恋人と別れるべきか悩む…!診断方法や別れない場合の対処法も伝授

  • 別れるべきじゃない!恋人と仲良く付き合うコツ

    恋人と別れるべきか悩んでいる人の中には、できるなら今の恋人と関係を続けたいと願っている人もいるでしょう。

    今度はそんな人のために、別れる前にやっておきたいことを紹介します。次のような付き合い方を意識するだけで、別れるべきか悩む心に変化が生まれるでしょう。

    新鮮味を味わえるデートをしてみる


    互いに気持ちが刺激されない、好きという感情が感じられないのは、単にマンネリを感じている可能性があります。同じ日常を繰り返していると、人は次第に刺激不足に陥り、好きという気持ちも落ち着いてくるからです。

    そのため、好きという気持ちが感じられなくなったときには、新鮮味を味わえるデートをしてみましょう。例えば、普段はいかないような場所に出かけると、新しい刺激を得ることができます。互いに心が躍るようになり、好きという気持ちも蘇ってくるでしょう。

    他にも、思い切って旅行に行くのも良いですよ。普段はやらない、できないといったことを行うことで、刺激を得ることができるでしょう。

    気持ちを素直に伝える


    関係を続けるべきか悩んでいるなら、それをそのまま伝えることも大切です。一方的な別れは相手も納得できませんし、関係が泥沼化する恐れもあります。また、話し合うことで解決するような問題もあるでしょう。

    相手の気持ちを確かめるためにも、いきなり別れの道は選ばないようにしてください。話し合いを重ねたうえで、最終的な判断を下すべきでしょう。

    ただし、相手に話し合いを求めても受け入れてくれない場合には、別れも決意すべきです。歩み寄りの精神が相手から感じられないなら、こちらも歩み寄る必要はないといえます。

    自分磨きを怠らない


    恋人と別れるべきか悩んでいる人の中には、相手からの辛い一言がきっかけという人もいますよね。特に、コンプレックスや身なりのことについて厳しく言われれば、好きという気持ちも失っていくでしょう。

    しかし、そうした相手の心無い言葉を糧に、自分磨きを始めてみませんか?自分がより輝くよう努力することで、恋人をあっと驚かすことができます。自分をバカにしたことを後悔させることもできるでしょう。

    ただし、言葉の内容によっては相手を許せないこともありますよね。そんなときは無理に自分を磨くのではなく、別れを決意することも大切です。

    トラブルは都度解決していく


    いくら仲の良いカップルであっても、トラブルはつきものといえます。しかし、そのトラブルを「まぁいいか」「我慢すれば…」という精神で見逃すのはとても危険です。それが積み重なれば、別れを考えるほどの不満に膨れ上がります。

    だからこそ、関係を続けるべきか悩む前に、トラブルは都度解決していきましょう。その場その場で解決していけば、関係は良い方向へと進んでいきます。互いに相手のことを理解できるようになり、かけがえのないパートナーになるでしょう。

    ですが、時には話し合いだけで解決しないトラブルも発生します。何をしても解決へと至らない場合には、改めて別れを考えるべきでしょう。
  • 恋人と別れるべきか?別れたい時の伝え方

    ここからは、診断結果を踏まえて「やっぱり別れる!」と決意した人に向けて、別れたい時の伝え方を紹介します。

    別れたいと感じたからといって、すぐに行動に移すのは危険です。関係を拗れさせないためにも、きちんと手順を踏みましょう。

    どうして別れられないのか理由を考える


    別れると決めても、なかなか相手に言えないという人もいますよね。そんなときは、どうして別れられないのか理由を考えてみましょう。例えば、今後の生活に不安がある、世間体が気になるといった内容なら、時間を置いてから別れれば良いのです。

    どんな理由があるにしても、重要視すべきは「ともにいて自分が幸せになれるか」という点。これに沿って考えることで、恋人が必要かそうでないかが分かります。

    また、改めて別れられない理由を考えると、それほど重要でない場合も多いです。別れられない理由が明確に挙げられないのなら、改めて別れを決意しましょう。

    正直に言ってくれる人に相談する


    あれこれと考えても、一人で決断できない人もいますよね。そんな人は正直に言ってくれる人に相談しましょう。例えば、友人や上司といった人に、正直に恋の悩みを打ち明けます。「こんなことで悩んでいる」と話すことで、アドバイスが貰えるでしょう。

    ただし、ここで重要なのは「正直に言ってくれる人」に相談することです。話を曖昧に誤魔化す人や、こちらの気持ちを汲むような人には相談してはいけません。

    時に厳しいことも言われるでしょうが、改めて第三者に状況を整理してもらうことで、別れるべきかどうかが分かりますよ。

    ありのままの気持ちを恋人に伝える


    いよいよ恋人に別れを告げるというときには、ありのままの気持ちを伝えることも大切です。例えば、「○○が原因で気持ちが離れた」「我慢の限界だから別れたい」など、別れたいと思う理由を伝えましょう。

    ありのままの気持ちを伝えることで、恋人も納得しやすくなります。また、正直に話すことで相手の反省を促す場合も。話し合いによって関係を持ち直せる可能性もあるため、できるだけ正直に打ち明けるようにしましょう。

    ただし、相手ときっぱりと別れたい場合には、はっきりと別れだけ告げることも大切です。相手に未練を感じさせないよう、毅然とした態度で別れを突きつけましょう。

    気持ちが変わらないうちに決着をつけよう


    一度別れを決意しても、時間が経てば経つほど心は揺らぐものです。特に、相手への情が再び芽生えてしまえば、再度別れるべきかと悩むでしょう。だからこそ、気持ちが変わらないうちに決着をつけることも大切ですよ。

    自分の中に別れるという意思があるのなら、それをはっきりと伝えましょう。時に喧嘩や衝突に発展し、傷つくことになっても引いてはいけません。

    ここで引いてしまえば、結果として同じ苦しみを何度も味わうことになります。もう悩みたくない、解放されたいという気持ちが強いなら、例え傷ついても前に進むべきでしょう。