恋人に別れを告げられた!つなぎとめる方法や辛い時の対処法を伝授

  • 別れを告げられた!つなぎとめる方法は?

    別れを告げられた時、すぐに受け止めることができればいいのですが、なかなかそうもいきません。ましてや、こちらに好きな気持ちが残っていれば、「別れたくない」「もう一度やり直せないか」と願ってしまいますよね。

    ここでは、恋人から別れを告げられた時に相手の心を繋ぎとめるための方法をご紹介します。

    あえてあっさり受け入れる


    相手から別れを告げられた以上、ジタバタしても仕方ありません。ここはあえてあっさり受け入れてしまいましょう。

    相手から別れを告げられたということは、必ず何か原因があります。また、その原因は相手にとって別れを選択するほど大きな問題です。その原因を解消することもなく「別れたくない」と自分の気持ちを主張してもなかなか受け入れて貰えないでしょう。

    ここであえてあっさり受け入れることで、相手の思いを尊重したことになります。頭と心の整理の時間を与えてから、改めて復縁のために動いた方が賢明かもしれません。

    一旦距離を置く


    後悔しない選択をするためにも一旦距離を置き、この先2人で歩むことができるのかをフラットな状態で考えて話し合ってみるという手もあります。

    ただし、一旦距離を置くという方法が有効なのは喧嘩の流れなどその場の勢いで別れを告げられた場合のみです。喧嘩をしてお互いに感情が高ぶっている時や、一方的に怒っている時は冷静に物事が判断できていないので頭を冷やす必要があります。

    勢いで別れてしまう事を防ぐためにも、距離を置いて冷静になる時間を作ってみましょう。

    考え直させる


    相手から別れを告げられたら、まずは考え直すように説得してみましょう。

    別れる時は、後悔しない為にも十分お互いに話し合ってから決める事が大切です。もし、話し合いが不十分な状態で別れを告げられたら「原因はなにか?」「改善できるところはないか」を改めてしっかり聞き出しましょう。

    もしかしたら、自分が知らないところで不満を感じていたり思いがすれ違っていただけかもしれません。改善できるところを提案した上で、もう1度考え直してほしいということを伝えてみるとよいでしょう。

    別れを告げられた原因を把握し、チャンスをもらう


    別れを告げられた原因をキチンと把握し「○○までに改善が見られなかったら、別れる」と期限を決めてやり直すチャンスをもらってみましょう。

    やり直す期間をしっかり決める事で、相手もその間はもう一度真剣に向き合ってくれる可能性があります。その期間の間に、相手が不満に思っていることを改善する努力を見せれば見直してくれるかもしれません。

    しかし、以前から何度も注意を受けていたのに改善されなかったといった場合はそのチャンスは巡って来ないでしょう。チャンスは何度も与えてもらえるものではないので、1度注意を受けたら真摯に向き合う事が大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)