夢占いでの「空」の意味は?青空や夕焼けなどパターン別に詳しく解説

空が印象に残る夢を見たら、「どういう意味なんだろう?」と気になるのではないでしょうか。実際に大きな地震の前などには、空がいつもと違って見えるといった説もありますよね。そこで今回は、夢占いでの「空」の意味を、空のパターン別に詳しく解説します。

  • 夢占いで「空」は何を暗示している?

    忙しい毎日を過ごす中で、「ゆっくり空を見上げる暇もない」という人も多いでしょう。とはいえ、天気が気になって空を見上げることもあれば、沈む夕日が作り出すきれいな夕焼けに、ホッとすることもあるのではないでしょうか。

    そんな空が印象的な夢を見たら、「あの空には、いったいどんな意味が込められていたんだろう」と気になりますよね。そんな時は、夢占いで夢の意味を紐解くのがおすすめです。夢には嬉しいメッセージや暗示、時には警告も込められているため、占いで意味を知っておけば、役に立つでしょう。

    今回は、そんな空の夢が持っている夢占いの意味を、青空や夕焼け空などさまざまなパターン別に詳しくご紹介します。
  • 夢占いでの空の意味≪天気別≫

    空を見上げる機会で最も多いと言えば、天気が気になる時ではないでしょうか。曇り空だと傘を持って行こうかどうしようか、悩みますよね。そんな天気に関する空の夢は、占いではどんな意味になるのでしょうか。

    まず最初は夢の中に出てきた空の占いの意味を、天気にスポットを当ててご紹介します。

    青空の夢


    夢占いで青空が象徴しているのは「澄み切った心」です。現実でも雲一つない青空を見た時は、スッキリした気分になりますよね。

    さらに夢占いでは、青空は迷いがなく、やるべきことに集中できていることを知らせています。運気も上昇していますので、思いもしなかった幸運な出来事が起こったり、素敵な異性と出会える暗示を持つ吉夢です。

    また、曇り空だったのが一転して雲が晴れ、青空になった夢占いの意味は、迷いごとや悩みが払しょくされる暗示。これから事態が好転してよくなっていくという、明るい見通しを知らせています。

    曇り空の夢


    曇り空の夢は、夢占いでは警告夢となります。

    曇り空の夢は、心に迷いがあったり、憂鬱な時によく見る夢です。また、先の見通しが立たず、途方に暮れている時にも見やすいでしょう。

    曇り空の夢は、「心を整える必要がありますよ」という警告を送ってくれています。そのため、自分が現在置かれている状況をしっかりと把握することが大事です。

    その上で、身の周りの整理整頓を行うと運気が変わり、事態が好転します。曇り空の夢を見た時は、自分自身としっかり向き合い、身の周りを整理整頓してみてくださいね。

    雨が降っている空の夢


    雨は作物が育つにためには欠かせないものですよね。これが、昔から「恵みの雨」と言われる一番の理由です。そのため、夢占いにおいて雨は「幸運」の象徴となります。

    現実では雨の日は「雨か。鬱陶しくていやだな」と感じる人も多いでしょう。けれど、雨が降っている空の夢は吉夢です。

    ただし、幸運の訪れを暗示する吉夢となるのは、雨が降っている空を見て明るい気持ちになる場合に限られます。嫌な気持ちになったのなら、近い将来、トラブルや問題が起こる暗示です。

    また、災害を引き起こすほど土砂降りの雨の空は、夢占いでは困難や障害の象徴。凶夢になりますので、くれぐれも用心してくださいね。

    すっきりと晴れ渡る空の夢


    すっきりと晴れ渡る空は、夢占いでは未来の心境を表しています。現在抱えている悩み事やトラブルが近いうちに解決される暗示ですので、間もなく穏やかな心境になり、晴れやかな気持ちになれるでしょう。

    実際、すっきりと晴れ渡る空を見た時は、気持ちが晴れ晴れとしますよね。悩みやトラブルで暗い気持ちになっている時に、すっきりと晴れ渡る空を見たなら、「まもなく悩みから解放される」と信じて待ちましょう。きっと良い方向へ向かうはずです。