好きになった人がタイプという人の理由を解説!言われた時の対処法も

気になる人に「好きになった人がタイプ」と言われ、困惑したことがある人は少なくないでしょう。そこでこの記事では、「好きになった人がタイプ」と公言する人の意見を集め、好きになった人がタイプだと考える理由と心理を分析してまとめてみました。「好きになった人がタイプ」と言われた場合の対処法もご紹介します!

  • 好きになった人がタイプってどういうこと?

    人は誰かに恋をするとき、自分の好みの外見や性格の異性を選んで好きになるものです。「好きなタイプ」とは、外見や性格が自分の好みであるということ。多くの人は、「自分はこんなタイプが好き」という理想を持っているものではないでしょうか?

    しかし中には、好みのタイプを聞かれて「好きになった人がタイプ」と答える人もいます。好きになる相手に決まった共通点が無いという人も、好きになった人がタイプの人だと言えるでしょう。

    特定の決まった好みを持たない人を好きになった場合、アプローチする際には少し工夫が必要かもしれせん。
  • 「好きになった人がタイプ?」困惑する男女の声

    気になる相手に好きなタイプを聞いて、「好きになった人がタイプ」と答えられると、困惑するという声も。

    好きな人や気になる人にアプローチする前のリサーチとして、相手のタイプを知りたくなることはよくあります。相手の好きなタイプを事前に知っておくことで、その人にはどういう方法でアプローチしたらいいかも分かりやすくなりますよね。

    ここでは、気になる異性に「好きになった人がタイプ」と言われた人の気持ちをまとめてみました。

    はっきりしてくれないとアプローチできない


    「気になる女性に『好きになった人がタイプ』と言われましたが、はっきりしてくれないとアプローチできなくて困りますよね。アプローチする前に、自分が彼女のタイプかそうでないかを知りたかったのに…」(33歳/男性/営業職)

    異性に向ける「好きなタイプは?」という質問は、自分は相手の好みに合っているかどうかを確かめる意味も含まれているようです。自分が相手のタイプにあてはまるならアプローチしようと思っているときに、「好きになった人がタイプ」という返答では困るという声も。

    特に相手にアプローチする前の準備として好きなタイプを尋ねたときは、曖昧な返答だと感じてしまうようです。

    要するに脈なしって事?


    「気になる先輩に好みの女性のタイプを聞いたら、『好きになった人がタイプ』と言われました。好みのタイプが分からないなら、好きになってもらう方法も分からないし…要するに私は脈なしって事かなと、アプローチするのを諦めました」(20歳/女性/学生)

    「好きになった人がタイプ」という返答を、脈無しのサインだととらえた人も。相手の好みが分からなければ、どうすれば相手が自分を好きになってくれるかも想像がつきにくいものですよね。

    そのため、「好きになった人がタイプ」という言葉を深読みして、自分は相手の恋愛対象外だと受け取る人もいるようです。

    気を引きたいのかな?と思う


    「相手は自分の気を引きたくて、思わせぶりな返事をしているのかなと思います。『好きになった人がタイプ』という曖昧な答え方をすることで、相手にいろいろ想像させることができると思うので…」(26歳/男性/介護福祉関係)

    相手の気を引きたくて、「好きになった人がタイプ」と答えるのでは?と思う人もいるようです。確かに「好きになった人がタイプ」という返答は曖昧なため、それだけ相手の想像力をかきたてる効果があるのかもしれません。

    恋愛の駆け引きの一環として、わざと思わせぶりなことを言って、相手に自分のことを想像させるテクニックもありますよね。

    恋愛経験の少なさを感じる


    「大人の男性ならば、自分の好きなタイプは自分で自覚しているものだと思います。『好きになった人がタイプ』という人は、自分の好みの傾向が分かるほど恋愛経験を積んでいないのかなって…つまり、過去に恋愛経験の少ない人なんだなと思います」(27歳/女性/研究職)

    「好きになった人がタイプ」の人は、恋愛経験が少ないと指摘する声も。過去に好きになってきた人を振り返れば、共通する特徴が一つや二つは見つかるものです。その特徴から、自分の好みのタイプが何となく見えてきますよね。

    「好きになった人がタイプ」の人は恋愛経験が少ないため、自分の好みのタイプを自覚していないのだと考える人もいるようです。