同期との恋愛は前途多難?社内恋愛のリスクや付き合う注意点も解説!

社内恋愛は危険といえど、時には同期への想いを捨てきれないこともあるでしょう。今回はそんな人のために、同期との恋愛を進めるにあたって注意すべきことを紹介します。安全に社内恋愛をしていきたいなら、バレないよう工夫をしながら関係を進めましょう。

  • 会社の同期との恋愛はあり?なし?

    会社に入社すると、同期と呼ばれる仲間に囲まれることもあるでしょう。そんな時に、気になる異性がいると仕事のモチベーションも上がりますよね。「これから仕事を頑張ろう」という意識以外にも、恋愛意識も芽生えてしまうでしょう。

    しかし、会社の同期との恋愛は前途多難といわれています。公に恋愛できる場所ではないからこそ、注意すべきことも多いでしょう。バレてしまった場合には、思わぬペナルティを課される恐れもあるほどです。

    だからこそ、会社の同期との恋愛を望むなら注意すべきことを知っておきましょう。どんなことに気をつければ良いのか理解しておけば、安全に恋愛することができますよ。
  • 同期との恋愛はメリットがいっぱい!

    同期との恋愛はデメリットばかりが目につきやすいですが、意外なメリットも多いと知っているでしょうか?

    ここでは、同期との恋愛のメリットを紹介します。次のようなメリットがあるからこそ、仕事を頑張ろうという意欲に繋がるのです。

    仕事の悩みを分かち合える


    同期とはさまざな仕事の話をしますよね。今携わっているプロジェクトの話以外にも、悩みや困ったことを分かち合うことも多いでしょう。同じ立場で仕事に携わっているからこそ、感じることも似ています。

    そのため、困った時には心強い味方になってくれるでしょう。同じ悩みを共有しているからこそ、友情も育みやすいです。それ以上の感情へと繋がりやすくなるため、カップルとして結ばれるのも早くなります。

    ただし、同期といってもさまざまなタイプがいるでしょう。誰もが自分と同じ悩みを持っているわけではないため、時には厳しいことを言われる覚悟も必要です。

    お互いのスケジュールを把握しやすい


    同じ会社に勤めているからこそ、お互いのスケジュールを把握しやすいというメリットがあります。務める部署は違っていても、同じ会社内であれば接点も多いでしょう。休憩時間にでも互いに話す機会を設ければ、スケジュールのやり取りも可能です。

    また、急な変更があっても「仕方ない」と割り切ることができます。同じ会社にいるからこそ、内部事情についても多少は情報を得られるからです。向こうの仕事が忙しいとあれば、スケジュール変更についても理解を示しやすいでしょう。

    互いに上手に折り合いをつけて付き合うことができるので、スケジュールに関するストレスを感じにくいというメリットもありますよ。

    仕事のモチベーションを高めやすい


    恋愛は心に活力を生んでくれるものです。好きという感情が体を動かす原動力に繋がりやすいので、仕事のモチベーションを高めやすいでしょう。特に、同じ部署にいればいつでも顔を見ることができます。

    これによって、「今日も一日頑張ろう」「見ているから失敗できない」と前向きな気持ちでいられるでしょう。違う部署であっても、仕事が終わればすぐに会えるというウキウキ感がモチベーションを高めてくれます。

    そのため、仕事に対して嫌な印象を抱いているならモチベーション維持のために社内恋愛をしてみるのもおすすめです。

    一緒に居られる時間が長い


    同じ会社に勤めているので、自然と一緒にいる時間が増えます。例え違う部署であっても、すれ違いざまに顔を見ることもできるでしょう。お昼時間が同じであれば、共に昼食を取ることも可能ですよね。

    他のカップルと違い、会社にいる時間も一緒にいられる。こうした状況は、誰もが「欲しい」「叶えたい」と思うものです。常に顔を合わせることができなくても、同じ会社にいるだけでもモチベーションは高まってくるでしょう。

    また、帰り時間を合わせればさらに一緒にいられる時間が増えていきます。二人の状況次第では、互いを感じられる時間をさらに増やすことができるでしょう。