恋人に別れを告げられた!つなぎとめる方法や辛い時の対処法を伝授

  • 別れを告げる前に相手から出るサイン

    心の準備もできないまま、突然恋人から別れを告げられたなんてことはできるだけ避けたいもの。では、どのようなサインが出たら別れを告げられる前兆なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

    態度が急に冷たくなった


    思い当たる節が無いのに態度が急に冷たくなった場合は、別れを告げる前のサインかもしれません。

    会った時に暗い顔をするようになったり、会話を投げかけても空返事で盛り上がらないなんてことが続いていたら要注意です。

    恋人に対して興味を失ってしまっていたり、他に好きな人ができてしまっていたりすると顕著に表れるでしょう。一緒にいる時間が楽しく感じていないか、何か後ろめたいことがあり冷たくしている可能性があります。

    連絡の頻度が少なくなった


    連絡をする頻度というのはカップルの間でそれぞれですが、前よりも連絡の頻度が少なくなったなあと感じる場合は別れのサインの可能性があります。

    「うん」だけの返信が続いたり、スタンプしか送って来なかったりするのも連絡が億劫だと感じている証拠。ある日、突然別れを告げられたなんてことになるかもしれないので注意が必要です。

    ただし、相手の環境が変わった直後や体調不良が続いている時は、単に忙しさや具合の悪さで返信が少ないという事もあり得ます。相手の状況をよく見て判断しましょう。

    電話に出てくれなくなった


    こちらから電話をしても、なかなか出てくれなくなった時は別れのサインの可能性があります。

    何度電話をかけても留守電になってしまったり、折り返しが無くラインのメッセージで返事が来るといった行動が増えている場合は、直接会話をしたくないという意思表示です。極力、接触を避けて距離を置きたいという心の現れでしょう。

    出てくれないからといってあまりしつこく電話するのは逆効果なので、注意が必要です。

    次に会う約束をしてくれなくなった


    こちらから何度も催促しているにも関わらず、会う約束をなかなかしてくれなくなった場合は別れることを考えているかもしれません。

    2人の関係が順調な時は、次に会う約束もスムーズなものです。また、会えなかったとしても埋め合わせをしてくれるはずですよね。会う時間を捻出してくれなくなったということは、一緒にいたいと思っていないのかもしれません。

    会ってくれなくなることが極端に増えた場合は、別れの前兆の可能性があります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)