夢占いでの「虹」の意味は?幸運が訪れる兆し?状況別に詳しく紹介!

ふと空を見上げて虹が架かっていたら、とても幸せな気持ちになりますよね。では、夢の中に「虹」が出てきたら、いったいどんな意味があるのでしょうか。良い兆し?実は悪い兆し?今回は、そんな「虹」の夢についての疑問を詳しくまとめてみました。

  • 虹の夢を見ると夢占いではどんな意味がある?

    雨上がりや天気雨の時など、ふと空を見上げてみると美しい虹を見つけて感動した経験はありませんか?

    それが、二重に架かっていたり三重に架かっていたりと、多いほど良いことが起こりそうで何だかウキウキしてきますよね。そんな、人に感動を与えてくれる存在の「虹」ですが、夢に「虹」が出てきたら、いったいどんな意味があるのでしょうか?

    幸運が訪れる


    虹が夢に出てきたら、それは幸運が訪れる吉夢です。今、抱いている希望や願いが近い将来叶ったり、頑張っていることが認められたりなど、夢占いにおいて虹の夢は明るい未来が期待できる幸運の夢といえるでしょう。

    そして沢山の可能性が秘められている時なので、自分の気持ちに正直になり色々なことにチャレンジしていくと良い結果が表れることを虹の夢は教えてくれているのです。もし、不安な気持ちがあるのならば、心配はすることはないと暗示しています。

    虹が美しく鮮やかだっり大きかったりなど、夢を見た時の印象が良ければさらに運気は急上昇です。

    恋愛運も好調


    美しい印象の虹の夢は、恋愛運が絶好調なことを暗示しています。なので、恋人がいる方は、今よりもさらに仲がよくなったり、もしかするとプロポーズも近いかもしれません。片思いであれば、成就する可能性大です。

    夢占いでは、今の心の状態はとても落ち着いている状態だと教えてくれています。しばらくは前向きに過ごすことができるでしょう。
  • 夢占いでの「虹」の意味≪色別≫

    「虹」といえば七色というイメージを持つと思いますが、夢占いではその色で解釈が違ってきます。夢の中での色は、精神状態や感情の象徴です。

    明るく綺麗な色であれば、心が穏やかで気持ちが明るく前向きな状態であることを表わし、心がとても良い状態なので、物事が順調に進むことを暗示しています。

    逆に、暗かったり汚い色の印象の夢は、気持ちが沈んでいてネガティブだということです。そして、現実ではありえないような色の夢は、夢占いにおいて身心が不調であることを暗示しています。

    では、夢占いでの虹の色について詳しく解説していきましょう。

    七色の虹


    夢占いにおいて、七色やオーロラなどのさまざまな色が輝く夢は、大きな幸運が舞い込む吉夢です。

    思わず見とれてしまうような美しい虹の夢は、幸運の訪れを暗示しています。今、チャレンジしていることが無事に成功へと向かっているようです。そして、今から何かを始めようとしている場合は、この先トントン拍子で上手くことが進むはず。

    七色の虹の夢は、これまでの問題や悩みを解決に導いてくれ好転機を向かえていることを教えてくれているのです。

    赤色の虹


    赤色は一瞬見ただけでも、印象に残る色ではないでしょうか。

    夢占いでの赤色は、活動力や生命力、情熱や感情の高ぶりを表わしています。そして 綺麗な印象の赤色は、生命力の高まりを意味し、仕事や恋愛において良い状態であることを示しているのです。

    しかし、時として注意が必要な場合も…。 派手すぎる印象の赤色や不快に感じる赤色など、夢に良い印象が持ててない時は、生命力や感情が高まり過ぎていることを教えてくれています。

    生命力や感情が高まることは悪いことではありませんが、あまりにも過剰な場合は注意が必要です。とはいえ、夢占いでは「赤色の虹の夢」は全体的に見て運気が好調であることを教えてくれています。

    今自分のエネルギーが最大にみなぎっている時なので、行動力を発揮する時。やりたい事を達成できるように突き進んでいきましょう。

    黄色の虹


    黄色は、喜びや楽しみを表わす色とされており、幸せを引き寄せる色です。そんな黄色が印象的な虹の夢は、夢占いでは充実、軽やかさ、幸運や成功を意味します。

    綺麗な黄色の虹の夢は、知性と創造力が高まっていて、幸運を引き寄せる吉夢です。生活も安定していて直観が冴えている時なので、直観を信じ閃きを大事にして、前向きに取り組むことで幸運を呼び込むことができるでしょう。

    しかし、黄色の虹の夢に良い印象が持てなかった場合は、思わぬトラブルに見舞われる可能性を暗示しているので注意が必要です。

    黒や白黒の虹


    夢占いで暗く汚い色の夢は、抑圧されていたり、気持ちが沈んでいたり、身心共に低迷していることを表わしています。何をするにも前向きになれず、 物事が前に進まなかったり、後退したりすることを暗示しているのです。

    また、身心共にネガティブになりがちな時なので、暗く沈んだ振舞により、対人関係や恋愛においても低迷状態が続くでしょう。少し疲れが溜まっているのかもしれないので、しっかり休養をとって下さい。

    夢占いにおいて黒や白黒の虹の夢を見た時は、特に対人関係のトラブルに気を付けるようにしましょう。