蠍座男性の性格を調査!プライド高め?アプローチ方法についても解説

蠍座男性は性的魅力が強く、セクシーで容姿の良い人が多い傾向にあるといわれています。しかし口下手で奥手なので、蠍座男性と恋愛するには、まず蠍座男性をよく理解しないとなかなかうまくいきません。今回は蠍座男性の基本的な性格から恋愛傾向まで分析します!ぜひ参考にしてください。

  • 蠍座男性について知りたい!性格や好みのタイプは?

    12個ある星座の中で、最も秘密主義なのが蠍座です。そのためミステリアスなイメージが強く、どことなく近寄りがたいオーラをまとっています。

    しかし近寄りがたいとはいえ、性的魅力にあふれる蠍座男性はかなりのモテ男。蠍座男性に恋心を寄せている女性も多いはずです。ただ、蠍座男性はたとえ好きな女性ができても本心を隠してしまうので、何を考えているのか分かりにくい傾向があります。

    この記事では蠍座男性はどんな恋愛を望んでいるのかについて、ホロスコープ(12星座)から蠍座男性の性格や恋愛傾向を分析し、蠍座男性にとって最適な恋愛とは何かを解説します。ぜひ参考にしてください。
  • 蠍座男性の性格・特徴≪前編≫

    気になる恋愛傾向を知る前に、まずは蠍座男性の性格や内面を丸裸にしていきましょう。彼がどんなことを考えているのか、本心を隠しがちな蠍座男性の考え方の傾向が分かると恋愛方法もおのずとわかってくるはずです。

    目標に向けて粘り強く努力する


    蠍座男性はとにかく努力家。努力に関しては、12星座の中でも蠍座が突出してストイックです。一度決めると頑固なまでに目標に向かって努力を続け、達成するまでどんな困難があってもやり抜きます。

    そして目標への障害があればあるだけ、燃えるタイプです。蠍座男性のマックスな本気度はときに周りの人を圧倒するほど。あまりにストイックなので周りの人に「そこまでやらなくても…」と言われることも多いでしょう。

    しかし、その粘り強さによってどんなに困難なこともやってのけるのが、蠍座男性の長所であり強さです。ただ周りにも同じことを求める傾向があるので、少し寛容性を持つと良いですね。

    プライドが高い


    蠍座のプライドの高さは、獅子座に匹敵するほど。獅子座男性のように分かりやすく「褒めて!」というオーラは出しませんが、その代わりに、けなされたときの蠍座の怒りは手が付けられません。

    すぐにカっとなるタイプではないのですが、静かに怒りに震えるタイプなのです。そしてプライドを傷つけられたことを忘れません。

    ストイックな蠍座男性のプライドは、彼が費やした汗と涙の努力に裏打ちされたもの…。決して名ばかりのプライドではありません。

    蠍座男性には人にはできない努力をしてきたという自負があるため、彼のプライドは絶対に譲れないものなのです。

    誠実でウソが嫌い


    良くも悪くも白黒はっきりさせたい蠍座男性は、とても誠実で嘘が大嫌いです。蠍座男性はやや人づきあいが苦手なのですが、仲良くなる人には一番に誠実さを求めます。それは蠍座男性が一番に「信頼」を重んじているからです。

    友人や恋人には誠実さをもって接する蠍座ですが、仲良くなるまで「この人は本当に信頼できる人だろうか?」と試すことがあります。それほど慎重に友人や恋人を選ぶので、蠍座男性は嘘をつかれると裏切られたと思うのです。

    蠍座男性にグレーゾーンはありません。蠍座にとって嘘は悪いことであり、彼らにとって誠実さが全てなのです。

    近寄りがたい雰囲気がある


    秘密主義の蠍座男性は、本心を隠す癖があるのでどことなく近寄りがたい雰囲気をしています。例えば本当はAだと思っていても、ついBだと言ってしまったり…、欲しいものを「欲しくない」と言ってしまったりすることも。

    そのため、付き合っていると蠍座男性の言動に振り回されることも多いでしょう。しかしこれは嘘をついているわけではありません。ただ本音を言うことが怖い…もしくは慣れていないだけです。

    人づきあいが悪いわけではないのですが、本音を言うことが苦手なのでつい壁を作ってしまいます。その壁を超えてしまうと中にはとても優しい男性が隠れているのですが、その内に入れるのはほんの一部の人だけなのです。

    頑固


    頑固さでいえば蠍座男性は12星座の中でも1.2を争うほど。蠍座男性のストイックさやプライドの高さは、その頑固さからきています。

    蠍座男性が一度決めたら頑として譲らないその頑固さは、ときに周りの人と衝突してしまうでしょう。しかしどんなに周りと衝突しても、自分の意見は譲れません。

    もちろん蠍座男性の中には自分の意見をぐっと心にしまい込む人もいるでしょう。しかしそれは言わないだけで、意見を変えたわけではありません。またそれほど頑固なので、コロコロ意見を変える人のことが苦手です。