同期との恋愛は前途多難?社内恋愛のリスクや付き合う注意点も解説!

  • 同期との恋愛はデメリットも?

    同期との恋愛はメリットもあれば、当然デメリットも存在します。

    また、同期だからこそデメリットは理解しておくべきです。バレやすい関係といえるので、付き合う場合には注意や工夫が必要になります。

    社内恋愛禁止の会社もある


    同期と恋愛をしたくても、そもそも社内恋愛を禁止している会社も多いです。社内トラブルを防ぐ目的で禁止と定めているところも多いため、恋愛をする前に社内規則を確認した方が良いでしょう。特に、安全に恋愛したいなら確認は欠かせません。

    また、隠れて社内恋愛する場合には細心の注意が必要になります。当然バレた時にはペナルティが課されるでしょうし、そうならないよう他人みたいに振舞うことになるでしょう。

    そのため、勤めている会社によっては得られるメリットが少なくなってしまう場合も。より伸び伸びと社内恋愛したいなら、社内規則を事前に確認しておくことが大切です。

    別れた後に仕事がやりにくくなる


    同期との恋愛は、上手くいっているほど多くのメリットを得ることができます。しかし反対に、別れたとあれば厳しい現実が待っているでしょう。特に、別れた後は嫌でも会社で顔を合わすことになります。

    顔が見たくないほど傷ついていても、嫌でも相手と挨拶を交わさなければいけないのです。身勝手な行動で社内の雰囲気を乱すわけにもいきませんから、辛い日常が待っているでしょう。

    そのため、同期と恋愛するなら別れたときのデメリットについてよく理解しておくべきです。社内恋愛は楽しいことばかりではないので、よく注意しておきましょう。

    恋愛状況がモチベーションに繋がりやすい


    社内恋愛はモチベーションが上がりやすい一方で、状況によっては反対に下がってしまう恐れがあります。特に、恋人と喧嘩したとあれば、仕事でもイライラすることが多くなるでしょう。嫌でも相手と仕事を一緒に行わなければいけないので、周りに迷惑をかける恐れもあります。

    また、モチベーションが下がることで評価に影響を及ぼす恐れもあるでしょう。他にも、互いに険悪になることで、周囲に関係がバレる可能性もあります。

    同期との恋愛を周りにバレずに進めるためには、自分の感情コントロールも必要になってくるでしょう。特に、怒りや悲しみといったものは仕事ときっちり分けなければいけません。

    噂になると居心地が悪くなる


    どこの会社にも、噂好きな人は一人や二人いるものです。こうした人たちに関係を怪しまれると、あることないこと噂される可能性があります。万が一にでも噂になると、会社内で居心地が悪くなる恐れもあるので注意しましょう。

    良い噂であれば気にしすぎる必要はありませんが、基本的に噂というものは悪いものばかりが流れます。自分たちの関係について良くない噂が立てば、評価に影響を及ぼしかねません。果てには異動や退社勧告といったペナルティを課される場合もあるでしょう。

    同期との恋愛は、まさに綱渡り状態のものになります。常に安全な道を歩めるわけではないからこそ、相当な覚悟が必要といえるでしょう。
  • 同期との恋愛を発展させるには?

    ここからは、同期との恋愛を発展させるための方法を紹介します。

    どんなペナルティやデメリットがあろうと、恋は簡単に諦められるものではありません。だからこそ、進展を望むなら自分から次のような行動を取っていきましょう。

    仕事の悩みを相談する


    同期との距離を縮めたいなら、まずは仕事の悩みを相談してみましょう。人は相手から相談されると、「頼られている」として嬉しい気持ちになります。特に、「あなたしか相談できない」といった哀愁漂う雰囲気で相談すると、より親身になって話を聞いてくれるでしょう。

    ただし、相談する時はなるべくあっさりとした内容を心がけます。あまりに重く暗いものは、相談される側も嫌に感じるからです。気軽に相談できる内容にした方が、より相手もアドバイスをしてくれるでしょう。

    また、相談に乗ってくれた時には必ずお礼をします。些細な相談でも、都度感謝することで好感度を上げることができるでしょう。

    飲み会で距離を近付ける


    会社で定期的に飲み会が開催されているなら、飲み会の席で一気に距離を縮めるのもおすすめです。例えば、飲み会では必ず真っ先に隣の席をキープしましょう。真正面に座るよりも、隣に座った方が関係を深めやすいと言われています。

    また、飲み会では相手の話に耳を傾けてあげましょう。人は自分の話を聞いてもらっていると自覚すると、心地よい気分になるものです。もっと相手と話をしたいという気持ちにさせることができるので、積極的に質問をして話を引き出しましょう。

    ただし、聞き手に回るだけでは相手は飽きてきます。こちらからも話を持ち掛け、周りが入る隙のないくらい同期を独占しましょう。

    残業を助けてあげる


    同期が残業で困っているなら、それを助けてあげるのも効果的です。自ら苦労を買って出ることで、好感度も上がるでしょう。また、手助けが無理な場合には、差し入れとしてお茶やおにぎりといったものを買ってきてあげると好感度を上げることができます。

    こうした些細なサポートでも、相手は嬉しく思うものです。反対の立場になった時には、同じことをしてあげたいとも思うでしょう。より二人が仲良くなるきっかけとなるため、残業を手伝えるなら積極的に声をかけるべきです。

    ただし、中には残業を押し付けてくる人もいます。好意を得るためといっても、同期の仕事に手を出しすぎないことも大切です。

    同じプロジェクトに携わる


    可能であるなら、同じプロジェクトに携わってみるのもおすすめです。同じプロジェクトに携わることで、同じ目標を達成しようとする意識が芽生えます。共に行動することも増えるので、関係を一気に進めることもできるでしょう。

    また、プロジェクトが成功した暁には、達成感と共にかけがえのない仲間という意識が芽生えます。そこから恋愛が始まるパターンも多いので、より恋愛のきっかけが欲しいなら同期と同じプロジェクトに参加しましょう。

    ただ、同じプロジェクトに携わる以上、求められるのは努力と結果です。恋愛よりも仕事を意識しなければ、同期から悪い印象を持たれてしまうので注意しましょう。