男性が「自分のものにしたい」と思う女性の特徴!男心を理解しよう!

  • 「自分のものにしたい」男性のアピールの仕方

    男性が女性に対して「自分のものにしたい」と感じるときは、かなり本気で惚れている状態と言って良いでしょう。自分のものにしたいほど強い恋心を抱く女性に対して、男性はどういう方法でアピールするのでしょうか?

    ここでは、男性が自分のものにしたい女性に対するアピールの仕方をまとめてみました。男性から次のようなアピールをされたら、その男性は真剣にあなたに惚れていると考えて良いでしょう。

    女性のことを何でも知りたがる


    恋する男性は、相手の女性にまつわる情報を何でも知りたくなるものです。特に「自分のものにしたい」というほど強い恋心を抱いている場合、相手の女性に関することならば、どんなささやかなことでも知ろうするでしょう。

    「自分のものにしたい」という気持ちには、相手のことを自分が全て知って理解しておきたいという男性心理が影響しています。そのため、他の人が特に関心を持たないような情報まで、興味を持って知りたくなるのです。

    好きな女性のことは何でも知りたいというのは、男性特有の相手を自分のものにしたいという気持ちの現れでもあるようです。

    クールな対応


    相手を自分のものにしたいという気持ちは、相手に対して優位な存在であるとアピールしたくなる気持ちにも繋がります。男性が女性に対して所有欲を感じている状態なので、所有される側である女性に対しては、自分の優位をアピールするため、クールな対応を見せることも。

    冷静沈着で落ち着いた対応をしてくれる男性には、女性としても頼もしさを感じるものです。そのため、男性は自分のものにしたい女性に対しては、クールな対応を心がけるようになります。

    冷静沈着でいたがるのは、相手を守るために冷静に判断できる自分でいようという気持ちの現れとも言えるでしょう。

    「自分のものにしたい」と言葉で言う


    ストレートに愛情表現するタイプの男性の場合、好きな女性に対して「俺のものになれよ」等と直接言葉でアピールすることも。自分のものにしたいと直接言葉にするのは、男性の気持ちが相当確かなものである場合が多いでしょう。

    「自分のものにしたい」という言葉以外にも、「彼女になってください」「付き合ってください」といった言葉は、男性が女性を自分のものにしたいという気持ちから出てくる言葉。

    男性の恋心は所有欲と結びついている傾向があるので、自然と告白の言葉にも、自分のものにしたいというニュアンスが現れることが多いようです。

    周りにも好意をオープンにする


    好きな女性を自分のものにしたい男性は、周りにも自分の好意をオープンにすることが多いようです。恋心を抱いていることを隠さずオープンにするのは、それだけ本気であるということと、周りの協力を得やすくなるからでもあります。

    自分が相手の女性に好意を持っていることをオープンにすることで、他の男性が彼女にアピールするのをけん制することもできます。他の男性をけん制し、周りを味方につけてでも手に入れたいという強い気持ちから、周りに好意をアピールする場合も。

    周りの人の協力が得られるかは場合によりますが、「自分のものにしたい」とまで感じるほど強い恋心を抱いている場合、恋心を周りに隠そうという気持ちもなくなるようです。

    頼れる部分を見せようとする


    男性は好きな女性の前では、男性として頼れる部分をアピールしたくなるもの。それは、自分のものにしたい女性に対して、自分はその女性を守れる男だとアピールしたい気持ちからのようです。

    悩み事の相談に乗って的確なアドバイスをしたり、女性が困っている問題を解決してあげたりすることで、自分のものにしたい女性に男らしい頼もしさをアピールすることができます。

    自分のものにしたいという気持ちは、自分が相手を守りたいという気持ちでもあります。そのため、「困ったことがあったら言ってね」と気を遣うなど、相手を守ろうとする言動も増えるのでしょう。