのか、誰であっても自分の好みを知られたくないか、二つのパターンがあります。

    質問してきた人に知られたくない場合は、相手の自分に対する好意に応えたくない気持ちの現れだと考えられます。相手に対して気がないからこそ、好きになった人がタイプという返答ではぐらかしたいという心理ですね。

    誰にも好きなタイプを知られたくないという場合は、人とは違った好みなのを人に知られたくないという心理が考えられるでしょう。

    いろいろな人と恋愛したい


    好きなタイプに限定せず、いろいろな人と恋愛したいと考えている人も、好きになった人がタイプだと言う傾向があります。

    自分で自分はどういうタイプの異性が好きかを限定してしまうと、タイプではない異性と恋愛するチャンスが少なくなってしまいます。いろいろな人と恋愛したい人は、あらかじめ自分の決まった好みを持たないことで、好きになった人に魅力を見出していこうという心理。

    人は意外に、頭で考えたことや自分の言葉に縛られてしまうものです。好みのタイプを持たないという人は、自分の好みを言葉で限定しないことで、いろいろな人と恋愛する機会をなくさないようにしているのかもしれませんね。

    彼女・彼氏に気を遣っている


    彼氏・彼女がいる人の場合、自分の彼氏・彼女に気を遣って、好きになった人がタイプと言う人もいます。

    アプローチしたいという意図をもって好きなタイプを聞いてくる人には、既にパートナーがいる人は慎重な対応をせざるを得ません。既に好きになって付き合っている人がタイプだと言うことで、相手がアプローチしてこないよう、けん制しようという心理です。

    彼氏・彼女のいる人が言う「好きになった人がタイプ」は、今は恋人は募集していないというサインだと受け取った方が良いでしょう。

    恋愛したいという気持ちが無い


    今は恋愛したいという気持ちが無いときも、好きになった人がタイプと言う場合があります。積極的に恋人を作ろうとしているときは、人は自分がどういうタイプの人と付き合いたいかをイメージしやすいもの。

    今は恋愛しなくてもいいと思っているときは、自分の好みもはっきり分からないことがあります。自分がどういうタイプの異性に惹かれやすいかをイメージしにくい時期のため、好きになった人がタイプと答えるしかないのですね。

    恋愛したいという気持ちが無いせいで好みがはっきりしない人は、恋愛への意欲が湧くと、具体的に自分の好みのタイプを思い出すこともあります。

    好きになった人が理想のタイプになる


    好きになった人がタイプと言う人の中には、自分が好きになった相手が理想のタイプになるという人もいます。その時々で、今付き合っている相手が最高だと思えるタイプの人です。

    このタイプの人は、付き合っている人や好きな人がいない場合は、そもそも好きなタイプの異性というものが存在しません。常に今の恋人に満足しているので、他の人に心変わりするということもないでしょう。

    パートナーがいる上で「好きになった人がタイプ」と答える人は、現在のパートナーを理想的な相手と感じている人が多いでしょう。
  • 「好きになった人がタイプ」と言われたら

    本当に自分の好みのタイプが分からない、あるいは今は恋愛に興味が無いなどの理由で、人は「好きになった人がタイプ」と言うことがあります。

    こちらが相手に好意を持っていてアプローチしたい場合、「好きになった人がタイプ」と言われると困惑してしまうでしょう。好きなタイプがはっきり分からない場合は、質問の仕方を変えてみるのも一つ。

    ここでは、好きになった人がタイプと言われた場合にも、相手の好みを知ることに繋がる質問の仕方をまとめてみました。

    嫌いなタイプ・苦手なタイプを聞く


    相手の好みを知りたいとき、ストレートに好きなタイプを聞いて分からない場合は、嫌いなタイプ・苦手なタイプを質問してみると良いでしょう。

    人を好きになるのに理由は無いと考える人は多いものですが、人を嫌いになるのには、はっきりした理由があるものです。相手の嫌いなタイプを知ることで、自分が嫌いなタイプに当てはまっていないかをチェックすることができます。

    好きなタイプを考える場合、嫌いなタイプの正反対を想像すれば大きくは外れることもないでしょう。

    今まで付き合った人のタイプを聞く


    人の恋愛の好みには、過去の恋愛経験も影響しています。そこで、今までどういうタイプの人と付き合ってきたかを聞くのもオススメ。

    今まで付き合ってきた人に共通する特徴が分かれば、相手の好みのタイプを知るカギになります。例えば「大人しい女性が多かった」という場合、相手は大人しく物静かな女性が好みだと考えることができますよね。

    相手の今までの恋愛遍歴を聞くチャンスがあれば、過去にどういうタイプの人と付き合ってきたかを詳しくリサーチしてみましょう。

    どういう性格の人がタイプかを聞く


    「好きなタイプは?」という質問に対して、外見的な好みを聞かれていると受け取る人もいます。その場合は、話題を内面的な好みに限定して、どういう性格の人がタイプかを聞いてみましょう。

    好きになる相手の外見にはタイプというほどのこだわりがなくても、性格面で譲れないポイントがあるということもあります。「前向きな人」「優しい人」といった性格的な好みのタイプが分かれば、自分の性格を相手の好みに近づける努力ができますよね。

    仮に見た目の好みに自分があてはまらなかったとしても、性格的に好みになれれば、脈無しから恋人に昇格できる可能性も出てくるかもしれません。

    どんな恋愛がしたいかを聞く


    「好きになった人がタイプ」と言う人の中には、自分の好みのタイプをはっきり自覚していない人もいます。そういう場合は質問を変えて、恋人ができたらどういう恋愛をしたいかを聞いてみると良いでしょう。

    自分がどんな人が好みかイメージできにくい人でも、恋人ができたらしてみたいことなど、自分なりの理想の恋愛像というものは持っているものです。相手の恋愛観を聞く中で、相手が恋人に求める条件も見えてきます。

    相手の恋愛観を知ることは、これからのアプローチにも大いに参考になるでしょう。