恋人に別れを告げられた!つなぎとめる方法や辛い時の対処法を伝授

恋人に別れを告げられた...誰しもが1度は経験をしたことがあるのではないでしょうか。好きな人との別れはできれば避けたいもの。ベストな対応を知っておきたいですよね。この記事では、恋人に別れを告げられた時の対応や辛い時の対処法をご紹介します。

  • 恋人に別れを告げられた…ベストな対応って?

    恋愛に別れはつきものです。とはいえ、実際に恋人から別れを告げられたら辛くて逃げ出したくなりますよね。大好きな恋人との突然の別れに、どうやって対応したらいいのか思い悩む人も多いのではないのでしょうか。

    この記事では、恋人に別れを告げられた人達の体験談や辛い時の対処法などをご紹介します。
  • 別れを告げられた!原因は?

    性格の不一致や結婚観の違いなど、恋人との別れを決める理由は人それぞれあります。では、世の恋人たちは一体どのようなことが原因で別れを決めているのでしょうか。別れを告げられた原因について、詳しく見ていきましょう。

    他に好きな人ができた


    「他に好きな人ができた」という理由で別れを告げられたら、深く心が傷つきますよね。しかし、恋人以外に好きな人ができてしまった場合、その気持ちを押し込んだまま付き合い続けることはできないでしょう。

    なぜなら、もう気持ちが薄れているのにも関わらず付き合い続ける方が、もっと相手を傷をつけることになるからです。

    恋人との関係がマンネリ化していたり関係がうまくいっていなかったりすると、身近にいる異性が急に魅力的に見えてしまったりします。そのままどんどん思いが強くなってしまった事が原因となり、別れを告げられたのかもしれません。

    結婚を考えられない


    付き合っていく中で「結婚が考えられない」という結論に至ってしまった為に、別れを告げられたのではないでしょうか。

    結婚が視野に入っていない関係であれば、価値観が違っていても多少はスルーすることができますよね。しかし、結婚を視野にいれた付き合いの場合はそうはいきません。

    価値観以外にも経済面、義両親との関係、子ども、自分の仕事の事など総合的に考えて「この人と一緒にいて幸せになれない」と判断をしたと考えられます。

    束縛に堪えられない


    毎日電話することを強要したり、LINEの返信が遅いことをを執拗に責めたりなどの必要以上の束縛が別れを告げられた原因かもしれません。

    束縛をされると、最初のうちは「愛されているな」と感じるものの心身ともに疲弊していきどんどん愛情が薄れていきます。時間が経つにつれて、相手から離れて自由になりたいと望むようになってしまうのです。

    過剰な束縛は、相手を信用できないという心の現れです。相手が本当に好きで別れを告げられたくないのであれば、相手を信用する強い心を持つことも必要でしょう。

    喧嘩が多い


    頻繁に喧嘩が起こっていた場合、一緒にいる時間が苦痛に感じていたことが原因で別れを告げられたのかもしれません。

    恋人同士になるとお互いの意見がぶつかって喧嘩になることはよくあることです。とはいえ、あまりに頻繁だと一緒にいる時間が苦痛になってしまうでしょう。

    また、暴言や暴力に発展するほど激化してしまったり、言ってはいけないボーダーラインを越えてしまったりすると関係を修復するのは困難になってしまいます。