恋人と別れるべきか悩む…!診断方法や別れない場合の対処法も伝授

  • 恋人と別れるべきか?別れない場合の覚悟

    恋人と別れるべきか診断しても、結果として別れない道を選ぶ人もいるでしょう。

    しかし、関係性によっては次のようなことを覚悟しておくべきです。特に、恋人に問題がある場合には、診断結果の通りにしないことで辛い未来を選んでしまうこともあるでしょう。

    結婚や出産は望めないかもしれない


    二人の関係性によっては、結婚や出産は望めない可能性があります。例えば、恋人とセックスレスを抱えていたり、どちらかに浮気癖があれば苦労が続くでしょう。自分に結婚や子育ての希望があっても、希望がかなえられるとは限りません。

    また、別れない道を選ぶことで、必要のない苦労を背負い込んでしまう場合も。互いに思うような問題がない場合には関係を修復し、良い未来を引き寄せることもできます。しかし、それが難しいのであれば覚悟はしておくべきでしょう。

    どんな診断結果であれ、恋人と別れられないのであれば覚悟は必要です。覚悟をしてまで今の恋人と関係を続けるか、よく考えましょう。

    人と比べて惨めになるかもしれない


    今の不満を抱えたまま付き合い続けることで、人と比べて惨めになってしまう恐れがあります。特に、関係が改善されない場合には、今感じている不満や辛さを今後も味わうことになるでしょう。これによって、周りと比べたときに惨めさを感じてしまうのです。

    自分がその惨めさを背負う覚悟があるなら、今の恋人と関係を続けるのも良いでしょう。しかし、その覚悟がないなら別れるべきです。そんな辛さや惨めさを背負ってまで、今の恋人と関係を続ける価値があるか、今一度考え直すべきでしょう。

    ですが、どうしても今の恋人にこだわるなら、覚悟は必要です。自分の意思を曲げずに貫く覚悟をしておかなければ、結果として自分だけが傷つくでしょう。

    また浮気をされるかもしれない


    今の恋人に浮気癖がある場合には、何度「もうしない」といわれても、また浮気されるかもしれません。浮気は癖みたいなもので、人によっては辞めようとしても何度も繰り返してしまいます。そのせいで、何度も同じ辛さや悲しみを味わうことになるでしょう。

    浮気される覚悟もしておかなければ、必要以上に自分が傷つくことになります。また、浮気を追求するたびに関係に亀裂が入るでしょう。今の恋人と上手くやっていくためには、自分が我慢する部分もより大きくなります。

    そのため、恋人と別れるべきか悩んだ場合には、安易に関係を続けることを選ばないことが大切です。特に、恋人に問題がある場合には、診断結果も踏まえてよく考えましょう。

    自分ばかり苦労や我慢を強いられるかもしれない


    別れるべきか悩んでいるのは、主に恋人に関する問題ごとがあるからですよね。そんな恋人と付き合っていくことは、言い換えれば苦労や我慢を自ら背負うことと同じです。また、恋人が自分の行いを改めなければ、自分ばかりが辛い思いをすることになるでしょう。

    そのため、そうした覚悟が持てないのであれば改めて関係を見つめなおすべきです。自分がその苦労や我慢を甘んじて受け入れられないのなら、別れも決意すべきでしょう。いくら好意があったとしても、変えられない現実もあります。

    今の恋人に愛情を感じていると、なかなか別れられないという人も多いでしょう。しかし、一番に考えるべきは「自分の幸せ」であることを忘れないようにしてくださいね。
  • こんなカップルは別れるべき!

    いくら診断を重ねても、やはり「別れるべきか…」と悩んでしまうこともあるでしょう。

    そんなときには、次のような診断もおすすめです。次のようなカップルに自分たちが当てはまらないか考え、当てはまる場合には別れを決断すべきでしょう。

    価値観が全く合わない


    価値観の不一致は努力や歩み寄りで改善できることもありますが、全く合わない場合には一緒にいるだけストレスに繋がりやすいです。そのため、顔を合わせる度に喧嘩をしてしまうなら、そもそもの相性が悪いと考えられます。

    また、価値観が全く合わないと、相手のやること全てにイライラを感じるように…。別れをより意識するようになり、心も違う人へと傾いていきます。こうした状況にあるなら、今の恋人にすがるよりも関係を白紙に戻した方が身のためでしょう。

    しかし、互いに「歩み寄ろう」という意識がまだ残っているなら、別れるべきではありません。関係改善へと歩み寄っていけるなら、まだ努力を続けるべきでしょう。

    浮気癖がある


    どちらかに浮気癖があるカップルも別れた方が良いです。他の診断でいくら思いとどまる部分が多くても、浮気は強いストレスに直結します。自分にいくら相手を想う気持ちがあれど、相手が浮気をしては関係も崩れていくでしょう。

    また、浮気癖がある人と付き合っていても、幸せになれるとは限りません。最悪の場合には、いいように扱われてしまう恐れもあります。結果として自分が本命扱いされない可能性もあるため、こうした恋人とは早々に別れるべきでしょう。

    中には「反省している」「もうしない!」と約束を誓う人もいますが、浮気は一種の癖といえます。その言葉を何度も聞いてきたという場合には、いよいよ別れを決意すべきでしょう。

    金銭問題が多発している


    恋人と別れるべきか悩んでいる場合には、恋人同士の間で金銭問題が多発しているか診断してみましょう。カップル間でお金の貸し借りがある場合には、将来的に大きなトラブルに繋がりかねません。特に、未解決の問題があるならなお更別れた方が良いでしょう。

    今は安定した関係が築けていたとしても、金銭トラブルは人の心を蝕みます。返済が遅れればそれだけ相手に不満や不安を溜め込むでしょう。互いに悪い影響しか与えない問題だからこそ、別れるべきか悩んでいるなら決断すべきです。

    ただし、別れる場合にはきちんと金銭問題は解消しておきましょう。解消しないまま別れると、問題が泥沼化しやすいですよ。

    互いに思いやりが持てない


    最後に、「互いに思いやりが持てるか」も診断してみましょう。お互いが歩み寄る努力をしているのであれば別れるべきではありませんが、お互いに文句や指摘をしあうだけであるなら、別れた方が良いといえます。

    また、片方だけが歩み寄っている状態も別れた方が良いです。もう片方が頑なに自分を押し通そうとしている関係は、どんなに相方が頑張ってもいずれバランスを失います。頑張っている方の不満が爆発し、結果として別れることになるでしょう。

    そのため、他の診断も合わせて別れるべきか悩んでいるなら、ここで判断を下すべきです。いつまでも悩んで苦しむより、別れを決意した方がダメージも少ないでしょう。