セフレの関係をやめる!体だけの関係になる原因&やめる方法も解説

なぜ、セフレという関係が存在するのでしょうか。この記事では、恋人ではない男性に身体を許してしまう女性の心理を検証します。また、現在もセフレの関係を続けている女性は、その関係をやめるための方法を見出しましょう。自分の価値を陥れないためにも、セフレをやめる決断は大事です。

  • セフレをやめる!辛い状態から抜け出そう

    セフレの関係をやめるのは簡単でしょうか。

    恋人ではない人とセックスをしてしまったとき、一夜だけの相手で終わったなら、セフレとも呼べない関係ですし、断ち切るのは簡単です。しかし、一夜で終わらずにずるずる続いてしまうセフレには、それなりの良さを感じているわけですので、やめるのが大変なはず。

    それどころか、恋人ではないセフレに対して恋心を持ってしまうことだって考えられます。彼女になれないのに、身体だけの関係を続けていくと、心が消費してしまいますよね。

    その辛さから、「もうやめる」と何度決意しても、「会いたい」と言われれば会ってしまう…そんな葛藤を続けている女性に向けて、セフレをやめる方法をご紹介していきます。
  • そもそもセフレになってしまう原因

    恋人でない男女が、恋愛をせずにセックスするための関係を続ける。それがセフレの定義です。

    何度もセックスをするのに、恋人同士にならないのは、どういうことなのでしょうか。セフレをやめるためには、関係の成り立ちを自覚する必要があるかもしれませんよ。

    お互いが好きだと言い出せない


    ただセフレと言っても、そこに感情がないとは言い切れないはずです。本当はお互い好きなのに、セフレから始まった関係から先に進む勇気がなく、言い出せないだけかもしれません。

    お互い、恋愛感情があるから二人で会い、セックスをしたのに、告白する勇気がなければ進展しませんよね。少し正直になればセフレじゃない関係になれるはずなのに、拒まれるのが怖くて、関係が進まないのです。結果的に、セフレで落ち着いてしまったのでしょう。

    こういった、両片思いと言われる関係は、お互いにセフレをやめることを望んでいるでしょう。断ち切るための「やめる」ではなく、ポジティブな方向で「やめる」こともありえますよ。

    相手に恋人がいるから


    セフレの関係ができあがるパターンとして一番多いのが、男性側に彼女がいるケースです。女性側は男性のことが好きで、セックスをするけれど、本命彼女の立場にはなれないのでしょう。

    これは、そもそも男性側に彼女がいる状態でも、女性の「一緒に居たい」気持ちが優先されてしまい、身体を許してしまったことに原因があります。付き合っていない男性とはセックスをしないと決めていれば、こうならないでしょう。ただ、このパターンは往々にしてありえることなのが事実です。

    セフレに片思いをしている女性は、セフレをやめることを望んでいるはず。彼女に昇格が難しそうであれば、関係をすべて断ち切りたいと思うのも不思議なことではありません。

    自分に恋人がいるから


    男性側に恋人がいるパターンだけではありません。女性自身に彼氏がいて、ほかにセフレをつくることだってありえます。端的に言ってしまえば、浮気行為です。

    彼氏にするほど好きではないけれど、セックスしたいと思うくらいには興味がある…そんな男性に出会ったら、彼氏がいてもセックスしてしまうことがあるでしょう。または、未練を断ち切れていない元彼とセフレになるパターンもあります。

    どちらにしろ、自分の浮気性に嫌気が差したり、彼氏に対して罪悪感を持っていたりすれば、セフレをやめることを考えるはずです。

    恋人関係には向かないけど身体の相性がいい


    性格は合わないけれど、身体の相性がいい男性なら、恋人ではなくてセフレの関係で落ち着いてしまうことがあるでしょう。

    付き合ってしまうと、性格の不一致は致命的なデメリット。しかし、ただセックスをする相手であれば、やや気に食わないところも目をつぶれます。

    お互いの性欲の解消のため、都合よくセフレの関係を続けていけるなら、やめる選択肢を考えることはあまりないかもしれません。このパターンなら、どちらかの恋愛事情に変化があり、「やめる」と言い出すまでは、納得したかたちでセフレを続けていけることもあるでしょう。