同期との恋愛は前途多難?社内恋愛のリスクや付き合う注意点も解説!

  • 同期との恋愛で気を付けるべきこと

    ここからは、同期との恋愛で気をつけるべきことを紹介します。

    同期との恋愛は仕事のモチベーションを高めてくれるものですが、その反面気をつけるべき点がいくつか存在するものです。次のようなことに気をつけないと、自分で自分を危ない状況に追い込むことになるので注意しましょう。

    できるだけ周囲には話さない


    同期と仲良くなっていること、そして恋愛関係へと発展していることは、できるだけ周囲には話さないようにしましょう。親しい同僚であっても、できるなら黙っておくべきです。どこから噂が流れるか分かりませんし、誰が聞いているかもわかりません。

    また、世の中にはそうした噂を嗅ぎつけようとする悪い人も多いです。面白い話のネタになるとすれば、群がってくる恐れもあります。より安全に同期と恋愛していきたいなら、できるだけ二人だけの関係で進めるべきです。

    ただ、どうしても相談役が欲しいのであれば、信頼できる人にだけ話しましょう。二人の共通の友人や同僚であれば、力になってくれる可能性が高いですよ。

    仕事とプライベートをきっちりと分ける


    同じ会社内にいるといっても、社内にいる間は一人の社会人です。当然、会社にプライベートを持ち込むわけにはいきません。そのため、仕事とプライベートはきっちりと分ける意識が必要になってきます。

    どちらも混同して考えてしまうと、どっちかに負荷がかかるでしょう。特に、会社には仕事をしに来ているわけですから、仕事そっちのけで恋愛に集中しては評価が下がります。他にも、周りから厳しい目で見られることになるでしょう。

    自分や同期の立場を悪くしたくないなら、きっちりと分ける意識が大切です。社内恋愛を楽しむのも良いですが、やりすぎないよう自制しましょう。

    社内ではイチャイチャラブラブしない


    同じ会社内に恋人や好きな人がいると、ついついイチャイチャラブラブしてしまう人もいるでしょう。しかし、こうした行動はまさに「付き合っています」と周りに告知しているようなものです。自らバレるきっかけを作ることになるので、バレたくないならしてはいけません。

    また、社内ではできるだけ二人きりになるのは避けましょう。二人きりでいることが多くなればなるほど、周りからは怪しまれます。「最近仲良いよね」「できてるんじゃ…」と噂されることも増えるでしょう。

    同期との恋愛は、楽しくなるつい周りが見えなくなるものです。意識して気持ちを自制させないと、思わぬところから関係がバレるので注意しましょう。

    うっかりミスにはよく注意する


    いくら振る舞いを互いに気をつけていても、人は気が抜けている時にミスをしやすいです。例えば、普段は苗字で呼び合っていても、ふとした時に名前で呼んでしまう。こんなことがあれば、付き合っていることを裏付けてしまうでしょう。

    そのため、うっかりミスにもよく注意すべきです。名前で呼んでいるなら苗字呼びを徹底する、二人きりで話し込まないなど、互いにルールを決めておきましょう。互いに意識を同じにすることで、うっかりミスや関係がバレるのを防ぐことができますよ。

    また、社内ではできるだけメールなどのやり取りも控えておきましょう。通知から周囲にバレてしまう恐れもあるので、社内にいる際には通知はオフにしておくことをおすすめします。
  • 注意!同期との恋愛がバレてしまう行動

    自分たちがいくら仕事とプライベートを分けているつもりでも、ふとしたところから関係がバレてしまうことだってあります。

    特に、次のような行動は二人の関係が深いことを裏付けるものです。自然とやってしまうものも多いので、改めて行わないよう意識しておきましょう。

    二人でいつも同じ時間に退社する


    同期だと、退社時間も被ることが多いでしょう。普通であれば、当然のことですから疑わないものです。しかし、二人でいつも一緒に退社するとあれば、勘の良い人なら「何かあるのかも…」と気づいてしまうでしょう。

    そのため、退社時間が同じであっても、会社を出るタイミングがずらした方が安全です。退社後にデートが決まっているのなら、どこかで落ち合うよう打ち合わせしておきましょう。

    会社は規模が大きくなるほど、多くの目が二人を見ています。知らない人から噂が立つ恐れもあるので、気を引き締めて付き合うようにしましょう。

    距離が近すぎる


    会社内の横の関係は、社会人なら仲が良いものとして認知されています。しかし、あまりにも距離が近すぎると、周りはそれ以上の関係ではないかと怪しむでしょう。これが同性なら友情が育まれたと思うでしょうが、異性ともあれば恋愛を疑います。

    だからこそ、距離が近すぎる行動は避けるべきです。例えば、二人で楽しく談笑したり、多くボディタッチをしたりといった行動はやめましょう。こうした行動は二人が仲が良いことを裏付けるものです。

    感の良い人なら、もっと些細な行動から関係を割り出すでしょう。世の中には社内恋愛に敏感な人も多いので、社内での接触はなるべく避けた方が得策ですよ。

    下の名前で呼び合っている


    晴れて恋人同士になると、下の名前で呼び合うことも増えるでしょう。しかし、だからといって社内でも下の名前で呼び合っていると、関係がすぐに周囲にバレます。親しいだけでは説明がつかないとして、叱責を受けることもあるでしょう。

    また、会社によっては規則として社内恋愛を禁止しているところもあります。恋人になっていないとしても、抵触するとあればペナルティを課される恐れもあるでしょう。だからこそ、関係がバレるような行動は控えるべきなのです。

    そのため、下の名前で呼び合っている時には会社内だけでも苗字呼びを徹底させます。互いにボロが出てしまわないよう、気をつけ合いましょう。

    えこひいきと呼べる態度や行動が多い


    周囲にバレてしまう行動といえば、えこひいきも挙げられます。例えば、やけに一人の女性(男性)を褒め称える、かばうといった行動は、周囲からえこひいきと取られるでしょう。二人の関係に何かあると、疑わせることになります。

    そのため、好意があるからといって、同期だけをえこひいきするのは辞めましょう。差し入れを入れるにしても、バレたくないなら人数分用意すべきです。個別に渡したいのであれば、社外で会った際に渡す方が安全といえます。

    同期に好意があると、ついつい会社内でもひいきしたくなるでしょう。しかし、ひいきによって噂が立ってしまう恐れもあるので、よく考えて行動すべきです。