人によって態度を変える女性の心理とは?皆の目撃談や対処法も解説!

  • 人によって態度を変える女性の特徴・性格

    人によって態度を変える女性には、共通した特徴があります。あなたの周りにも次に挙げるような特徴や性格を持った人がいるかもしれませんね。それでは、人によって態度を変える女性の特徴や性格を見ていきましょう。

    初対面では愛想が良い


    初対面の印象はとても大事ですよね。ですが、初対面でやたら愛想がいい人は要注意人物かもしれません。なぜなら、人によって態度を変える女性は、初対面の人には愛想が良いのが特徴だからです。

    人によって態度を変える女性は、自分に利益がある人間かどうかで態度を変えます。そのため、初対面の人がどんな人物か探りを入れるために笑顔で近づくのです。そして、自分に利益があると判断すれば愛想のいいままですが、利益がないと思うと態度を変えます。

    また、表面上は愛想を良くしていても、ふとした瞬間に真顔が見え隠れするのなら、笑顔を作っている可能性が高いです。人によって態度を変える女性は、実は演技上手な人かもしれません。

    目上から可愛がられる


    人によって態度を変える女性は、目上から可愛がられることが多いです。

    人によって態度を変える女性は、影響力がある上司や先輩の前では、気に入られるようにふるまったりすり寄ったりします。誰だって、自分を立ててくれる人に嫌な気はしませんので、ついつい可愛がってしまうのでしょう。

    もしかしたら、人によって態度を変える女性は影響力がある人に気に入られると物事がスムーズにいくことを分かっているのかもしれません。自分にとって有利になるように、利益がある人の前では媚びを売ってしまうのでしょう。

    なんでも打算的に考えがち


    人によって態度を変える女性は、ものごとを打算的に考えがちです。「この人と仲良くすると自分にとって何かいいことがあるかな?」という思いで人と接します。

    そのため、自分に利益がある相手だと思うととことん仲良くし、自分に利益がない相手には冷たく接してしまうのです。損得ばかりを考えながら人と付き合うので、自分に得な相手とそうじゃない相手によって態度の違いがハッキリしています。

    あまりにあからさまな態度は、周りの人にもバレています。そのため、周りの人から信頼できない人と思われることも多いです。

    やたらマウンティングする


    人によって態度を変える女性は、「人より優れていたい」「チヤホヤされたい」という気持ちが強い傾向があります。

    ですが、現実はうまくいかないものです。そのため、周りの人に対してマウンティングをして、相手より優れていることを実感しようとします。つまり、自分を満足させるために、自分より下だと思った人には冷たい態度を取るのです。

    しかし、マウンティングしようと思っても、どうしても自分が敵わない相手もいます。そんな相手にはすり寄り、その人と一緒にいることで自分の価値を高めようとします。

    人によって態度を変える女性は、自分に自信がないのでしょう。マウンティングすることで安心しているのかもしれません。

    本音で話す相手がいない


    人によって態度を変える女性は、親友のように本音で話す相手がいません。本音で話すには相手との信頼関係が必要です。ですが、人によって態度を変える女性は、自分に都合のいいように相手に接するだけで、人のことを心の底から信頼することができていません。

    さらに、利益があると感じる相手には、自分の本心とは違う態度を平気でとります。そういったことを続けているので、どれが本当の気持ちなのか自分でも分からないのかもしれません。

    自分の本音を話せない彼女たちは、人からも信頼されることはないのでしょう。そのため、心から信頼できるような関係の友達ができないのかもしれません。
  • 人によって態度を変える女性の心理

    あえて人によって態度を変えている人もいれば、無自覚な人もいます。人によって態度を変えるのは何かワケがあるはずです。本人は自覚していなくても、心の奥底に理由がかくれていることもあるのでしょう。

    どうして彼女たちは、人によって態度を変えてしまうのでしょうか?

    異性に好かれたい


    誰でも人に好かれるために「自分をよく見せたい!」という気持ちはありますよね。ですが、それがあからさまな人もいます。

    女性の前ではそっけないのに、男性の前では声色を変えたり可愛いしぐさをしたりする女性もその一人でしょう。異性に好かれたい気持ちが強いため、男性と女性の前で態度を変えてしまうのです。

    確かに、女性らしさを前面に出した態度をかわいいと思う男性もいます。そう考えると、異性の前でかわいい態度をとるのは、モテるための手段の一つとも言えます。ですが、女性からすると、あまりの豹変ぶりにびっくりすることもあるかもしれませんね。

    利益のある相手とだけ仲良くしたい


    人によって態度を変える女性は、なんでも打算的に考えがちです。損得ばかりを気にしながら人と接しており、自分に利益のある相手とは仲良くします。

    確かに、利益のある相手と仲良くしていると良いことも多いかもしれません。そういった心理から、発言力のある上司に気に入られようとしたり、お金持ちの友達に媚びを売ったりするのでしょう。

    つまり、人によって態度を変える女性は、利益のある相手かそうでない相手かを見極める力に優れているということ。世渡り上手な人かもしれませんね。

    嫌いな相手と関わりあいたくない


    嫌いな相手と関わりあいたくない気持ちが強いため、人によって態度を変えてしまう女性もいます。ある意味、自分の気持ちに素直な人だと言えるかもしれません。気持ちをそのまま態度に出してしまうので、嫌いな相手にはとことん冷たく接してしまうのです。

    しかし、大人になると人間関係をスムーズに運ぶためには、自分の気持ちはある程度、隠したほうがいいこともあります。嫌っているからといって、それを態度にだしてしまうと周りの人から幼稚だと思われてしまうこともあるでしょう。

    つまり、人によって態度を変える女性は、気持ちが子供のままなのです。大人に必要なスキルが足りない人だと言えるでしょう。

    自分のことしか考えていない


    人によって態度を変える女性は自分のことしか考えておらず、自分の価値を上げるためなら周りの人を利用することにためらいがありません。「自分さえ良ければいい」という気持ちが強いので、人によって媚びたり冷たくしたりなど態度を変えることができるのです。

    特に、冷たい態度を取る相手の気持ちは全然考えていないのでしょう。人の気持ちを考えることができないので、自分が相手を傷つける態度をしていることに気づきません。また、たとえ相手が傷ついていることが分かっていたとしても、「自分には関係ない」という気持ちを抱いていることも。

    つまり、人によって態度を変える女性は、人の気持ちが分からない自己中心的な人だと言えるでしょう。

    自分に自信がない


    自分に自信がない心理から、人によって態度を変える女性もいます。

    部下や後輩など立場の弱い相手やおとなしい相手に冷たい態度をとることによって、自分の価値を見出しているのでしょう。反対に、自分より上だと思う相手には、媚びを売ったり愛想を振りまいたりします。影響力の強い人に気に入られることで、自分の立場を守っているのです。

    自分に自信がある人は周りと比べる必要はなく、ありのままの自分でいいと思っています。人によって態度を変える女性は、常に自分の立ち位置を気にしていると言えるでしょう。